今回は、4月に開催した「工房職人の九分仕立て」限定受注会の靴が出来上がってきて、7月末からお渡しが進みましたので、その中からいくつかご紹介しましょう。

 

1足目は、今回初めてできる事になったプレーントウにスキンステッチを載せたUチップのご紹介です。


透明感のあるアノネイ社のアニリンカーフにピッチの細かいスキンステッチが施され、甲革のダークブラウンとライニングのパープルとも相まってとても上品なドレスシューズに仕上がりました。
今回は、ドレスタイプという事でハトメ脇のステッチを1本にしたのですが、これを2本にして底をダブルソールやハーフミッドソールにすると少しカジュアルなイメージに仕上ってくるのではないかと思います。その上、甲革も同じアノネイでもタンドカーフなどにするとグッと迫力が出てくることでしょう。
素材や仕様によって色々と楽しみが広がるデザインですので、是非ご自分なりの1足を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

Saddle.JPG2足目は、今回の限定素材であるヴェッキアトスカーナの赤みがかったダークブラウンをサドル部分に使ったサドルシューズのご紹介です。
こちらも1足目と同じアノネイ社のダークブラウンのアニリンカーフをベースに配したことで、大人らしい落ち着いた靴に仕上りました。サドル部分もピンキング(ギザ)なしで、ハトメも濃茶をセレクトしたことでドレッシーな雰囲気が醸し出されているのではないでしょうか。

 

 

Full Brogue.JPG3足目は、限定素材のヴェッキアトスカーナを黒でお作りになったS様のフルブローグです。
甲革がもたらす「渋い」ムードが全体を引き締まったイメージにしているのではないでしょうか。まだ気が早いかもしれませんが、秋になってフラノのスーツなどに合わせていただくと素敵でしょうね!

ところで、今回はヴェッキアトスカーナが限定素材でしたが、こういった「表情のある革」は、なかなか継続的に手に入らないのが現状です。足数限定生産ということで使えましたが、これからも魅力的な素材をご提供して行ければと思っております。

 

以上、今回は「工房職人の九分仕立て」の限定受注会から落ち着きのある3作品をご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。特別変わったことをしなくても夫々に素材の良さを生かした個性的な作品に仕上ったのではないかと思います。


 

次回は、今回デザイン追加された「チャッカブーツ」を取り上げる予定ですので、是非ご期待下さい。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss