こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
本日より「REGAL TOKYO」では、'14年秋の受注会第3弾となります「工房職人による九分仕立て限定受注会」開催です。

先週は、デザイン追加のご案内と限定革素材の紹介をいたしました。今週は、九分仕立てメンズの仕様について紹介したいと思います。 

まず、靴の木型は、2種類から選択できます。

Last272Sample.JPG
流行に左右されずベーシックな272型木型

Last193Sample.JPG
チゼルトゥのつま先が特徴のスタイリッシュな193型木型

そして、この木型それぞれのデザインバリエーションは、272木型は、18デザインあり、193型木型は、12デザインの中から選択できます。
そのデザインは、プレーントゥ、キャップトゥ、ウイングチップなど流行に左右されず、永くお履きいただけるデザインです。272木型には、つま先の形状が「Built to Order System(以後BOSと表記)」と同様にラウンドトゥとスクエアトゥの2種類から選択できます。 


14FW kubu LeatherSample.JPG
甲革は、ビスポークでも使われている厳選したカーフ素材を中心にスエード、型押し、コードヴァンなど味わい深いレギュラー素材と先週ご紹介した受注会限定の素材の中から選択いただけます。


14FW kubu LiningSample.JPG
次に、オーダー靴ならではの、ライニング色がBOSと同様に選択できます。九分仕立てでは、9色の中から選択でき、九分仕立てのみ選択出来るブルー、ピンク、オレンジ色があります。ライニングは、靴の用途に関係なく個性、好みの色が選択出来ると思います。
レッドやブルー、オレンジなど普段見えないところにワンポイントのアクセントを選んでみてはいかがでしょうか。

底仕様は、革底とダイナイトソール、カジュアル仕様のクレープソールから選択出来ます。革底仕様の場合は、ヒールの仕様、ソールステインが選択出来ます。

九分仕立てパターンオーダーのサイズは、23.0cm~28.0cm(チゼルトウ193型は27.0cmまで)。
幅については、BOSと違いウィズが選べませんが、幅や甲回りについて、多少の木型調整が可能です。店舗にご来店いただくと、サイズサンプルがありますので、履き心地のお試しが出来ます。

私が初めて履いた時は、足裏と土踏まずからかかと周りの程よいフィット感、足に吸いつくような履き心地が印象的でした。それは、手間と時間をかけたビスポークさながら、ハンドメイドならではの差なのだと実感しました。 お気に入りの1足、記念の1足、お探しの1足に、ぜひ、お試しになってください。

工房職人の九分仕立てパターンオーダー (仕様)
・開催期間 2014年10月31日(金)~11月9日(日)
・デザイン メンズ   193型 12デザイン / 272型 20デザイン
        レディス  9デザイン
・製法   ハンドソーンウェルテッド
・甲革   カーフ、スエード、コードヴァン 他
・本底   革底、ダイナイトソール、クレープソール(メンズのみ)
・ヒール  ハーフプロテクト(化粧釘仕様あり)、フルプロテクト、REGALTOKYO耐久ヒール(メンズのみ)
・サイズ  メンズ:23.0~28.0cm (チゼルトウ193型は27.0cmまで)
         レディス:21.5~25.5cm
・修理   オールソール&ヒール、その他
・木型調整 幅/甲のみ調整可(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格    メンズ: ¥113,400(税込)~  レディス:¥97,200(税込)~
・お渡し予定 2015年3月上旬~

ここで、お知らせです。
ShoeMaintenance.jpg

九分仕立て限定受注会開催中11月8日(土)、9日(日)にREGALブランド 靴クリームの製造委託をしている ㈱コロンブス社から「お手入れのプロ」シューカラリストの三橋氏をお招きして、ご相談会を開催することとなりました。
お手入れに興味のある方、困っている方は、是非この機会にお立ち寄り下さい!


*定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
11月は、10日、17日がお休みとなります。なお、「工房職人の九分仕立て限定受注会」期間中の11月3日(祝・月曜日)と24日(祝・月曜日)は、通常営業いたします。 
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss