皆様いかがお過ごしですか? 「REGAL TOKYO」の門脇です。 
先週掲載いたしました「10周年を記念して10色展開した馬蹄型のコインケース」ですが、週末に見に来て頂いたお客様、ご購入いただきましたお客様、誠にありがとうございます。 この場をお借りして、御礼を申し上げます。 今のところ、人気はトリコロールのコンビ色です。

 

さて、今回は先週のREPORT内で告知をいたしましたパターンオーダー会について、ご案内いたします。
先週もお伝えしました通り、期間は、4月25日(金)~5月6日(祝・火)です。
この期間中「REGAL TOKYO」で開催している3種類のパターンオーダーをご利用いただけるように致しました。お客様の中には、よくご存知の方もいらっしゃると思いますが、パターンオーダーについては、「REGAL Built to Order System(以後BOSと表記)」と「Last#50」、そして「工房職人の九分仕立て」の3種類がございます。 

 

 

 

2.jpg

 

お店としては、3種類あるので混乱しないか、いささか不安な部分がありましたので、これらを同時に開催するのは初めてとなります。
ただ、お客様にとっては、一度のご来店で、同じデザインでも履き心地や仕様の違う3種類からお選びいただけますので、色々とお試しをしながらオーダーができて、お楽しみ頂けるのではないかと思います。(画像のように、同じサドルシューズでも木型やつくり、ディテールのニュアンスなどの違いが見てとれますね)
また、2月~3月中の受注会には、「時間の都合で行けなかった、行き逃した」というお客様もいらしたと思います。ぜひこの機会をご利用下さい。

 

ところで、限定受注会というと、お客様が一番関心をお持ちであろう「素材」についてですが、「BOS」と「Last#50」については、共通になります。限定素材は、春の限定受注会と比べると種類がいくつか少なくなっていますが、秋から履けるスエード素材を追加の予定です(出来上がりは8月を予定していますので)。

「工房職人の九分仕立て」は、3月に開催した時と同様の受注会の内容になります(2014年3月18日掲載のREPORTをご参照下さい)。
クロコダイル、シャーク、リザードのエキゾチックレザーが羽根周りレースステイ部分限定で選択ができます。14種類のエキゾチックレザーの中から、お客様が思い描くお好みのコンビネーションが出来ますので、一味違った靴に仕上がると思います。

なお、「九分仕立て」について、期間中は、4月26日(土)27日(日)の2日間のみ職人が営業時間の終日店頭におります。職人とのフィッティングや靴についてのお話しは、混み合う事も予想されますので、あらかじめご予約を承ります。お手数をお掛けしますが、店舗までご連絡をいただけますでしょうか。

 

 

 

最後に、定休日のお知らせです。
「REGAL TOKYO」は、4月より月曜定休とさせて頂いておりますが、限定受注会期間中は営業いたします。ですから4月28日、5月5日は、通常どおり営業いたします。安心してご来店くださいませ。

 

5月の定休日は、12日・19日・26日の3日間がお休みとなりますので、ご来店・ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss