「シューレース」

February 03 2012

先週の「REGAL TOKYO REPORT」でカラーシューレースの事を取り上げたところ、早速お問い合わせを頂きましたので、今週はもう少し詳しくご紹介いたしましょう。

 

「REGAL TOKYO」ではカラーシューレースにつきまして、グレー、ラベンダー、ネイビー、ライトブルー、パープル、ライトグリーン、生成り、白、サーモンピンク、オレンジの10色の平紐と、 ベージュ、ネイビー、ライトブラウン、レッド、生成り、白の6色の丸紐をご用意しております。画像でご覧いただけますように糸巻き状ですので、お好きな長さに切ってお渡しいたします。

 

なお、市販のシューレースですとプラスチックのセルが紐先に付いているのが普通ですが、ここではアンチックゴールド色かブラックニッケル色の金属セルの何れかをお選びいただいて、紐先にお付けいたします。

 

ただ、ここでご注意していただきたいことが2点あります。一つは、金属セルという事で、場合によっては甲革に細かなキズをつけてしまう可能性がある事です。カーフなどの繊細な素材のものにお付けになる際にはご注意願います。また、鳩目の穴が小さい場合に、金属セルが通らないことがあります。

 

 

2.JPG二つ目は、金属セルを専用のペンチで私達スタッフがその場でかしめますので、1足分で10分ほど時間がかかってしまうことです。お急ぎの場合や複数足分をご要望の場合には、時間に余裕を持ってご依頼いただけますでしょうか。なお、価格は1足分840円(税込)です。

 

シューレースの話題を取り上げましたので、もう一つお客様に聞かれることとして、「「SHETLAND FOX」で使っている良く締まる解けにくい紐がないか」というご要望があります。

これについては、「REGAL TOKYO」では、オーダーシューズに対応できるように、丸紐・平紐ともに普通のロー引きタイプと芯の入った解けにくいタイプの紐を、常時少量ですが用意しております。ブラック・ブラウンで2穴用の61㎝から6穴用の86㎝まで5㎝刻みでご用意しておりますので、ご利用下さい。こちらの価格は、1足分315円(税込)です。

 

また、お客様の中から、「ケンジントン」についているシューレースは脱ぎ履きが大変なので、ロー引きの紐に変えたいというご要望も伺ったりしています。解けにくいというのは良いのでしょうが、ご自身の使い勝手によって、靴紐もお選びになるとよろしいでしょう。

 

 

普段シューレースについてはあまり気にも留めなかったという方、時には靴本体だけでなく、チェックをしてみてください。大きなコストをかけずに、意外に見映えが大きく変わること請け合いですよ。

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss