今週は、既製品の新作「REGAL TOKYO ORIGINAL ミランダ」をご紹介致します。
「REGAL TOKYO」では、「工房職人の九分仕立て」を展開しているのですが、昨年の10月に「REGAL TOKYO」を再スタートするに当たって、基本的にパターンオーダーでお受けするように致しました(限定素材などをご用意したオーダー会は年に2回開催していますが、常時オーダーも受け付けています)。

ただ、お客様より「既製品ですぐに手に入るものが欲しい」というご要望も頂きましたので、色々と企画・製造関係者と調整をし、この度やっと形にすることが出来ました。

それは、ビスポーク工房の職人が何度か工場に赴き、スキンステッチ等を指導して、工場製の九分仕立てとして出来上がってきたものです。

まず、注目すべきは、やはり「ライトアングル」と呼ばれる手縫いのモカでしょう。アッパーのアノネイ社(仏)のボカルーカーフは、それほど厚みがあるものではないので、工場の職人も上手く縫えるようになるまでには、ある程度時間が必要だったようです。職人の田沼が工場で手本を見せながら、時間をかけて指導した成果がやっと形になった訳です。

light_1.jpgまた、既に、九分仕立ての靴をお履きになっている方はご存知のことと思いますが、手釣りによる独特のかかと周りから土踏まずにかけての納まり感は是非味わっていただきたいものです。中底も通常の既製品に比べるとかなり厚い4mmのものを使っておりますので、履きこんでいった際の、フィット感はまた一味違ったものになる筈です。

手釣りによる木型のラインが忠実に再現された「ミランダ」は、Uチップとローファーの2デザインの展開です。まだ、手釣り靴をお履きになったことがない方は、是非その履き心地をお試しになってみて下さい。

REGAL TOKYO ORIGINAL「MIRANDA」
W550(ローファー)   ブラック、ブラウン 価格:¥60,900(税込)
W551(Uチップ)      ブラック、ブラウン 価格:¥63,000(税込)

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss