皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

私が当Reportを担当してその回数も多くなりましたが、ご案内した商品についてのお問い

合わせや、写真掲載の商品を見に来て下さる等、反響の多さにますますお客様に鮮度ある

情報をご案内したいと改めて感じております。
そこで今回は、店頭でのお話しでお客様の反響が大きい「ブラシ」の使い分けについて取り

上げます。

 

よくお手入れのお話しでお客様からご納得頂けるのが「ブラシの種類」でございますが、

日頃のお手入れに使用するブラシは2つを使い分けます。


REGAL ホースヘアブラシ(大)¥3,780(税込)

 

まず、ホコリ落としで使用するのは馬毛ブラシです。

特徴は「毛足が細く長め」・「コシが柔らかい」・「ブラシの毛束が密集している」といった

点です。 「毛足が細長い」事で、底のコバ廻りや甲革の縫い合わせ部分に毛先が入り、

且つホコリを絡め落とします。

クリーム用のブラシと使い分ける理由の一つに、ホコリを落としたブラシの中に万が一

砂利等が残っていた場合、甲革にクリームを浸透させるブラシ掛けの際にキズを付けて

しまうのを防ぐ為でもあります。

「毛束が密集し、コシがやわらかい」ので、ブラッシングの際に力を入れ過ぎてしまっても

甲革にキズが付きにくいので安心です。ご紹介のホースヘアブラシ(大)はその大きさで

靴のホコリをザッと払い落し易いので、お店でも使用しております。

個人的には「メガホース」と呼んだりもしております。

REGAL シューブラシ¥972(税込)

 

クリームを馴染ませるブラシは「豚毛」のブラシです。
豚毛は「毛足は短め」・「コシがしっかりしている」・「毛束に均等に間隔がある」等の特徴が

あります。

「毛足が短く、コシがある」事で、甲革に薄く均等に塗り伸ばしたクリームを吸収させる事

が出来ます。また、「毛束の間隔が均等」なのでコシのある毛足がしなり、甲革の余分な

クリームを弾き、甲革のひび割れ防止効果の一つとなります。

素早く小刻みにブラシを掛けていくのがコツでしょうか。牛の表甲革にはこのような

ブラシの使い分けが効果的なお手入れのひとつでございます。

 

なお、コードヴァン素材に使用するクリームを馴染ませるブラシですが、コードヴァンの

お手入れはクリームを革に押し入れ、その表面を均していく事で独特の光沢感が生まれる

為、豚毛のブラシで擦り過ぎると刷毛目が残ったり、かえってクリームを飛ばしてしまい

毛羽立ちを招く恐れがありますので、クリーム用のブラシも馬毛の使用で小刻み且つ

ソフトにブラッシングする事をお勧めします。

私自身、「ブラシの使い方がわかってくると、お手入れの仕上がりもグッと良くなる」と

過去に教わった記憶もございます。今日ご紹介した代表的なブラシの他にも、素材や用途

に対応したものが店頭に並んでおります。間もなく梅雨の季節も近づき、お手入れの機会

も増えて参りますのでぜひご相談下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は5日、12日、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss