こんにちは、REGAL WOMEN銀座店の斉藤です。

  18日の日曜日で「Built to Order System」限定受注会は好評のうちに終了したのですが、たくさんの方にご注文頂き、本当にありがとうございました。

 

  そんな興奮も冷めやらぬうちに、今度は「工房職人の九分仕立て受注会」が始まります! 「九分仕立て」とは、当店で扱っている既製靴の中で最高峰に位置する、ハンドメイドの靴なのですが、この受注会期間に限り、素材、底の仕様、ディテールの変更などができるのです。 



期間:4月29日(祝・木)~5月9日(日)(お渡し予定は7月下旬)

基本料金:89,250円(税込み)~

デザイン:内羽根6アイレット、外羽根2アイレット、モンクストラップ、ダブルモンクストラップ(受注会限定デザイン)

素材:イルチア社「ラディカカーフ」、アノネイ社「カラグレインカーフ」、コスティル社「スターボクサール」その他

 

    そして、前回好評だった「木型の修正」を今回も実施します。内容としては、ボールジョイントの内外、甲などの圧迫を感じる箇所にその程度にあわせて「肉を盛る」ことが出来るのです。 どれくらい肉を盛るかは、実際に靴を作る職人が、お客様の足を採寸したうえで判断するので、木型の修正をご希望の方は、職人のいる日にご来店ください(4月29日、5月1, 2, 3, 4, 5, 8, 9日の土・日・祝日8日間。13時から17時まで)


  もちろん、穴飾りの追加や変更、プレーントゥにトゥキャップを付けたりのデザイン変更や、底の色、ライニングの色なども今までの受注会同様、お選びいただけます。


  さらに数量限定ですが、シェットランドフォックスのケンジントンでも人気の高い、イタリー、イルチア社のラディカカーフを黒、茶と2色用意しました。


    私も良く履いているのですが、九分仕立ての靴というのは、非常に甲の押さえが利いていて、まるで「F1がリアウイングによるダウンフォースで路面に押さえつけられ、抜群のグリップを得る」ような履き心地...ってわかりにくいですか? なかなか言葉では伝わりにくいので、ご興味のある方は是非この機会にお試しください(その方が、私が説明するより100倍わかりやすいですから...)。「靴の履き心地」という世界観が変わるかもしれませんよ。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss