皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。
朝晩の気温も20度を下回る日が増え秋らしい陽気となり、靴は勿論の事ファッション好きの

私にとってこれからの季節は楽しみが増えて参ります。そして、心待ちにされていたお客様も

多いと思いますが、本日より「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会がスタート致します。

 

そこで今回はオーダーの仕様を選定して頂く際に「こんなところまで?」と驚かれる「細革形状

の種類」をご紹介いたします。


「グッドイヤーウエルト式製法」の「ウエルト」とは「細革」という部材で、靴底と甲革の間に縫い

込まれた帯形状の革を指します。「ウエルト」を使う事で水の浸入を防ぐ効果もありますし、

その形状により、靴の印象に変化を与えられます。

「LAST#50」のオーダー会では4種類の「細革形状」をお選び頂けます。

 

①ストーム型
甲革の側面に立ちあがった細革の栽断面が丸く処理された形状で、風格のある靴の印象が

やさしい表情となります。
②スリット型
甲革の側面に立ちあがった細革の栽断面を活かした形状で、REGAL TOKYO ORIGINAL

のアメリカンスタイル「W188」に採用されております。

③ギザスリット型
②の「スリット」にギザ型の刻みを入れる事でより個性的な意匠となります。
④平型
細革の甲革に立ちあがる部分をなくし、武骨な印象を抑える事が出来ます。最近お仕事で

着用したいと底廻りの仕様をこの「平型」でお選びのお客様が増えております。


「LAST#50」というスタイルは、「REGAL」のORIGINともいうべきアメリカンスタイルを

REGAL TOKYOの解釈で表現し、土踏まずから踵にかけての収まりの良さと指先の開放感

から、「メリハリのある足入れ感」としてお客様に認知され今に至っております。

 

このオーダー会ではデザイン、甲革素材、ライニングカラー、製法・細革選択、鳩目・底材・

メダリオン選択とご自身の一足にカスタマイズできます。ぜひこの機会にREGAL TOKYOの顔

ともなっているこの「LAST#50」を思いの組合せでお作りになってはいかがでしょうか。

 

「LAST#50スペシャル」オーダー会
10月6日(金)~10月15日(日)
【素材】仏・デュプイ社:サドルカーフ、仏・アノネイ社:アニリンカーフ(ブラウン・ネイビー)、
    米・ホーウィン社:クロムエクセル、英・CFステッド社:スウェード、

    国産・スコッチ型押し、手もみ革他
※甲革コンビネーション等、甲革やデザインによりご希望に添えかねるものもございます。
【価格】47,520円(税込)~
【お渡し予定】2018年1月下旬~
※お渡しは承り状況により延びる事もございます。予めご了承下さい。

 

※REGAL TOKYOよりお知らせです。

この度、10月よりインスタグラムを始める事になりました。当Reportでは紹介しきれない様々な

画像をこれからご紹介してまいります。

regaltokyo_official」と検索してみて下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
10月は16日、23日、がお休みとなります。
※なお、10月9日(月・祝)は「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会、

10月30日(月)は「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会の為通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss