今回は、先週に引き続き3月に開催された「REGAL Built to Order System(以下BOSと表記)」限定受注会の作品からいくつかご紹介していきましょう。

1足目は、甲革が水染めコードヴァン タン色ベースでサドル部分にアニリンカーフ 黒を配したサドルシューズです。
コードヴァン独特のツヤ感と水染めならではのムラ感がこの靴の大きな魅力となっていることは間違いありません。ところで、サドル部分の色見が濃茶のように見えるのはステッチや靴紐を茶色にしたせいでしょうか?チョッとした魔法をかけられた気分です。

 

 

 

3.JPG2足目もサドルシューズのご紹介です。
アノネイ社(仏)のタンドカーフ 茶色をベースにし、サドル部分に同じくアノネイ社(仏)のアニリンカーフ ワイン色を配した作品です。
裏革(ライニング)を赤、底面も赤とベージュの半カラス仕上げにしたことで、1足目の作品と似たような配色でありながら随分雰囲気が異なった出来上がりになりました。
タンドカーフはお手入れを施すことによって色々と「化けて」いきますので、どうぞ素材の面白さをご堪能下さい。

 

 

 

1.JPG3足目は、打って変わってドレッシーな雰囲気の外羽根のストレートチップです。
既製品ではありそうでなかなか無いデザインをこのBOS限定受注会ではオーダーできるというのが楽しさの一つですが、ご注文いただいたS様は実用性にこだわってアッパーにはキップの黒を採用し、底からの突き上げ感をやわらげるためにハーフミッドソール仕様にされました。一見普通ですが、こういったオーダーもご自分だけの1足としてお楽しみ頂ける良い見本といえるでしょう。

 

 

 

2.JPG4足目も、外羽根ストレートチップのご紹介です。
甲革にシャラダ社(伊)のベージュスエードを採用し、底回りも生地仕上げにしたことで3足目の作品とは随分イメージの異なった靴に仕上がったのではないでしょうか。
木型やデザインは同じでも素材やトウの形状などの違いで色々とお楽しみ頂けるBOS限定受注会ならではの作品と云えるでしょう。
これからの季節におおいに活躍してくれそうですね。

 

以上、先週に引き続き2013年春「REGAL Built to Order System」限定受注会から2デザイン4作品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。改めて素材や組合せの妙を感じさせられる作品をご紹介できたのではないかと思います。

 

最後に出来上がり予定のご案内です。
2週に亘ってご紹介してまいりましたように、6月下旬までに凡そ三分の二位の作品が仕上がってまいりましたが、想定以上の多くのお客様にご注文を頂いた為、三分の一が7月の出来上がり予定となっております。出来上がりを楽しみにお待ちいただいているお客様には、大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ち頂けますでしょうか。
工場では、真面目に1足1足作り上げている最中でございますので、よろしくご理解を賜りますようお願い申し上げます。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss