靴屋冥利

April 16 2010

こんにちは、REGAL WOMEN銀座店の斎藤です。


   先日、とても嬉しいこんなことがありました。


 ある日、20代後半くらいの若いカップルがご来店されたのですが、店頭に飾ってあるシェットランドフォックスの白×ネイビーという配色のダブルモンクストラップがお気に召したようで、試し履きをされることになりました。 実際、お履きになると、まあまあ「格好いい」といった感じなのですが、今ひとつしっくりこない。そんな感じなので話を伺うと、どうやら白×黒という配色のウイングチップをお探しのようなのです。

   しかし、店頭には白×黒のウイングチップなどありません。そこで、「Built to Order System」をお勧めしたところ、アメリカンタイプのウイングチップで白×黒という配色がイメージにぴったりと言うではありませんか。

   それではと、足の採寸をし、フィッティングサンプルを履いていただくと、「今までに履いてきた革靴の中で一番履きやすい!」とのお言葉をいただきました。 

 自分では「こんな選択肢もありますよ」くらいの気持ちでご提案したので、そこまで喜んでいただけるとは思ってもいませんでした。そして、底材、ライニングカラーなどをお選びいただいて、オーダー内容が確定しました。

 そこで他愛の無い話などしていると、そのお二人は近々ご結婚なさるということで、その「Built to Order」のShoesは女性から男性への贈り物だということがわかったのです。

 そして、その贈り物は、コンビネーションの靴と決めていて、いろいろな靴屋を探したが、なかなかイメージ通りのものが見つからず、やっと当店で巡り合ったということもわかりました。私はこのコンビネーションカラーは今だけのもので、普段は受け付けていないこと、そんな時に偶然ご来店いただいたのは本当に幸運だったということを告げると、心から喜んでおいでのようでした。この瞬間、私は、靴屋をやっていて本当に良かったと心から思いました。少し大げさかもしれませんが、幸せなお二人に運命の出会いが有ったように、このコンビネーションの靴にも、運命の出会いが有ったのですね。

 靴屋としてその場に居合わせたことに感謝し、「お二人に幸せを!」素直にそんな気持ちにさせていただいた、エピソードでした。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss