今回は、ゴルフシューズの「つくり」についてご紹介しましょう。
概観はどっしりと安定感のある、見慣れたデザインですが、タウンシューズとは異なる、「つくり」をしています。
素材は革にこだわり、アッパー、中底、底材と革を使用し、製法は弊社得意の、GOODYEAR-WELT製法で作られています。つまり、昨今のスポーツシューズメーカーの靴とは一線を引いた靴となっています。

そんな中にも工夫が有ります。


2.Insole W117.jpg
タウン用と比べると、
・木型です。ショットのとき、靴の中で足が大地をつかむような感じを持っていただきたいとの工夫で、特に足先にゆとりを持たせています。 中底(足が直接接触する、底面です)は、牛革の上にスポンジが有り、それを包みこむように牛革で覆っています。これが適度なやわらかさをもって、足に接しています。

3.QuarterCushion.jpg
・履き口は、でしゃばり過ぎないスポンジを装填していて、クラシックな外観を損なうことなく、足首を押さえてくれます。 中底の下には、得意のコルクが充填されていますので、履きこむほどに、足の型に馴染み、いっそう履き易いものになって行きます。

4.sotohumazu.jpg
・表底には牛革を使っていますが、中底との間には、ゴムスポンジ素材がサンドされています。衝撃吸収性も有りますが、地面からの水の吸い上げを防ぐ役割が有ります。(外観では見えにくいのですが、黒く質感がちがって見える所がこれです)

ご使用に当たっての注意事項
・天然皮革を使用した靴です。防水性も考慮していますが、雨中でのご使用は、水の浸入が考えられますので、お控え頂くのが賢明です。
・使用後は、汚れを落とし、乾かしてください。この時、ストーブや熱の掛かる乾燥機などの使用はおやめください。湿気を帯びた革に熱が加わると、革が硬化し、屈曲により切れることがあります。
・保管は、出来るだけ風通しの良いところでお願いいたします。
・スパイクの脱落の有無も確認してください。 スパイクはねじ式を使用していますので、緩んできます。使用前に必ず締めてからお使い下さい。

このように「つくり」にもこだわったゴルフシューズが、3月20日(金)から3月29日(日)の期間、「REGAL TOKYO」で厳選素材から選んでお客様好みの外観に変えることが出来るパターンオーダー受注会でオーダーすることが出来ます。
デザインはシンプルなサドルタイプもありますので、是非ご一考ください。

価格:¥60,480(税込)~(お選びになる素材によって基本価格が変わります)
お渡し予定:2015年6月中旬~

5.W118DH.JPG

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss