こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

さて、突然ですが、期間限定で「九分仕立て」シューズの木型調整までできるというパターンオーダーフェアのお知らせです。


『REGAL TOKYO 工房職人の九分仕立てシューズ パターンオーダーフェア』

期間:2009年10月16日(金)から11月3日(火)

お渡し予定:2010年1月中旬

価格:89,250円(税込み)~

アッパー素材:コスティル(仏)、アノネイ(仏)、デュプイ(仏)、C.F.ステッド(英)、ウェンハイマー(独)など 18種類


毎年春に開催していた工房9分仕立てのパターンオーダー受注会ですが、急遽秋にも行うことに致しました。 ここ数ヶ月、工房の職人と店頭販売スタッフとの間で、九分仕立てシューズについて様々な議論や試行錯誤が行われてきました。それは、今までは、仕立ての素晴らしさは十分わかっていながらも、木型が1種類しか無かったため、特定のお客様にしか「ハンドラスティング」の靴の履き心地の良さをご堪能いただけてなかったからです。 しかし、今回、木型の一部分に肉付けをすることによって木型の修正が出来るようになったため、より多くの方に「ハンドラスティング」の靴の素晴らしさをお試し頂けるようになったのです。 そこでいち早くこの靴の履き心地を試していただきたく思い、急遽受注会を開催することになりました。

 ところで「ハンドラスティング(手釣り)」とは何か?ということを簡単に申しますと、普通は機械でやることの多い「釣り込み」、つまり木型(靴の原型)に革を合わせて引っ張る(成型する)ことを職人が手で行うことにより、木型に忠実な靴を作る技法なのです。 つまり木型が自分の足の形に合っていれば、オーダーシューズのような履き心地を味わうことが出来るのです(ちなみに当店のビスポークシューズはこの技法で作られており、既製靴では味わえないフィット感を実現しています)。 そこで是非ともこの機会に「手釣り」による九分仕立ての靴の素晴らしさを知っていただきたいのです。 

 肝心のフィッティングは、まず試し履き用の靴を履いていただき、サイズを確定します。 問題が無いようでしたら、そのままの木型で製作しますが、フィッティングに違和感がある場合はビスポークシューズの職人がお客様のペドカルテ(足の外形線、足の各部の寸法を記載した用紙)を作製し、どこにどのくらい木型に肉付けをするかを判断します。 ビスポークとは違いますので、木型を新たに作ることは出来ませんが、大体のお客様はこの調整で大丈夫なはずです。 

 もちろん、パターンオーダーですから、素材も海外の著名タナリーのものを色々揃えていますし、ライニング(内張り)やソールステイン(底の色)も各種取り揃えています。 あと、オプションでつま先にトゥキャップを付けてストレートチップにしたり、ウイングチップにしたりもできますよ(追加料金2,100円)。 

  自分も3足履いているのですが、ヒールカップのホールド感がすばらしいですし、通常のグッドイヤーウェルト製法の1.5倍以上厚い中底を使用しているにもかかわらず、非常に底の返りが良いのに驚かされました。 とにかく、皆さんにぜひこの感覚を味わっていただきたいので、どうぞお気軽に試し履きしてみてくださいね。 

それから、どんなところでこの九分仕立ての靴が作られているか、興味のある方、いつでも工房をお見せいたしますので、お気軽に声をかけてください。 どんな職人が自分の靴を作るのかを知っていただければ、その1足は更に愛着溢れるものになるはずですから。

 自分だけの1足を銀座の工房で誂える。 そんな贅沢を是非味わってみてください。


20091009-2.jpg


20091009-3.jpg

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss