こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
先月25日(日)まで「REGAL Built to Order Systemパターンオーダー会」を開催して

おりました。時間、機会を作って、たくさんのお客様がご来店下さいました。

この場をお借りして御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。


そして、春のパターンオーダー会第三弾「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」

が今月27日(金)より開催を控えております。詳細については、このReportでお知らせ

いたします。

 

ここのところ日に日に気温も上がり、桜の開花が早く、先月あっという間に満開となり、

とても心地よい暖かい日が続いております。これだけ好天が続いておりますので、

お客様の装いもスーツやジャケットスタイルとなり、軽やかな装いでご来店下さいます。

 

今回は、先日のタッセルスリッポンに続きまして、REGAL TOKYO ORIGINALの

ローファーが入荷いたしましたので、ご紹介致します。

入荷して直ぐにトップの写真の様に靴を並べてみた時の第一印象は、先日ご紹介した

タッセルスリッポンと比べると、よりエレガントなドレス仕様の仕上がりだと思いました。
ローファーのデザインではサドルの形が特徴の一つとして見られると思うのですが、

特に気に入ったのは、サドルの端がソールまで届いて甲周りを覆っている「フルサドル」

タイプとなっているところです。
甲革には、パターンオーダーの素材で好評のフランス製のカーフ素材を採用しました。

ブラックは透明感ある艶が特徴のアニリンカーフを、ダークブラウンとブラウンには永く

履きこむ程に革の雰囲気が味わえるベジタブルタンドカーフを選定し、3色展開としました。
ダークブラウンとブラウンには爪先にアンティーク仕上げを施してあり、特にブラウン

では深めの色合いで濃淡のグラデーションがとても美しいです。
シングルソールの革底は出し縫いの縫い目が見えない伏せ縫い仕上げで、底面の

仕上げが綺麗です。また、ヒールはお客様から減りにくいとご好評のREGAL TOKYO

耐久化粧を採用しました。
3色共試し履きをしてみましたが、これだけ良いお天気が続くと明るいブラウンが

「今の気分」でしょうか。カーフ特有のしなやかさがあり、足当たりは柔らかいので、

靴底が馴染むと、とても履きやすくなるのではないかと感じました。

 

ローファー等のスリッポン系は紐靴と比べるとサイズ選びに悩みがちですが、履いて

みると指先廻りに程良く余裕がありながら甲周りをしっかりホールドし、かかと廻りを

包み込むようなフィッティングです。


リネン入りの春夏のスーツやジャケットスタイルには、とても綺麗に合わせられるのでは

ないでしょうか。また、デニムやチノなどカジュアルスタイルでもローファーは、合わせ

やすいデザインだと思います。
●REGAL TOKYO ORIGINAL 【W17R ローファー】
・色:ブラック、ダークブラウン、ブラウン
・製法:グッドイヤーウエルト式製法
・サイズ:23.5~27.0cm
・価格:¥48,600(税込)


※定休日のお知らせです。


月曜日が定休日となっております。 
4月は、2日、9日、16日、23日がお休みです。
(4月30日(月・祝)は、「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」期間中につき、

通常営業いたします。)


ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss