『LAST#50』

October 13 2017

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
10月になって衣替えを進めて気分を変えようと思っていたのですが、昨日までは暑くてそんな

気分になれない方も多かったのではないでしょうか。一転、本日は朝の空気感や風が変わり、

雨模様で涼しさが増し、一気に秋の気配を感じるようになりました。

 

さて只今、REGAL TOKYOでは、秋のパターンオーダー会 第2弾「LAST#50Specialパターン

オーダー会」を開催中です。
先日の連休中には沢山のお客様のご来店、ご注文を頂きまして、誠にありがとうございました。

この場をお借りして、お礼を申し上げます。

なお、オーダー会は、15日(日)まで開催しております。

 

そこで、本日は「LAST#50」について、お話したいと思います。
「LAST#50」とは、上の写真にもありますが、REGAL TOKYO ORIGINALの靴の木型番号の事

なのです。「LAST#50」の木型を使ったREGAL TOKYO ORIGINALの靴はいくつかありますが、

その特徴とそれがよく活かされた靴をご紹介いたしましょう。

 

「LAST#50」木型の特徴は、余裕のあるラウンドトウのつま先と程よく絞りのある土踏まずから

かかと周りを包み込むようなフィッティングにあります。

この履き心地のフィッティングやつま先にボリュームのあるデザインがお客様からご支持を

いただき、ある時お客様より「この靴のパターンオーダーが出来たらいいなぁ・・」というお話が

ありました。 そんなお話から当店のオーダー担当者との話し合いを重ねて、「LAST#50Special

パターンオーダー会」を開催する事になりました。 今回で11回目の開催となり、沢山のお客様に

楽しんでご利用いただけるようなオーダー会になりました。

 

●REGAL TOKYO ORIGINAL「W188」
甲革 : 牛革
色  : ブラック、ワイン
製法、底材 : グッドイヤーウエルト式製法 革底
サイズ : 23.5~27.0cm
価格 : ¥43,200(税込)

 

お陰様でお客様からのご要望も多く、「LAST#50」木型を使ったREGAL TOKYO ORIGINALの

靴は、REGAL TOKYOの既製品の中では無くてはならない存在になりました。

今回上の写真掲載のプレーントウもその一つです。 このシリーズでは他にウイングチップ、

チャッカーブーツがございます。

 

只今開催中のパターンオーダー会では、先週ご紹介した細革の選択の他に、グッドイヤー

ウエルト式とリバースウエルト式からの製法の選択、ハトメの選択など、細部にまで選択が

可能です。
製法や細革、ハトメ等の選択によって靴の仕上がり感が変わりますので、お好みの拘り仕様

の靴をお作りいただけます。

 

甲革の選択肢もコードヴァンやカーフ、スエード、型押し、オイルレザーと多種多様な中から

お選びいただけますし、コンビネーション(2種類の組合せ)の選択も出来ます。

※甲革によって、組み合わせが出来ないものがあります


これだけ細部に亘ってカスタマイズできるパターンオーダーなので、オーダーに興味のある

方は、ぜひこの機会を逃さずお立ち寄り下さいませ。
今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
10月は、16日、23日がお休みです。
(10月30日(月)は、「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」期間中につき、通常営業

いたします。)

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss