いよいよ来週の9/16(金)から「シェットランドフォックス」のパターンオーダー受注会がはじまります。「どんな組み合わせ、素材にしようか」などと迷われている方もいらっしゃると思いますので、今週はオーダーサンプルから3点ほどご紹介してみましょう。 
 まずは、「ケンジントン」から内羽根ストレートチップの品番3013と、モンクストラップの品番3042です。ストレートチップは、素材にCFステッド社(英)のスーパーバックスエードでダークブラウンの中でもかなり濃い色目のものを使い、キャップの部分に控えめなメダリオンを配したものです。通常のラディカカーフとはかなり違った佇まいになるのが、素材の妙というところでしょう。
モンクストラップの方は、アノネイ社(仏)のボカルーカーフ ワインで、同様にトウ部分にメダリオンが配されています。元々透明感のあるボカルーカーフですが、黒などの濃い目のクリームを入れていくとアンティークな雰囲気が醸し出されていくのではないでしょうか。
「ケンジントン」の履き心地を気に入っている方には、こんな素材使いでのバリエーションも検討して頂けるとお楽しみが広がるように思います。

 

 

オーダーサンプルB×BS3051.JPG

次は人気の「グラスゴー」から内羽根ウィングチップの品番3051です。イルチア社(伊)のラディカカーフ黒とCFステッド社(英)のスーパーバックスエード黒という組み合わせです。ラディカカーフの黒は、スエードとのコンビネーションということで、ほとんど仕上げを施していないせいか、微かにこの革本来のムラ感が見て取れます。この靴もクラシックな装いに足元から品格を漂わせる役割を充分に果たしてくれそうな感じがいたします
 いかがでしたか。少しは参考になりましたでしょうか?
ここのところ、クラシックでドレッシーなスタイルが注目されているようですので、スエードや色合いの濃い革をお選びになって、「大人」の雰囲気をさりげなく楽しんでいただくのも一興かと思い、この3点をご紹介いたしました。
 この他にもいくつかオーダーサンプルがあるのですが、それらは「REGAL TOKYO」で直接お確かめ頂ければと思います。 皆様どうぞお気軽にお越しください。

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss