こんにちは、「REGAL WOMEN銀座店」の斉藤です。

   8月も半ばを過ぎ、あと少しでしのぎやすい季節になりますね。さて今週も春の「工房九分仕立て受注会」のオーダー作品をご紹介いたします。


  まず1足目は東京都にお住まいのS様の外羽根プレーントゥです。 こちらの作品の特徴はなんと言っても素材に使われたイタリー イルチア社のラディカカーフです。2アイレットのシンプルなデザインだけに、素材のムラ感がいっそう引き立ちますね。つま先には既製品と異なり、控えめなメダリオンがアクセントとして加えられています。ただ、このお客様の場合、木型の調整量が多かったものですから、お渡しの際に若干のゆとりを感じられました。そこで担当職人が、必要と思われる箇所にパッドを付けたガイドレザーという、ごく薄い革を1枚敷き、後日フィッティングしたところ、今度は大成功。無事お渡しが出来ました。予測はされていたものの、ビスポークと異なり、仮縫いが無いこと、また木型の不要と思われるところを削ることができないことから、お渡し時に若干の調整が必要になるケースもあります。でも、そのために職人立会いのもとでお渡しを行ない、ご納得いただけるまで調整を致しますので、どうぞご安心ください。



20100819-2.jpg  

   さて、2足目は今までにも九分仕立ての靴だけでなく、「Built to Order System」やビスポークまでご注文いただいている東京都のS様ご注文の内羽根ストレートチップです。こちらもイルチア社のラディカカーフですが、色が黒ということもあり、非常に落ち着いた印象です。 当日は200双という非常に番手の高い糸を使用したブロードクロスのオーダーシャツを受け取った帰りとのことでしたが、そんなシャツに合わせていただければ、すごくドレッシーな雰囲気だろうなと想像できます。ちなみにこの靴、S様のご要望でヒールのアゴ部分(靴の前から見た断面)内側の角を落としてあります。この角で反対側の靴を傷つけないための配慮ですが、こういったイレギュラーなご要望にも応えられるのが九分仕立ての良さでもあるのです(場合によってはご要望にお答えできない場合もございます。そのときはごめんなさい) 


 4回に亘って九分仕立てのオーダー作品をご紹介してもいりましたが、いかがでしたでしょうか?これらの作品を見て、気になった方はお気軽に当店までお越しください。いつでも既製品の九分仕立てはご用意してありますから、ぜひその「魅惑のフィッティング」をお試しください。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss