こんにちは、REGAL WOMEN銀座店の斉藤です。


今週は、前回紹介いたしましたシェットランドフォックス・ケンジントンの新作のディテールに注目してみたいと思います。


 まずは個人的にイチオシのウイングタッセルです。 なぜこのウイングタッセルが一番気になるかと言いますと、思っていた以上にケンジントンの木型との相性が良いからです。既にお履きの方はご存知かも知れませんが、このケンジントンの木型は、つま先の形状に特徴があります。 言葉で表現するのは難しいのですが、ラウンドトゥでありながら先端、内外、上面のそれぞれが違う曲率と言いますか、異なる曲面で構成されているのです。 その結果、このつま先は、見る角度によって異なる表情を見せてくれます。 横から見ると結構厚みがあるのですが、もっさりとした印象を与えないのはそんな複雑な曲面のせいかも知れませんね。 そのつま先が、ウイングタッセルのデザインと組み合わされると「あら不思議」、非常にクラッシックで落ち着いた印象になるのです。 


20100319-2.jpg

  次に気になるのがベージュのローファーのコバ色です。 今回、イルチア社のラディカカーフに新色としてベージュとダークブラウンが採用されたのですが、このローファーに採用されたベージュは薄い色でありながら、微妙な濃淡があり、単調になりがちなベージュに深みを与えています。 そのベージュの素材にぴったりはまるのが、生地仕上げのコバなのです。 このコバ色のおかげでベージュのローファーにリゾートっぽさが加わり、黒や茶のローファーとは全く違う印象を与えるのです。 


20100319-3.jpg

  そして最後に取り上げるのが新色「ダークブラウン」です。 この色は今回、ストレートチップとウイングタッセルのみに採用されています。 この新色、写真だと今までのブラウンと違いがわかりにくいかもしれませんが、明らかに違う色です。 従来のブラウンがオレンジっぽい色味で、どちらかというとジャケットスタイルに合うものだったのに対し、今回のダークブラウンは、明らかにスーツでの着こなしを意識した色味となっています。チャコールグレーなどのダークスーツに合わせるなら、断然こちらでしょうね。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss