先週お話しましたように、今回は、2013年2月に開催した「LAST#50SPECIAL」限定受注会の靴が出来上がってきましたので、その中からいくつかご紹介していきましょう。

 

1足目は、甲革をCFステッド社(英)のネイビースエードとシャラダ(社)のグレースエードとのコンビネーションで仕上げたサドルシューズです。
ここのところ人気のネイビーカラーですが、サドル部分に毛並みを潰した白っぽいグレイを配したスエードのコンビネーションで、かなり"COOL"な雰囲気の1足に仕上がったのではないでしょうか。
ただ、ライニング(裏革)の赤は、お客様の「内に秘めた情熱」を表わしているかもしれませんね。

 

 

 

2.JPG2足目もサドルシューズですが、リバースウエルト製法にリッジウェイソールを配し、迫力のある靴になりましたね。
甲革は、ホーウィン社(米)のクロムエクセル黒とサドル部分に手もみ革の黒とのコンビネーションという「渋い」組合せです。クロムエクセルという素材の肉厚感が木型のトウのボリュームにマッチして控えめなカッコ良さを上手く演出できました。

 

 

 

3.JPG3足目は、白っぽいグレーとネイビーという1足目のサドルシューズと同じ組合せのUチップです。ヴァンプ部にはネイビーの手もみ革を採用しましたが、その深い色合いがグレーと相まって大人らしい落ち着いたカジュアルシューズになったのではないでしょうか。
これからの季節、生地色のウエルト(細革)とレンガ色のソールがもたらす軽快さもあって、クールビズスタイルで活躍しそうな気配が濃厚ですね。

 

 

4.JPG4足目は、カーフのコンビネーションでシックに仕上げたウィングブーツです。
甲革にウェインハイムレダー社(独)のボックスカーフ黒とアノネイ社(仏)のアニリンカーフ ワインをお選びになった事で、格調高く品の良いブーツに仕上がったのではないでしょうか。
この「LOOK」であれば、ちょっと冒険してスーツスタイルにコーディネイトしてみるのも面白いかもしれませんよ!

 

 

以上、今回は「LAST#50SPECIAL」の2013年春限定受注会から4作品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。


オーダー会も回を重ねる毎に、お客様の色々なお好みが靴に反映されて、とても楽しいコレクションになってきているような気が致します。前回初めて開催した時にはなかったような発見が今回のオーダーでカタチになったことは、我々にとってもとても嬉しい限りです。
是非、これからも皆様にこの木型や製法で大いにお楽しみいただければ幸いです。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss