昨日ご案内しましたように、「REGAL TOKYO」では只今「春のパターンオーダー会」を開催中ですが、最近ちょっと嬉しいオーダーが続きましたので、ご紹介いたしましょう。

オーダーと云うと、靴好きのマニアックな方が「ディテールにこだわってご自分だけの1足をお作りになる」というイメージをお持ちの方も多いと思います。
ところが、最近オーダーを承る我々スタッフも思わずほっこりとしてしまうような嬉しいオーダーがありました。それは、相手の方の好きな靴を送るという「プレゼント」として「REGAL TOKYO」のパターンオーダーサービスをお選びいただいたことです。贈り物としては色々なモノやコトを選べると思うのですが、そこで靴をお選びいただいたことで「靴屋冥利に尽きるなぁ」と思った次第です。

どのような方々かと云いますと、まず一組目は、若いカップルの方が「結納返し」の一部としてオーダーして頂いたケースです。近々御入籍とのことで、ベーシックなストレートチップで甲革をお好きな色でコンビネーションにご指定になりました。あれやこれやと組み合わせをお二人で考えていらっしゃる姿がとても微笑ましい感じでした。

二組目は、社員の方から新社長様へのご就任のお祝いとして贈られたケースです。お支払いの際に、「社員一人一人からのプレゼントなので細かいのですが...」と代表の方が封筒から出されたのは、たくさんの千円札が混じった現金でした。スマートな社長様のイメージにぴったりのフルブローグをお選びになりました。

三組目は、奥様からご主人様へのお誕生日プレゼントです。初めは普通にオーダーを承っていたのですが、お支払いの段になってお隣の奥様から「プレゼントなので私が!」とお支払いされました。仕事の場面で活躍しそうなストレートチップを「REGAL TOKYOオリジナル」の丈夫な踵を装着した仕様でご注文頂きました。

四組目は、お仕事の相手先へのプレゼントです。外国の方でしたので、日本製のスグレモノをということでお選びいただいたようでした。お客様が体格の良い方でしたので、幅広の木型で、スリップオンをお選びになりました。



2.jpg
以上、最近の四つの事例を上げさせていただきましたが、「REGAL TOKYO」ではビスポーク、九分仕立て、REGAL Built to Order Systemといろいろなオーダーを承っておりますので、是非こういった方々のように、ご予算やお相手との関係性を考慮して、お贈りになる方もオーダーを楽しんで頂けましたら嬉しい限りです。

我々スタッフも、「特別」な1足の為に色々な事例を交えながらできる限りサポートさせていただきますので、安心してご来店くださいませ。


最後に、修理に関するご案内です。
4月1日より消費税率が改定されますが、新税率施行前に修理の受付を済まされていても、お引き渡しが4月1日を過ぎてしまう場合は、消費税8%が適用されます。あらかじめ、ご了承下さいませ(勝手ながら、現在弊店では、修理代金のお支払いは後払いとさせて頂いております)。
なお、現在修理中の靴やお預かりしております修理靴もお引渡しが4月1日を過ぎてしまった場合にも、新税率の8%が適用されますので、こちらも合わせてご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss