今回は、昨年の9月に行われた「シェットランドフォックス限定受注会」にてご注文いただいた靴のお引渡しが進み、お客様のご了解が得られたものの中からご紹介したいと思います。


なお、グループ名「インバネス」を特集しましたので、先週のTOP画像と合わせて、2月中旬からの「春の限定受注会」のオーダーの参考にもしていただけるのではないでしょうか。
まずは、甲に小穴でウィングをあしらい、レースステイ部分のデザインが特徴的なデザイン№3030からご紹介しましょう。


春にも黒とワインのコンビネーションでオーダーされたストレートチップ等がありましたが、こういったちょっとしたコンビネーションというのは、なかなか既製品では作りにくい配色なので、オーダーをされたお客様の遊び心が伝わってきますね。ご自分だけの1足を、奇をてらうことなく楽しんで頂いている好例だと思います。

 


2.jpg次に、外羽根セミブローグのデザイン№3031です。
「インバネス」はオーソドックスなラウンドトウ木型なのですが、全体のバランスが良いせいか表革のカーフ素材だけでなく、スエードを載せてもエレガントな雰囲気を醸し出したものに仕上がったのではないでしょうか。トウのメダリオンを既成のものから変更した辺りにお客様のこだわりがうかがえますね。

 


3.jpg最後に、モンクストラップのデザイン№3032です。
画像では分かりにくいのですが、こちらはアノネイ社(仏)のオルソカーフというネービーの甲革を使ったものです。ところで、ここのところ、お客様からのご要望が確実に増えている色としてこのネイビーを上げることができます。ネイビーは、さわやかな印象を与えられますし、春から夏に向けての装いともマッチしやすいので人気があるのかな、と思ってましたが、普通にコバ周りを黒のインクで仕上げると、これ位の色調だと随分落ち着いた印象になりますね。これでしたら、秋・冬らしいフラノ素材のパンツと合わせてもグッと渋い感じにまとまるのではないでしょうか。こちらもトウにメダリオンを配して、ちょっとした変化をお楽しみいただいています。

 


 以上、先週のトップ画像から引き続き「インバネス」の作品をご覧いただきましたがいかがでしたでしょうか。既にストレートチップのデザイン№3029をお持ちで、履き心地を気に入っていただいている方等にはぜひこんな楽しみを共有して頂きたいと思い、特集してみました。
限定受注会の詳細につきましては、もう少しでご紹介できる事と思います。ご自分だけの1足をお楽しみになりたい方は、是非ご検討ください。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss