こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。


今回は8月1日からBuilt to Order Systemに新たに加わった2デザインのうち、「セミブローグ」のインプレッションです。 当店では、このパターンオーダーがスタートしてから1000足近いご注文を頂いてきましたが、パターンオーダーである以上、デザインの制約があり、多くのお客様から「こんなデザインはできないの?」というご要望を数多く頂戴してきました。 その中で特に多かったのがこの「セミブローグ」と「ダブルモンクストラップ」だったのです。 そんなわけで、自分も個人的に待ちかねていた「セミブローグ」なので、早速履いてみました。 


 まずデザインですが、非常に英国的な雰囲気を醸し出しています。 ほんのりとスクエアな木型(もちろんラウンドトゥも選べますよ)に穴飾りとギザを散らしたそのスタイルはフォーマル以外のあらゆるビジネスシーンで活躍してくれそうです。 甲革には黒靴には王道とも言えるウェンハイムレダー社のボックスカーフを選んでみました。 この素材はREGAL TOKYO ORIGINALでも使用しているのですが、肌理が細かいのに「デリケート過ぎない」というのが最大の売りで、多少お手入れをサボってしまっても、乳化性クリームを薄く伸ばしてブラッシングするだけで、革が活き返ったようになるんです。 底は新たにオプションとして加わった「ハーフミッドソール」仕様にしてみました。 ハーフミッドソールとは不踏部は普通のシングルソールで、接地面だけ厚くなっている仕様で、「スペードソール」とも呼ばれているものです。

 


20090925-2.jpg

 今回あえてこの仕様にしたのは、「セミブローグ」というデザインが、ややアクティブな印象なのでハーフミッドソールが合うのでは?という理由と、自分の場合、外を歩くことが多いのですが、薄い底は地面からの突き上げを感じることがあるので、ハーフミッドソールだと具合が良いのではないかという理由からなのです。 


そこで、一カ月履いてみた感想なのですが、ハーフミッドソールの底は「返り(底の曲がり)」が悪そうに見えるのですが、そんなこともなく適度なクッション性がありつつ、しっかり屈曲性も保たれているという印象でした。 実はこのハーフミッドソールのパーツには「ある工夫」がしてあり、クッション性と屈曲性が両立されているのです。 機能面はこんな感じですが、デザインはというと、思った以上に様々なコーディネイトにしっくりくるので、非常に重宝しています。 


スーツの足元に合わせると重厚な印象なので、特に重量感のある秋冬の素材にはまると思います。 また、シンプルなストレートチップよりもスポーティな印象なので、ジャケットスタイルにもよりフィットするのではないでしょうか。 穴飾りとギザを加えただけで、こんなにも印象が変わるものかと、改めて驚かされました。 今までにBuilt to Order Systemでストレートチップをオーダーされた方、もしその靴の履き心地にご満足いただいているようでしたら、是非次回は「セミブローグ」をお試しください。 きっと雰囲気の違いに驚くと思いますよ。 


 20090925-3.jpg

 P.S. 黒の革でオーダーをお考えのお客様。 ライニング(裏革)とソールステイン(底の色)は是非、REGAL TOKYO限定の新色パープルをお試しください。 すごく相性がいいですよ!

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss