こんにちは、「REGAL WOMEN銀座店」改め、「REGAL TOKYO」斎藤です。 

10月6日(水)に再出発した「REGAL TOKYO」ですが、先週末は多くのお客様にご来店いただき、激励のお言葉を頂戴いたしました。みなさん、本当にありがとうございました。

 ところで、並木通りの「REGAL TOKYO」がクローズしてから、多くの方々から「「REGAL TOKYO ORIGINAL」はもうやらないのか?」というお話を伺っていたのですが...お待たせいたしました! ついに新生「REGAL TOKYO ORIGINAL」の第一弾が完成しました。

その一連のシリーズ名は「アレックス」といい、コンセプトはずばり「真面目な実用靴」です。いまどき珍しいくらいベーシックなラウンドトゥの木型に、質実剛健な国産キップスキン、耐久性に優れた英国製ダイナイトソールなどを組み合わせ、新潟の自社工場でグッドイヤーウェルト製法によって作られました。まず見ていただきたいのが、その真面目なたたずまいです。最近では、新品の状態からすでに「履きこまれた」ようなアンティーク仕上げが施された靴が多いのですが、この靴は潔いほどに「普通」です。茶色などは、ちょっと退屈なくらいの「一本調子」な風合いです。でも自分は最初にこの靴を見たとき、なんだか昔の英国靴みたいだなという感想を持ちました。大げさに主張しない、それでいて長く履いていると徐々に風合いを増してくる靴、そんな印象です。 甲革には「Built to Order System」でも使用されている国産キップを使用しました。キップとは生後2年位までの牛革を呼ぶのですが、この靴に使用されているキップは、創業100年近くになる老舗タナリーが国内の工場で製造したもので、格別肌理(キメ)が細かいというものではありませんが、質実剛健な風合いがあります。そんな甲革に、定評のあるダイナイトソールをグッドイヤーウェルト製法でしっかり縫い付けていますから、もう実用性が低いわけがありません。 それでいて価格は29,400円(税込)ですから、普段使いにもってこいだと思いますよ。 既にサイズが切れ始めているデザインもありますので、気になった方は当店へお急ぎください。 

 「REGAL TOKYO ORIGINAL」はまだこのアレックスしか入荷しておりませんが、この後、新しいオールパーパスシューズ、サドルシューズ、リッジウェイソールを使用したカントリーシューズなどが続々と入ってくる予定ですので、こまめに覗いてみてくださいね。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss