温故知新

October 16 2009

こんにちは、田尻です。今回は、最近仕上げたビスポークサンプルのご紹介です。

 出来上がったサンプルはローファーです。スウェードとカーフのコンビネーション使いは、これからの季節に合う素材と色味だと思います。

最近ではあまりみかけないデザインですが、クラシックで普遍的なデザインです。ローファーというとヴァンプにモカシン縫いを施し、甲部を帯状の革で覆ったスリップオンスタイルのものを言いますが、この靴ではウィングチップを施し、穴飾りをバランスよく配することで、ビスポークらしい顔つきになりました。

 実は、このデザインソースは、リーガルの古い資料を参考にしたものです。昔のパンフレットや資料室の靴を見ると、デザインは今見てもとても新鮮なものが沢山あります。今、売り場にあってもおかしくないものも多く、お客様のご要望を伺う時などにたいへん参考になります。流行は巡るといわれていますが、現代性を付け加えることで、新しいデザインとなっていくのかもしれません。「温故知新」とはこういうことかと改めて思いました
  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss