「Be Spoken」

「話す」ことから、すべては始まります。
デザイン・素材・色・製法・フィッティング・・・
二人として同じ人がいない様に、お客様のご要望も十人十色。
そのご要望を「かたち」にしていくのがBESPOKEです。
それは、お一人お一人の熱い想いをお話いただくことから始まります。
話し合いながら「かたち」にしていく・・・・
BESPOKEは『Be Spoken』が由来と言われる所以です。
(REGAL TOKYO HPより)

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

オープニングの写真は、先日お渡ししたお客様の「BESPOKE」の靴です。
お客様がご来店になり、出来上りを見て、イメージした靴の出来上りに喜んでいただきました。 そして、履いていただき、履き心地に喜んでいただきました。 
毎回お渡しの時は、職人、私たちスタッフも内心、ドキドキなのですが、お客様の笑顔が見られると、とても嬉しく、喜びを感じます。 ご注文いただき、ありがとうございました。

お客様とお話しをしている中で、「いつかは・・・作ってみたいですねぇ!」なんて云う会話になる事があります。  自分の足型を元に木型を作って、自分が思い描く、イメージする、要望の靴が作れる、フルオーダーの靴が「BESPOKE」です。

本日は、「BESPOKE」について、ご紹介したいと思います。

まず、「BESPOKE」のお問い合わせの際にご来店の希望日時を仰っていただき、職人との打ち合わせの日取りを事前に決めさせていただきます。   

1.MeasurementProcess1.JPG
2.MeasurementProcess2.JPG
そして、ご来店いただくとまずお客様の足の計測をさせていただきます。長さ、高さ、足囲などお客様の足型から木型を作る為のデーターを取ります。 この時に、足の細かな形状、特徴を触診や写真を撮らせていただきながら、確認します。  お客様から、靴を履いていて気になる事や困っている事などもお伺いいたします。

3.ExplanationProcess1.JPG
次に、靴の仕様を決めていきます。 デザインや甲革、底材・・・お客様のご要望の靴の仕様を、1つ1つ決めていきます。 仕様決めの中で、デザインは、お客様の想いが詰まった大きなところで、写真や雑誌、店内のサンプルなどを見ながら、細かなディテールを決めていきます。

4.ExplanationProcess2.JPG
甲革も靴のイメージを作る大きな要素で、店内のサンプルを見ながら、質感、色を確かめながらお選びいただきます。 この時、もしご要望の甲革が見つからず決まらない場合は、職人がお探しする場合もあります。 職人は、お客様のご要望を確認しながら、靴のイメージを膨らませてオーダーシートを作成いたします。

ご注文後、次にお客様にお会いするのは、およそ3か月後の仮縫い靴の確認時となります。
お客様の木型を製作し、仮縫い靴を作り、フィッティング確認、デザインや仕様の確認をします。そして、始めのご注文から出来上がりまでにおよそ6ヶ月を要します。 出来上がりまでにお時間をいただきますが、お客様のご要望、想いを職人と会話をしながら、「かたち」にしていきます。

今回は受付からお渡しまでの流れについて簡単に触れましたが、「BESPOKE」についてはこれからも機会を見てご紹介していきたいと思います。
(※写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。)

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、8日、15日、22日、29日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss