今回は、先週に引き続き「工房九分仕立て受注会」の作品紹介です。
ところで、7月下旬のスタッフ門脇のリポートにもありましたように、そろそろ秋冬のスタイルを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に参考になりそうなスエードの作品を今回はご紹介して参りましょう。
まず、CFステッド(英)のスーパーバックスエードからネイビーをお選びになったS様の作品です。九分仕立てのパターンオーダーでは、ラウンドトゥだけでなくチゼルトゥもオーダーして頂けるのですが、スリムなスタイルのS様にはこの木型との相性が良いようですね。前回に続き今回もオーダーして頂きました。
お引渡しの当日は爽やかなサックスブルーのジャケットをお召しでしたが、このネイビースエードのパンチドキャップトウを合わせてみるとなかなか格好よかったですね。白のステッチが利いていて、秋というよりは今どきに颯爽と履いていただいた方が良いのかもしれません。

 

 

 

 

BS 内羽根プレーントゥ.jpg

 次にご紹介するのは、内羽根のプレーントウです。こちらの作品もチゼルトウの木型で、シャラダ(伊)のブラックスエードを載せたものです。オーダーして頂いたY様もやはりスマートな体形の持ち主で(羨ましい!)、実にこの木型の靴をお履きになった姿が様になっているのです。
Y様からは、九分仕立て特有の踵から土踏まずにかけてのフィット感を絶賛していただき、製作している我々にとっても、見た目も履き心地も悦んでいただける、楽しくも嬉しいお客様と言えます。
スエードとしては、CFステッドのものと比べるとやや毛足が長く、しなやかで柔らかな足当たりなので、こちらの素材の方が秋冬向きかもしれませんね。
以上、2点をご紹介しましたが、皆様参考になりましたでしょうか?
今のところ、次の九分仕立てオーダー会は、昨年に引き続き、11月に開催する予定ですが、それまで待ちきれないという方には、スエード2色を含む13種類の甲革から選べるレギュラーパターンオーダーは常時扱っておりますので、是非ご検討ください。

 

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss