こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

とうとう今週、関東も「梅雨」入りとなり、こまめな天気予報の確認が必要な時期と

なりました。


普段革底をご愛用の方も、これからの季節は、ラバーソールの靴が活躍する時期となり、

先日はGORE-TEX®ファブリクス搭載の靴「ウォルター」をご紹介いたしました。
その他にもREGAL TOKYO ORIGINALの中では、ラバーソールのシリーズがございます。

本日は、ラバーソール仕様の中から、昨年秋にデビューしましたREGAL TOKYO ORIGINAL 「ジョージ」シリーズをご紹介したいと思います。 


この「ジョージ」シリーズの特徴の一つが甲革に使っている手もみ革の素材です。

この革は、弊店のパターンオーダー会では定番の甲革で、沢山のお客様にお選び頂いて

いる好評の素材です。カラーは、ブラックとダークブラウンの2色です。


細かな型押しのシボが特徴の手もみ革は、その名の通り職人が革を揉んで作られた国産の

素材です。やや厚みがある甲革ですが、革を揉んである事で足馴染みがよくて、お手入れ

をしてみるとクリームが浸透して鏡面仕上げもしやすい革です。


そして、CFステッド社(英)のスエードもお選びになれます。カラーは、ダークブラウン

のみです。

スエードは、ビフォアケアに撥水スプレーをしっかりかけておくと、雨をよく弾きます

ので、雨用の靴としてもおすすめ出来ます。私もスエードのチャッカーブーツを雨用の靴

として愛用しております。


底材は、ラバーソールの中で代名詞とも言えるダイナイトソールです。

そしてダブルソールの厚底仕様なので、雨中の歩行時にも水たまりやゲリラ豪雨の強い雨

の時に安心ではないでしょうか。

ダイナイトソールは、地面からの突き上げ感を足裏に感じると言われる事がありますが、

ダブルソール仕様ですので突き上げ感もやわらぐ感じです。


「ジョージ」シリーズには、チャッカーとサイドゴアのブーツデザインがございます。
秋冬にお履きになるデザインとしてお選びになる方が多いブーツデザインですが、足首

まで隠れますので、梅雨時期は水しぶきから守ってくれると思います。

 

「クールビズ」という言葉も定着して、5月位から暑さが増して、お客様のお仕事スタイル

が変化していきます。街を歩いている方を見ていると年々、スーツスタイルの期間が短く

なっている様にも感じています。そんな中、ジャケットスタイルにもカジュアルスタイル

にも似合う「ジョージ」シリーズは、いかがでしょうか。

私は「ジョージ」シリーズの中でスエードのダブルモンクストラップが、一番好きな靴

です。悩んでいるお客様には、つい好みの靴をおススメしたくなりますね。

 

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


●今回ご紹介の REGAL TOKYO ORIGINAL 「ジョージ」
・甲革・色 : 手もみ革(国産)  ブラック、ダークブラウン
        スエード(英)   ダークブラウン(サイドゴアブーツを除く)
・サイズ : 23.5~27.0cm
・修理 : オールソール、ヒール替え
・価格 : ダブルモンクストラップ、Uチップ    ¥43,200(税込) 

      チャッカーブーツ、サイドゴアブーツ ¥45,360(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、12日、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss