こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

 

季節が日毎に進んで、コートなど上着が欠かせない冬着仕様となってきました。

先日帰宅の途中に歩きながら空を見上げると、ちょうど満月の日で、空気が澄んで

いたのでしょうか、綺麗な月と星が見えました。    

今年もあと1か月程となって「今年中に・・・しないと!」と、残りの日にちを計算

しながら過ごす日々となり、「師走」を迎えました。

 

さて、REGAL TOKYOでは、待ちに待った待望の新商品が入荷いたしました。
入荷しましたのは、トップの画像にありますコードヴァンのシリーズです。

ご存知の方も多いと思いますが、以前もLast#50モデルのコードヴァンのシリーズ

があったのですが、今回新たに木型やデザイン、仕様を変更してデビュー致しました。

甲革に使うコードヴァンは、馬の臀部に限られ、皮繊維の緻密な部分だけからしか

採ることが出来ないので革1枚から靴1~1.5足程にしかならず、とても希少性の高い

素材と言えます。
コードヴァンの革は、カーフと違う独特の艶感が大きな魅力です。お店に飾って

おくと、つい見とれてしまい、多くのお客様が手に取ってしまう程です。

始めてREGAL TOKYOモデルで採用したこの木型は、やや内側に振ったラウンドトウ

のつま先です。REGALが40年以上に亘って作ってきた定番のラウンドトウと比べると、

土踏まずと甲周りからかかと部分とでしっかり足を包み込み、踏ん張りやむくみ等の足の

変化にも対応できるような指先に余裕を持たせた「メリハリ」のある木型だと思います。
ダブルソールの底周りは、REGAL TOKYO ORIGINALの中で2シリーズ目の採用と

なった「栃木レザー社」製の底材です。

「栃木レザー社」製の底材は、オーダー会でもお選びになる方も増えてきましたが、

1年以上の手間と時間をかけてタンニンでなめして作られた繊維密度のある底材です。
ヒールには、REGAL TOKYOオリジナルモデルで定番の耐久化粧を採用しており、

このヒールは、お客様からも好評をいただいております。
試しに、この中でも一番好きなカラーの外羽根キャップトウのブラウンを履いてみました。
足幅は、特に小趾側にゆとりがあるので、フィッティング時に小趾が気になる方には

お勧めです。甲周りからかかとまでの収まり具合は、土踏まず部分が「足なり」に

フィットして、靴ひもを結ぶとかかとまで包み込まれる感じです。

このまま履いて靴が馴染んでいった時の、履き心地の良さを予感しました。

 

当店にお立ち寄りのお客様の中でもコードヴァンの好きなお客様が多くいらっしゃり、

革の事、お手入れの事などお話しになります。

REGAL TOKYO ORIGINALに加わった新たな木型のコードヴァンシリーズをぜひ、

手に取ってご確認、お試しください。


皆様のご来店をお待ちしております。


●REGAL TOKYO ORIGINAL 「コードヴァン シリーズ」
・甲革 : コードヴァン(国産)
・カラー: ブラック、ワイン(プレーントウ、Uチップ)
      ブラック、ブラウン(外羽根キャップトウ)
・製法 : グッドイヤーウエルト式製法
・サイズ : 23.0~27.0cm
・価格 : ¥99,360(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
12月は11日、18日、25日がお休みです。
年末年始は、12月31日、1月1日、2日にお休みをいただきます。

 

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss