今回は、春に行われた「工房九分仕立て受注会」でご注文いただいたほとんどの靴のお渡しが7月に済みましたので、その中からご紹介したいと思います。
春の受注会では、新たにラウンドトゥの外羽根デザインをご注文いただくことができるようになったのですが、同じ外羽根でもウィングやキャップトウ、メダリオンなどで印象が変わる様子をご覧ください。
まず、アノネイ(仏)のネイビーカラーが美しいフルブローグからご紹介しましょう。若干の木型調整を甲などに施しているこの靴は、お客様の足にぴったりとフィットしたのは言うまでもなく、それによってより一層グラマラスな曲線を描いてメリハリのある逸品に仕上がりました。靴の存在感が素晴らしいです。また、底の仕上げを赤にしたところにちょっとした遊び心を感じさせてくれますね。

 

 

 

セミブローグ.JPG

 

次にご紹介するのは、セミブローグです。素材はコスティル(仏)スターボクサールのブラウンです。セミブローグというデザインのせいか、非常にブリティッシュな佇まいが感じられる靴になりました。オプションもダークブラウンの半カラスにビンテージスチールというところで抑えた辺りにお客様の品の良さが伝わってきます。

 

 

 

ウィングスタイル.JPG

 

最後にもう1点ウィングスタイルを。最初のフルブローグと比べると踵周りの穴飾りがなかったり、穴の大きさが小さい分スッキリとまとまった印象がありますね。素材はアノネイ(仏)のヴェガノですから本当はもう少しつま先やかかと部分に焦がしを入れてメリハリをつけたいところですが、オーダーしていただいたお客様がご自分で少しずつ育てていきたいとのご要望で、あえて素に近い状態のままお渡しすることにいたしました。オーダーして頂いたのは、20代半ばのお客様で、これからのシューズライフをより一層楽しんで頂けると、製作に携わった我々としてもうれしい限りです。
と、今回はここまでなのですが、来週も他の作品をご紹介する予定です。どうぞご期待ください。

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss