『外羽根か内羽根か』

September 22 2017

皆様、こんにちは。REGAL TOKYOの大迫でございます。
先週末は台風の影響で外出もままならない天侯でしたが、日差しの強さや空気感に秋の訪れを

日毎に感じます。

 

今回は着用感やスタイルで異なった印象をもつウイングチップについて、内羽根と外羽根を比較

してご紹介いたします。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL 【W939】
甲革:牛革(伊)
展開色:ブラック、ダークブラウン
底材:レザーソール(シングルソール)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥41,040(税込)

 

REGAL TOKYO ORIGINALのロングセラーグループでは、近年デザイン追加となった「内羽根」

のウイングチップです。

レースステイが縫い込まれ、スラックスの裾が甲に乗った時の印象がエレガントな内羽根ですが、

羽織物が活躍するこれからの季節はジャケットやニットのトップスとジーンズのコーディネイトで

足元に黒の内羽根ウイングチップはいかがでしょうか。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL 【W05R】
甲革:牛革(仏)
展開色:ブラック、ダークブラウン
底材:レザーソール(ハーフミッドソール)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
価格:¥48,600(税込)

 

紐の締め具合でレースステイの開閉がしやすく、履き脱ぎやソックス調整がしやすい「外羽根」は

柔らかい印象が高いですが、爪先のエッジが直線的でシャープなシルエットはきちんとプレス

されたスラックスとあわせた事で折り目正しい印象が生まれます。黒はその印象が秀逸ですね。

 

「内羽根の靴をビジネス用として」、また「外羽根の靴をカジュアルに」というセオリーがありますが、

この2種類のウイングチップは靴の活用度が増し、「内羽根をカジュアルに」そして「外羽根をビジネス」にコーディネイト出来る懐の深さがあります。

また飾りが華やかな印象を与えますが、着用した黒のウイングチップは穴飾りの際立ちを抑え、

大人の足元を演出します。新しい季節に向けて靴選びのご参考にして頂けたら幸いです。


それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
9月は25日がお休みです。10月は2日、16日、23日がお休みとなります。
※なお、10月9日(月・祝)は「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会、10月30日(月)は

「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会の為通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss