こんにちは、「REGAL TOKYO」の斎藤です。
先週末も「工房職人の九分仕立て受注会」に多くのお客様にご来店いただきました。皆様、本当にありがとうございました。 


 

     ところで、先週の「ミュアフィールド」に続き、今週もゴールデンウィーク準備商品?としてシェットランドフォックスの新作カジュアルシューズをご紹介いたします。

    今週はこちら、「Speyside(スペイサイド)」です。モデル名にモルトウイスキーの産地の名を冠したことからもわかるように、大人が履くにふさわしい、落ち着いたレザースニーカーに仕上がっていると思います。


    特徴はなんといっても甲革素材に使われている「スエードワックス仕上げレザー」です。この素材、パッと見はスエードではなく、なんだかザラっとした表革といった風合いなのですが、実はスエード(起毛革)の革にワックスを乗せ、表面にアイロンをかけて溶かして含浸させるという、わざと毛並みを潰したものなのです。なんだか土壁みたいで温かみのある表面です。


20110422-2.jpgそして製法は、ドレスシューズと同じグッドイヤーウェルト製法、さらにミュアフィールド同様、土踏まず側を長くした月型芯「ロングカウンター」が足の縦アーチをしっかり支えてくれます。履き心地は、意外にボールジョイント付近の厚みが抑えられており、こういった靴にしてはタイトですが、ライニングや中底にもすべて牛革を使用した贅沢なつくりなので、不快な当りは感じられません(むしろこのタイトさのおかげで、「ロングカウンター」やヒール底面部の「窪み」が実感できるくらいです)。

 

 


    色のバリエーションは4色でそれぞれ、ワックススエードとスムースレザーのコンビになっているのですが、唯一白だけは全て「ヌバック」です。これは正直言ってかなり扱いに気を遣いますが、「汚れなんか気にしない!」という男気溢れる猛者?にはオススメです。

 

 


  こちらの商品は、色によってはフルサイズ取り揃えていないので、お試しになりたい商品がありましたら、いらっしゃる前にご連絡をお願い致します

(電話番号:03-3567-1400)。

 

 

「シェットランドフォックス スペイサイド」  価格:26,250円(税込)

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss