こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

「REGAL TOKYO」では、今月20日(金)より「'15年春 Last#50 Special限定受注会」が開催中でございます。
只今、ご来店いただくとLast#50の靴に合わせたディスプレイを店頭でご覧いただけます。
皆さんは、どんなスタイルで靴をコーディネートされますか?
2.L50Display.JPG
先週より受注会が始まり、靴の仕様を色々検討下さってご来店いただいたお客様、遠方よりご来店頂いたお客様、たくさんのお客様にご来店頂きました。 この場をお借りして、お礼を申し上げます。誠にありがとうございます。 

皆様、靴のイメージを膨らませてご来店下さいます。本日は、ご注文頂いている中から、ご好評の仕様についていくつかご紹介したいと思います。

3.GREN×BISON.JPG
●甲革:オイルレザー・グリーン×シュリンクオイルレザー(バイソン革)・ベージュ

4.Navy×BISON.JPG
まず、靴のイメージの大きな要素となる甲革ですが、先週のブログでも紹介いたしましたホーウィン社のバイソン革が好評です。
この甲革の特徴である型押しとは違う素材感のある独特のシボが、お客様に好評のようです。
この甲革で作った靴をご紹介いたします。

○甲革・色:オイルレザー・ネイビー×シュリンクオイルレザー(バイソン革)・ベージュ
○製法・底材:グッドイヤーウエルト製法・レザーソール
○甲糸の色:ホワイト
○細革種類・色:ギザスリットタイプ・ 生地仕上げ
○ライニング色:ボルドー
○靴紐色:ベージュ
○ハトメ種類:裏ハトメ
◎オプション:甲革素材コンビネーション


上の写真でご紹介した2足の靴は、いかがでしょうか? オーダー靴ならではの仕様で、なかなかの存在感だと思います。


5.RidgewaySOLE.JPG
次に底材についてご紹介したいと思います。
上のサドルシューズでもお選びになっているリッジウェイソールが好評です。

「リッジウェイ」とはあぜ道という意味であり、底面にはいくつかのひれ状の溝が走っています。 見た目は厚さがあって重量感がありますが、クッション性がよく、グリップ力もあるので、雨の日など滑りやすい路面や砂利道、泥道など悪路でも快適な履き心地です。
量感のある底材ですが、Last#50木型のようなボリュームのあるラウンドトゥにマッチするので、お選びになるお客様が多いのではないでしょうか。

私もリッジウェイソールで作ってみたところ、見た目以上のよいクッション性と滑りやすい路面でもグリップ力を発揮してくれるので、好きなソールのひとつとなりました。そんなことから、底材に迷われているお客様には、おススメしています。

以上、受注会の中で好評の仕様について、いくつかご紹介しました。
この受注会は、細かく仕様の選択が出来ますので、オリジナルの1足がお作りいただけます。 「Last#50Special限定受注会」は、「REGAL TOKYO」で春と秋、年2回のみ開催している受注会です。今週の日曜日、3月1日までの開催でございます。 皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
3月は、2日、9日、16日、30日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の3月23日は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。
(3月20日(金)~3月29日(日) 「Built to Order System限定受注会」)


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss