こんにちは、「REGAL WOMEN銀座店」の斎藤です。

  8月も残すところあとわずか、もう直ぐ9月ですねえ・・・とのんびり構えていたら、あることに気がつき、今回の企画を思いつきました。そう、「Built to Order System」の秋物はそろそろオーダーしないとシーズンに間に合わないのです! 秋と言えば、何といってもスエード素材ですよね。自分も去年からオプションに加わった「ハーフミッドソール(底の前半部だけダブル)」仕様を試したくて、去年の9月にスーパーバックスエードのブラウンで注文したのを思い出しました。デザインはセミブローグ、つま先はセミスクエアと、イメージは知る人ぞ知る英国の某ブランドの某デザイン、でオーダーした靴は、秋冬シーズンだけでなく、年間を通して活躍してくれ、非常に重宝しました。


  そこで、今回はスエード素材だとどんなデザインでどんな仕様だとカッコいいのかというのを、具体的にご提案したいと思います。ただ、あくまで私斎藤の個人的意見に基づきますので、「こんなのはいかがですか?」ぐらいなものとしてお読みください。


 まず1つ目のご提案は、自分でも履いているセミブローグ(フルブローグでも可)にハーフミッドソール、つま先はスクエアという仕様です。この組み合わせだと、底とつま先のボリュームが出て、非常に重厚になるんですよね。ですから、秋冬物のツイードやフラノのジャケットと合わせたときに安定感がでるんです。それに元々がカントリーシューズのブローグシューズだとスポーティーなジャケットスタイルにぴったりなんですね。

 


20100827-2.jpg

  2つ目のご提案は、タッセルシューズ(ビットシューズでも可)にクレープソールの組み合わせです。この組み合わせの利点は、甲革素材のスエードも底材のクレープソールも共に非常に柔らかいため、とても底の「返り」が良いということです。おまけにタッセルというデザインもスエード素材も適度に「肩の力が抜けた」感じがあるので、とても大人っぽい雰囲気になると思うのです。


 最後に3つ目のご提案は、ダブルモンクストラップに革のシングルソールという組み合わせです。 本来スエードはカジュアルな素材なので、ビジネス向きではありませんが、職場の環境が許せば、あえてスーツに合わせるドレスシューズとして合わせてみてはいかがでしょうか? ただし、素材がカジュアルなので、ディテールはなるべくドレッシーにしたほうが良いですね。甲革のスエードは黒かダークブラウンにして、底はイタリアンベンズの革底をシングルで。ライニングは無難な色と言うところですが、そこはあえて「パープル」というのはどうでしょう? 実はこのパープルは「REGAL WOMEN銀座店」オリジナルカラーなのです。そして実はソールステイン(底の色)もこのパープルにできるのです! 黒のスエードにライニング・パープル×ソールステイン・パープルなんて素敵だと思うのですが。


もちろん、これ以外にも素敵な組み合わせは沢山あると思いますので、みなさんもオリジナリティ溢れる「Built to Order System」の組み合わせを思いついたら、是非教えてください。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss