「クリーンアップ」

December 13 2013


今年の年末から年始にかけては曜日の加減が良く、12月28日(土)から1月5日(日)までの9連休という会社も多いのではないかと情報番組で知らされました。
店頭で販売している我々にとっては羨ましい限りですが、長い休暇となると旅行や里帰りなど色々と楽しみな計画もあることと思います。


ただ、もしゆっくりとした時間をお過ごしになる方がいらっしゃいましたら、少しだけ靴のお手入れに時間を割いていただけないでしょうか。
と、言いますのも1年間皆様の為に頑張ってきた靴の状態を見ていただきますと、お手入れが行き届いていないところもあるのではないかと思うからです。


修理靴をお預かりして、出来上がり後にお手入れをしているとよくわかるのですが、一見キレイなようでも実はクリームを塗りすぎている(厚塗り・重ね塗り)ものがままあるのです。
シューラスタ―クリームやビーズクリームにはある程度古いクリームを落とす力がありますが、重ね塗りの頻度が高くなるとやはり影響が出てくるということでしょう。

もちろん革が乾燥してしまって今にもひび割れを起こしそうなものに比べれば、お手入れの意識を持って大事に扱って頂いていると思うのですが、「チョッと残念な感じ」な訳です。
そこで、何がその原因なのかと考えてみますと、汚れ落としが今一つなのではないかと思い至りました。ということで、今回は靴の「クリーンアップ」についてです。



汚れ落としといえば、画像向かって右のチューブタイプ「クリーナー」を思い浮かべる方が多いと思いますが、「REGAL TOKYO」では、もう一つ「シューローション」も取り扱っております。
こちらは透明の液状で、「クリーナー」に比べて汚れ落とし効果がより高く、エナメル素材にもお使い頂けますし、「塩吹き」の除去にも適している「優れもの」です。

どちらをお使い頂いても良いのですが、厳禁なのは汚れ落としに一生懸命になり過ぎて革の表面を強く擦り過ぎてしまう事です。また、一度にたくさんの量を付け過ぎてしまうと、革によってはシミになったり、色落ちの心配も出てきます。

ですから、ゆっくりとご自分の靴に向き合って、革を少しずつ元の状態に戻すつもりで汚れ落としをして頂けるこんな時期をお勧めしています。
きっと、磨き布に思いの外、古いクリームが付くことに驚かれるのではないかと思います。
是非清々しい気持ちで新年を迎えるためにも、お時間のある方は取り組んでみてください。



最後にもう一つ。靴の表面だけでなく、靴の中、それもつま先の一番奥の部分を確認して頂けますでしょうか。
ほとんどの方はチェックしたことがないと思いますが、靴下や埃などのくずがけっこう詰まっているかと思います。
これもティッシュなどで拭い取ってあげると湿気や雑菌の繁殖を減少させて、靴内環境を向上させますので、一度「クリーンアップ」を実行してみてください。



リーガルクリーナー 
品名:TY18 価格:¥630(税込)
シェットランドフォックス シューローション 
品名:TY65 価格:¥2,100(税込)




  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss