工房の佐々木です。
リーガルトーキョーもお蔭様で10周年を迎えることになりました。今回、それを記念して「九分仕立て」の婦人靴を始めます。

ウェルト使いの婦人靴が少しずつ世の中に浸透し、雑誌でも取り上げられるようになり、街中でもウェルト靴まではいかなくてもメンズライクなデザインを多く見かけるようになりました。
手釣り、手掬いの「九分仕立て」がどこまで女性に受け入れていただけるかわかりませんが、流行に左右されず丈夫で長い期間履ける靴、長時間履いても疲れづらい靴を自分好みに一緒に作っていく楽しみをお客様と共有できたらと思います。

木型は定番ともいえるラウンドトウで、サイズは21.5cmから25.5cmまでの9サイズを用意しました。オーダー会期間中は、のせ甲などの木型の微調整にも対応致します。
ヒールの高さは25mmで、試し履きをして頂いた方から「置いてある状態よりも実際に履いた方が素敵に見える、自分の足がきれいに見える」など嬉しい感想を多く頂きました。

 

 

 

2.jpgデザインはプレーントウやストレートチップなどベーシックな7デザインを用意しました。
この7デザインをベースに、甲革・裏革・底色・メダリオン・底付けタイプなどをお選び頂けます。甲革はヨーロッパのタンナーのものが中心で、茶系を多く揃えました。底付けは大きく分けてドレスタイプとカジュアルタイプの2つから選択して頂けます。きれいなドレスシューズもかわいらしいカントリーシューズも組み合わせ次第で作りだすことが出来る内容にしました。
何を隠そう私がどちらも欲しいので。

では、デザイン別に紹介しましょう。
※箱はイメージです
J703 パンチドキャップトウ
紳士靴では定番のデザインですが、婦人靴でここまでかっちりしたものはあまり見かけないかもしれません。甲革は黒のボックスカーフ、底付けはドレスタイプです。

 

 

 

3.jpg※箱はイメージです
J704 サドルシューズ
黒のボックスカーフと茶の起毛素材のコンビネーションです。
底付けはカジュアルタイプで、コバを生地で仕上げてあります。J703と同じ木型ですが、雰囲気が大きく変わります。

 

 

 

4.jpg※箱はイメージです
J705 プレーンダービー
定番のデザインですね。
革はイタリアのタンナーのライトブラウン、底付けはドレスタイプです。

 

 

 

5.jpg※箱はイメージです
J706 フルブローグダービー
白とライトブラウンのコンビのフルブローグです。底付けはカントリータイプで、コバを生地で仕上げてあります。婦人靴ではコバの色も同系色か生地仕上げか選択出来るようにしました。

 

 

 

 

6.jpg※箱はイメージです
J707 Uチップ
何度もモカのラインを作り直した外羽根タイプのUチップです。
ピボディ社(英)のデッドストックのワックス調の革で作りました。平紐と丸紐のどちらにするかで悩み、これをお客様にも悩んでいただこうと紐も選択出来るようにしました。
画像は丸紐ですが平紐もかっこいいのです。
底付けはカジュアルタイプで、コバを同系色で仕上げてあります。生地仕上げとは、また違った雰囲気になります。

3月21日(祝・金)からのオーダー会期間中の土・日・祝日は、職人が店頭におりますので、是非試し履きにいらして下さい。そして、感想などを頂けたらこれからの参考にしていきたいと思っています。デザインや仕様等も徐々に増やしていく予定です。


「工房職人の九分仕立て」限定受注会
会期:2014年3月21日(祝・金)~3月30日(日)
お渡し予定:2014年6月下旬~
パターンオーダー価格:紳士 105,000円+税~
               婦人  90,000円+税~
サイズ展開:紳士 23.0~28.0cm(チゼル木型は27.0cmまで)
        婦人 21.5~25.5cm

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss