刺激を受けた日

April 20 2010

こんにちは、工房の佐々木です。

 先日、都内のある工房でオープンワークショップをするという情報が入ってきたので、見学に行ってきました。


   靴を作っていると、それなりに疑問や不安が出てきます。他の工房ではこんな時どうしているのかと気になって、靴を見て想像することはありますが、実際に直接質問できる機会はなかなかありません。そんな中で、偶然とはいえ、良いチャンスだと思い、出かけることにしました。


  そこでは、同じ工程を担当している方とゆっくり情報交換やお話ができて、とても有意義な時間を過ごせました。さらにお話をした方の言葉の端々から、その工房は、「日本の靴文化の底上げ」をしたいのだという熱意を感じました。


   その後、気になっていたある靴の構造を確認するために都内のある店舗に行きました。なるほどと納得して帰ろうとしたら、雰囲気の違う外国の方が売り場にいらっしゃいました。よく見ると、ある著名なイタリアの職人さんでした。受注会のため来日していたようです。


   どうしようか1時間近く悩んだ末、声をかけてみました。ミーハー丸出しです。握手をしてもらい、その方の靴で疑問に感じていたことを、質問してみました。忙しい中でしたが親切に答えていただき嬉しく思いました。


  ふだん、あまり体験できないことをたくさん味わえて、とても刺激になり印象に残る1日になりました。


       2月に工房が千住に移動して、同じ工程の先輩が二人もできました。ここでもたくさんの刺激を受けています。いろんなふれあいを持つことで、ちょっとした気づきをえられるものだなと前向きな気持ちになった一日でした。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss