こんにちは、工房の田尻です。
先日の九分仕立てパターンオーダー会(以下PO会)にお越し頂いたお客様、どうもありがとうございました。今回で14回目となるオーダー会でしたが、リピーターの方が沢山ご来店され、今までの靴の様子を伺ったり、お履きになってご来店された方は調子を確認したりと、とても有意義な時間を共有することが出来たと感じております。ありがとうございました。

 

さて、そのPO会で、前回ご注文頂いたチャッカブーツでご来店された方の靴の様子を見させて頂いた時のことです。革はイタリア製の細かい型押しのものなのですが、チャッカブーツのベロからつま先にかけて結構なシワが入っておりました。革が厚かったり、硬いものだとどうしても甲に持っていかれてシワが入りやすいのです。そこで、最近当店で使っている熱ゴテで甲部分に熱をかけて収縮させ、シワを取ってみました。

やり方はシューツリーを入れて、後は熱ゴテでシワを伸ばすようにかけていくだけです。
熱ゴテは、工房でも製作過程でよく使う道具の一つですが、工場だと熱風機があり、それに靴を当ててシワをとっています。コテを掛け終わると、かなりシワが取れて、左右でこんなに違います。

 

 

2.jpg革自体も熱をかけることで少し引き締まった感じになります。
また、熱ゴテは、我々の九分仕立ての試し履き用の靴などにも使っています。試し履きで何度も足入れをしていくと、革にシワが入ったり、見た目もあまり美しくないので、靴と同サイズのシューツリーを入れ、シワを取るようにしています。

シワが取れると、靴の表情も若返った感じになって、より愛着が湧いてくるのではないでしょうか。

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss