こんにちは、工房の田沼です。

 


 さて、大変ご好評を頂きました昨年の「工房九分仕立てパターンオーダー会」の靴の納品が、続々とされております。皆さん、とても喜んでいただき、本当にうれしく思っております!


 今回は、その中から、先日納品させて頂いた、2足をご紹介致します。


こちらは、2足とも同じ素材で、フランスのタンナー「コスティル」のカーフです。全体を無色のクリームでコーティングした後に、穴飾りの部分にダークブラウンのクリームを入れました。


クロムなめしのクラシックな雰囲気が漂うカーフですので、革が持つ素材感を損なわないように仕上げました。ここから先は、お客様がご自分の好きな雰囲気に育てていってくだされば、と思います。


パンチドキャップトゥもフルブローグも、英国のクラシックな靴のような雰囲気が出ていると思います。たくさんお履き頂けたら幸いです。これからどんどん育って、更に深い味わいになっていくのでしょう。今からとても楽しみです。


20110225-2.jpgのサムネール画像(写真はご購入頂いたお客様のご協力のもと、履いて頂いたものを掲載しております。)

 

  最後にミニ情報を。昨年の11月に登場した九分仕立てラウンドトゥの木型ですが、私達の想像以上に、納品させて頂いたお客様から、とても良い評価を頂いております(ありがとうございます!)。その受注の際にお客様からご要望を頂いていたこともあり、「REGAL TOKYO」春のパターンオーダー会第3弾となる4月のパターンオーダー会では、更に外羽根のデザインが追加になります!


 サンプルの画像など出来上がり次第、続々とこのREGAL TOKYO REPORTでアップしていきますので、楽しみにお待ちください。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss