早いもので、2014年も1ヶ月が過ぎようとしています。ということは、春のオーダー会第1弾の「REGAL Built to Order System(以下BOSと表記)」限定受注会まであと3週間ということです。
まだ詳細が詰めきれていないのでやや焦りを感じますが、今週はオーダー会の参考になるような作品を「2013秋」のものからご紹介いたしましょう。

 

1足目は、甲革をボックスカーフとスコッチグレインカーフのブラックコンビネーションでまとめたシックなダブルモンクストラップです(トップ画像)。
オーダー会のオプションとしてコンビネーションがあるのですが、こういった同色異素材の組み合わせはなかなか既製品ではありませんので、是非チャレンジして頂きたいものの一つです。
この作品では、更にキャップを外してトウメダリオンを付けるということもしております。オーダーされたH様のセンスが光る仕上がりになりました。

 

 

 

2.jpg2足目は、ネイビースエードとスコッチグレインカーフの白を組み合わせたローファーです。
これまでにも同素材のコンビネーションでお作り頂いていたY様の作品ですが、とても上品な雰囲気に仕上がったのではないでしょうか。
ここのところスエードのスリッポンはかなり市場に出回りましたが、派手さはなくても個性的な1足をお作りになりたいという方には格好の見本になったのではないでしょうか。

 

 

 

3.jpg3足目はボックスカーフのパンチドキャップトウのご紹介です。
ストレートチップのキャップ部分を「親子穴・ギザなし」に変更した、とても落ち着きのある1足です。なんとなく少し前のイギリス靴の佇まいを感じてしまうのは私だけでしょうか?!

 

 

 

4.jpg4足目は、ダークブラウンスエードの外羽根パンチドキャップトウにトウメダリオンを配したものです。
デザイン追加以来、人気の外羽根パンチドキャップトウですが、スエード使いにダイナイトソールを底材に採用し、メダリオンをトウに配することでより一層ブリティッシュカントリームードを漂わせることに成功しているのではないでしょうか。

 

 

 

5.jpg最後は、オーダー会限定デザインのサドルシューズです。
スコッチグレインカーフのインクブルーとエナメルのブラウンの組み合わせは、日頃オーソドックスな靴をおススメする事が多い私から見ると、かなり新鮮に映ります。
オーダーされたK様は更に、ネイビーの靴ひもをご注文されてますので、ひもを付け替えてお楽しみになるのでしょう。チョットした事ですが、見え方が変わって楽しさが広がりますよ!

 

以上、今回は「BOS」の2013年秋限定受注会から5作品をご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。
2月21日(金)~と迫って参りました春のパターンオーダー会で、我々スタッフをうならせるような個性的な靴をご注文いただければ幸いです。
もちろん、初めてオーダーされるという方には我々スタッフがアシストさせていただきますので、ご安心を!

 


 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss