皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

近頃、お仕事での装い方が「より活動的」な方向になっている気がします。

スニーカー着用のワーキングスタイルが提唱され、デイパックや3WAYバッグ

といった「ハンズフリー」スタイルは益々増えております。


そんな中、REGAL TOKYOではトラディショナルでありながら時流を取り入れた

バッグをご提案します。

 

REGAL LUGGAGE【ソフトアタッシェ】
素材: 牛革(国産)  
色 : ブラック、ダークブラウン、ネイビー
サイズ: 幅(43cm) × 高さ(35cm) × マチ(11cm)
重量 : 約1.3kg
付属 : オリジナルシューホーン(「REGAL LUGGAGE」ロゴ入り)
価格:¥97,200(税込)

 

昨今の鞄事情からは対極に位置する印象ですが、会社の重要な会議やプレゼンの際、

こういう革素材のバッグは「しっかり感」を醸し出せます。細部のディテールは

以前当ブログにてご紹介いたしましたので、今回はそれぞれの色を持ってみました。

 

正統派の「ブラック」は、ドレスバッグの重厚感が引き立ち、スーツスタイルが

引き締まります。いつものスーツスタイルもバッグを持ちかえる事で様式美すら

感じさせます。

華やかな「ワイン」は、靴のボリュームを出してソフトな風合いのスラックスを

コーディネイトして派手な印象を抑えます。バッグがやや丸みのある形状なので

この様な合わせ方でも違和感はありません。

「ネイビー」はぐっと引き締まった雰囲気もありますが、光の加減で清潔感のある

青みが強調され、さりげない変化は靴だけでなくお召し物との組合せが容易です。


ナイロン系のバッグはアクティブな雰囲気がありますが、「革のバッグ」は落ち着きと

余裕が感じられます。

当然、お手入れで状態を維持し年数の経過につれてその味わいが増していくのは

お持ちの靴と一緒で、そこが「革」の魅力ではないでしょうか。

 

靴を使い分けるイメージで、お仕事の内容にあわせたビジネスバッグをセレクト

してみてはいかがでしょうか。

 

私が担当する2017年最終の「REGAL TOKYO REPORT」となりました。

今年もたくさんのお客様と楽しいお話しをする事が出来ました事をあらためて

御礼申し上げます。


年の瀬に向けて銀座もますます華やかな雰囲気となりますが、お時間がございましたら

年内は12月30日(土)まで通常営業しておりますのでぜひお立ち寄り下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 12月は18日、25日が定休日です。

年内は12月30日(土)まで、年始は1月3日(水)より通常営業致します。


ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss