こんにちは、リーガルトーキョーの田沼です。
まず、先日まで開催させていただいておりました「秋の工房九分仕立て受注会」が大変な盛況をもって終了いたしました。店頭までいらして頂きましたお客様、お忙しい中お越しいただきまして誠にありがとうございました。また、ご注文を頂きましたお客様、感謝の気持ちをこめて1足1足丁寧に作らせていただきます。

 

さて、昨年に引き続き今年も「REGAL名古屋中日ビル店」にて九分仕立ての受注会を開催させていただくことになりましたっ。
今回は昨年の内容よりもバージョンアップいたしまして、新たに「外羽根タイプ」と「サドルシューズ」を追加させていただきます。

昨年よりもかなりバリエーションが増えました。
甲革ではレギュラーの革10種類に加え、ヨーロッパのタンナーのカーフに型押し、日本のコードバン、サドルシューズ限定では藍染のキップをご用意させていただきました。
またライニングでは名古屋から初の「オレンジ」カラーを追加いたします。

 

期間中12月8、9日の土・日は田尻が、12月15、16日の土・日は私、田沼が店舗にお邪魔させていただくことになっておりますので、どしどし話しかけてください。「九分仕立て」の作りやビスポーク靴のことなど色々とお話できれば、と思います。

 

また、昨年いらしていただきましたお客様、中部地区のビスポークのお客様などお時間がございましたら是非お立ち寄りくださいませ。以前作らせて頂きました靴など見させていただきます。


それでは多くのお客様のご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

「工房職人の九分仕立て」限定受注会

期間:11月22日(木)~12月25日(火)

店舗:REGAL名古屋中日ビル店

住所:名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル1階

TEL:052-242-2585

営業時間:10:00~20:00

 

「水彩画」

November 09 2012



11月2日(金)から始まった秋の「工房九分仕立てパターンオーダーフェア」も後3日となりました。たくさんのお客様にご来店・ご注文いただいた結果、在庫が残り少なくなって来た革もございます。オーダーをお考えの方がいらっしゃいましたら、11月11日(日)までの開催となりますので、よろしくご予定のご確認をお願い申し上げます。


 

今回は「REGAL TOKYO」の店内に展示している水彩画について、です。

「REGAL TOKYO」の壁面には水彩の画が幾つか飾ってあるのですが、ご来店された方はお気づきになられていましたでしょうか。そういえば、最近のダイレクトメールやポスターなども写真ではなく、水彩画だったなぁとあらためて気づかれた方もいらっしゃることでしょう。
実は、これらの画は靴のデザイナーであるT氏が、ビスポークや九分仕立てなどの靴に止まらず、靴を作る為の工具などを水彩で店の為に描いてくれたものなのです。

 


WaterColour Painting2.jpg「REGAL TOKYO」オープン当初は、お客様宛にパターンオーダーフェアなどのご案内を作製する際には、サンプルを写真撮影してリーフレットにしていたのですが、色々とスタッフと話していくうちに、「そう云えば、古いカタログを見ていて気が付いたのだけれども、1970年代頃まではイラストの方が高級靴に使われていたりしたんだよなぁ」という一言が、T氏より出てきたのでした。



 

WaterColour Painting3.jpg当社にあったアメリカの古いカタログや雑誌などを見てみると確かにその通りで、写真よりもかえって格調高く見えるように思われました。
そこで、支配人の川口がT氏に「是非描いてよ!」という依頼の一言で、この水彩画の制作が始まり、ここのところのダイレクトメールもT氏の描いた水彩画を使うようになったのです。

今回ご紹介するのは店内に飾ってある物の一部ですが、気になる方は一度直にご覧になりに「REGAL TOKYO」まで足をお運びくださいませ。

 

なお、余談ですがそのデザイナーT氏ですが、残念ながら現在体調を崩して入院中です。

ゆっくりと静養してもらいたいのは山々ですが、水彩画も好評ですのでのんびりしていないで早く現場復帰してもらいたいものです。

春のオーダー会の準備ももうじき始まりますからね。



10月17日(水)の「REGAL TOKYO REPORT」上でお知らせしましたように、「LAST#50 SPECIAL限定受注会」が本日より開催となります。 
前回は、短靴のサンプルから2点ご紹介しましたが、今回は最近お問合せの多い「ウィングブーツ」のサンプルをご覧いただきながら内容をご紹介していきましょう。



 

 

WingBootsle.jpgこちらのウィングブーツですが、前回ご紹介した短靴との一番の違いはその製法にあります。ウエルト部分を良く見ていただくと、普通のストーム仕様のようですが実はリバースウエルト製法なのです。中底のリブとウエルトとの掬い縫いの位置がグッドイヤーウエルト製法とは違うので、ウエルトが立っている部分に縫い目が出てくるのが特徴で、古くはチロリアンシューズなどで使われることが多かったようです。

今回の限定受注会では、この製法で全6デザインをお作りいただけますので、よりハードなイメージのものをお求めの方は一度この製法をご検討下さい。


 

次に、甲革を見てみますと、つま先や羽根部分のアノネイ社(仏)のダークブラウンのアニリンカーフと赤茶の革がコンビネーションになっているのがわかります。実は、この赤茶の革は、日本国内で職人が革を揉んで仕上げたものなのです。縦横に揉みこんでいくことで革の表面に四角く柄が入ることから「四方もみ」と呼ぶようです。なお、他にも黒とネイビー色がありますので、サドルシューズやUチップ等でスムース革の黒やネイビーとの同色でのコンビネーションなどでシックな見え方にするのも良いのではないでしょうか。
一方、底を見てみますとダブルソールの革底にハーフラバーが貼ってあるのが見えます。これも革底の他にクレープ(生ゴム)底にも使えますので、履き心地と耐久性をお求めの方には打って付けの仕様と言えますね。


以上、サンプルをご覧頂きながらご紹介してまいりましたが、如何でしたでしょうか。甲革も通常の「REGAL Built to Order System」でご用意している水染めコードバン等の他に、ゴルフシューズで使用している防水加工を施した革やグローブレザーでオレンジ、レッド、イエロー、グリーンなど色でもお楽しみいただけます。


こんなカスタマイズにご興味のある方は是非「REGAL TOKYO」へお立ち寄り下さい。

「LAST#50 SPECIAL」 限定受注会
会期:2012年 10月19日(金)~10月28日(日)
お渡し予定:2013年1月下旬~
デザイン:短靴(プレーントウ、Uチップ、サドルシューズ、ロングウィングチップ)
ブーツ(チャッカブーツ、ウィングブーツ)
甲革:水染めコードバン、カーフ、オイルレザー、グローブレザー、キップ等(色込47種類)
製法:グッドイヤーウエルト製法、リバースウエルト製法
その他オプション:底仕上げコンビネーション、ネーム入れ等
価格:短靴4デザイン 44,100円(税込)~、ブーツ2デザイン 46,200円(税込)~
    (甲革素材によって基本価格が変わります)

 

9月に開催した「REGAL Built to Order System(以下BOSと表記)」限定受注会に続く「REGAL TOKYO」秋の限定受注会第2弾は、「LAST#50 SPECIAL」限定受注会」で、10月19日(金)に始まります。


今回初めて開催するこの「REGAL TOKYO ORIGINAL」の受注会は、ご好評をいただいているトウにボリュームのあるラウンドトウ木型を元に幾つかのデザインをご用意し、通常ではご要望にお応えできない仕様変更をお楽しみ頂けるという内容です。


では今回は、短靴のサンプル画像をご覧いただきながらご紹介してまいりましょう。

 

 

 

LongWingtip.JPGまずは、ロングウィングチップから。
甲革は、アノネイ社(仏)のアニリンカーフのネイビーとCFステッド社(英)のネイビースエードのコンビネーションで、パープルのライニングに底はベージュにネイビーの半カラス仕上げです。ここまでは素材やご要望があればBOSでも承れたのですが、他にも今回のオーダー会ならではのオプションがあるのです。

例えば、ハトメです。サンプルは黒みがかったシルバーの表ハトメですが、裏ハトメにしてドレスっぽくすることも可能ですし、革の色によってはアンティークゴールドや塗りの黒、茶のハトメにも出来ます。また、ウエルト(細革)がギザ入りのストーム仕様になっていますが、ギザなしの角ばったものや丸みを帯びたストーム、隆起部分のない平仕様もお選びいただけるのです。

 

 

U-tip.JPG次のサンプル画像はUチップです。
こちらは甲革にウエンハイムレダー社(独)のボックスカーフ 黒を載せ、裏革を赤、底材にリッジウェイソールを採用しました。BOSではお選びいただけないリッジウェイソールですが、耐久性の良さ、履き心地の良さをぜひ一度体感していただきたいものです。こちらもモカの意匠を既製品(W558)とは代えて、コンビネーションができるようにしています。


短靴のデザインは、他にプレーントウやサドルシューズもありますので、通常の甲革や底材だけでなく、より拘ってハトメやウエルトなどをお好みのカタチにしてお楽しみください。


以上、短靴の画像を元にご紹介してまいりましたが、次回は、最近人気の高いウィングブーツなどの画像をご紹介しながら他にもお選びいただけるところをご紹介して参りましょう。


是非、ご期待ください。

 

 

「LAST#50 SPECIAL」 限定受注会
会期:2012年 10月19日(金)~10月28日(日)
お渡し予定:2013年1月下旬~
期間限定オプション:◆アッパーコンビネーション
               (2色まで;革によってできない組み合わせがあります)
             ◆ハトメ:裏、表(アンティークゴールド、黒ニッケル、黒、茶)
             ◆ウエルト形状:平、ストーム(丸、角、ギザ)
             
価格:44,100円(税込)~  



恒例となりました「REGAL TOKYO」秋の限定受注会第1弾「REGAL Built to Order System」(以下、BOSと表記) 限定受注会が9月21日(金)から始まります。
今回は、春にサイドエラスティックを追加したばかりなので、デザインの追加はありませんが、サンプル画像をご覧いただきながら『限定素材』をご紹介しましょう。

  

まずは、ネイビースエードのロングウィングチップから。
通常BOSではCFステッド社(英)のスエードで、黒・ダークブラウン・ブラウンと3色展開しているのですが、最近富みにご要望が増えてきたNAVYを今回はご用意しました。毛足の短い独特の風合いがこの素材の良いところでしょう。サンプルは単一素材使いですが、やはり今回限定素材のアノネイ社(仏)のアニリンカーフのネイビーとのコンビネーションにしてみても面白いものが出来そうですね。

 

 



BDR W36T.jpg

 

続いてオイルレザーのサドルシューズです。
ホーウィン社(米)のオイルレザーは、黒・ダークブラウン・ワインと3色のご用意です。サンプルのようにサドルシューズにクレープ底を配してリラックスしたカジュアルというのはいかがでしょうか。これからの季節にコーデュロイのパンツなどに合わせても良いですし、春先にはデニムやチノーズなどを履いて散策するには打ってつけの1足となることでしょう。
サドルデザインにこだわらず、ロングウィングなどでも同じようにお楽しみいただける素材だと思います。

 

 



WBLU W26T.jpg

 

3足目は、スコッチグレインカーフのローファーです。
こんな綺麗な色目のアクアブルーと白とのコンビネーションというのは、足を入れただけで気持ちが軽くなるような気がしますね。今回ご用意したのは他に、トープ(ブラウン系)とインクブルーの合わせて4色です。インクブルーの方は、7月に入荷したロングウィングをこのREPORT(7月26日)でご紹介してますので、よろしかったらそちらをご確認くださいませ。


素材としてはとても柔らかく足当たりも良いので、いろいろなものに使えそうです。そう言えば、ゴルフシューズにお使いいただくのも良さそうですね。



以上、限定素材をご紹介してまいりましたが、次回は、BOS限定受注会で同時開催している「ゴルフシューズ」のパターンオーダーなどについて触れていきたいと思っています。
是非、ご期待ください。



「REGAL Built to Order System」 限定受注会
会期:2012年 9月21日(金)~9月30日(日)
お渡し予定:2012年12月下旬~
期間限定オプション:◆アッパーコンビネーション
               (2色まで;革によってできない組み合わせがあります)
             ◆ネーム入れ(アルファベット・アラビア数字8文字以内)
             ◆トウ部分デザイン変更
               (例:ストレートチップ→パンチドキャップトウ                                                                                 ;デザインによってできないものがあります)
            
価格:44,100円(税込)~  ※ゴルフシューズは56,700円(税込)~

 

まだまだ残暑の厳しい日が続いておりますが、9月に入って一雨毎に暑さも和らいできているような気が致します。


さて、お待たせいたしました! 今回は、『REGAL TOKYO 秋の「パターンオーダーシューズ限定受注会」』の日程が決まりましたので、お知らせいたします。
なお、「SHETLAND FOX」につきましては4月にオープンした日比谷店で9月14日(金)~10月14日(日)の期間で開催いたします。

 

REGAL TOKYOのそれぞれの受注会の日程は以下の通りです。


「Built to Order System」 9月21日(金)~9月30日(日)  <お引渡し予定:2012年12月下旬~>

「REGAL TOKYO ORIGINAL」 10月19日(金)~10月28(日) <お引渡し予定:2013年1月下旬~>

「工房職人の九分仕立て」   11月2日(金)~11月11日(日) <お引渡し予定:2013年2月下旬~>

 

 

まだ、お選びいただける甲革などの詳細が詰め切れておりませんが、今回初めて取り組む「REGAL TOKYO ORIGINAL」について、少しだけお知らせいたしましょう。

 

「REGAL TOKYO ORIGINAL」の中で、オーソドックスなラウンドトウ木型で履き心地が良いとご好評を頂いているシリーズがあります。今回はその木型に注目してのパターンオーダー会を企画してみました。それは、スエードのロングウィングチップやオイルレザーのUチップ等でお馴染みの№50木型です。

 

きっかけは、スエードのロングウィングチップの春夏版を色違い、底材違いなどで作ったところ、「表革やプレーントウなど他のデザインでは出来ないかなぁ?!」というお客様の声からでした。
既にリバースウェルト製法のUチップはありましたので、デザインの追加をしてパターンオーダー会を開催できるのではないか...ということで靴の企画開発担当者と折衝した結果、プレーントウ、サドルシューズ、チャッカブーツ、ウィングブーツの4デザインを加え6デザインでお客様のご要望にお応え出来ることになりました。

 

さらに、リバースウエルト製法の製品が既にありましたので、全てのデザインでグッドイヤーウエルト製法との2種類からお選びいただけることになりました。
実は、製法が違うと製造の準備も倍は必要で、いつも以上の製造関係者の協力なしには実現できないことなのです。つまり、単なるパターンオーダーを超えた「カスタマイズフェア」という事です。


結果、お客様のご要望にお応えしようという熱い気持が製造スタッフと共有できて、とても楽しみなオーダー会になった訳です。

 

ということで、今回のご案内はこの辺りまでとして、素材や底材などの詳細につきましては、追ってサンプル画像などと共にご紹介いたしますので、皆様楽しみにお待ちくださいませ。

気象庁から梅雨明けが宣言され、暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。東京の都心部でもかなり高い気温になる事が連日テレビでも取り上げられております。体調には充分お気をつけくださいませ。


さてそんな中、7月も後半になりますと、いよいよ夏休みという方も多いのではないでしょうか。もし夏休みに「REGAL TOKYO」に一度行ってみよう!という計画をお持ちの方がいらっしゃるようでしたら、今回のブログを参考にご来店下さい。

「REGAL TOKYO」は、中央区銀座1丁目にあるのですが、ちょっとわかりにくい(見つけにくい?)場所なので、お客様から「銀座まで来たのだけれども、お店はどこにありますか?」といったお電話を頂く事がままあります。
目印になるような建物がないので、なかなかご案内するのが難しかったのですが、最近、地方自治体の「アンテナショップ」といわれるお店が近くに増えてきましましたので、そちらを目印にしていただくと良いのではないかと思います。
それは、銀座1丁目の「外堀通り(西銀座通り)」と「銀座通り(中央通り)」を結ぶ通りとして「銀座柳通り」があるのですが、広島県のアンテナショップが今週オープンしてちょっとしたアンテナショップ通りになってきたからです。

 

 



yanagidoorikadokara.jpg

 

「REGAL TOKYO」へご来店の場合、JR有楽町駅からでしたら、外堀通り「有楽橋」交差点の沖縄県のお店「わしたショップ」を左手に見ながら銀座通りの方へ直進し、山形県のお店「おいしい山形プラザ」の先の角を左に曲がると右側に「REGAL TOKYO」の茶色の看板が見えてきます。


銀座通りからでしたら、銀座1丁目の「みずほ銀行」の角を有楽町方面に向かっていただき、広島県のお店「広島ブランドショップTAU」の先の角を右に曲がっていただくともう直ぐです。
つまり、「山形と広島の間の路地を入っていただく」と覚えていただければよい訳ですね。

銀座には、ブランドショップやファストファッション等のお店もたくさんありますし、他にも高知県のお店が沖縄県のお店の隣にありますので、沖縄、高知、山形、広島の方はもちろん、その他の地域の方も一度アンテナショップ巡りなどされながら、お越しいただけるとより一層銀座をお楽しみいただけるのではないかと思います。

 


皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。

今回は、4月中旬にオープンして約1ヶ月が経過した「SHETLANDFOX日比谷店」をご紹介しましょう。

 

「REGAL TOKYO」では、「SHETLANDFOX」を2009年のブランド再スタートから取扱いをしてきましたが、徐々にグループが増えるにしたがって全てを置き切れなくなって来ました。また、数多くのお客様からその独特の木型がもたらす履き心地等をご支持いただき、そのご要望に応える形で、専門店の開店となった訳です。

 

 

 

1.JPG

 

4月11日(水)の「REGAL TOKYO REPORT」に開店予告を掲載しましたが、お蔭様でゴールデンウィーク期間中には、遠方からもご来店いただいた方もいらっしゃったそうです。
ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

ということで、まだご覧になっていらっしゃらない方向けに、店舗の画像を幾つか貼り付けましたので、まずは雰囲気だけでも味わっていただき、お時間のある時にお立ち寄りいただければと思います。今の時期、丸の内仲通りはとても爽やかな雰囲気で、ウィンドウショッピングで歩くだけでも楽しいですよ!


なお、水曜日が定休日となっておりますので、ご来店の際はご注意下さいませ。


 

 

3.JPG

 

2.JPG

 

 

 


5.JPG6.JPG

今回は、2月に開催した「シェットランドフォックス限定受注会」の靴が少しずつ出来上がってきましたので、その中からいくつかご紹介しましょう。

 

まずは、今回初めてオーダー対象とした「スペイサイド」のレザースニーカーです。
1足目は、甲革をクロコダイルの型押しとネイビーのカーフを組み合わせたものです。
画像ではネイビーの色があまり綺麗に出ていないのですが、素材感の違いや色の組み合わせの妙を感じ取れる1足に仕上がったのではないでしょうか。
カジュアルでありながら、シックな大人の雰囲気を演出するのに嵌まりそうですね。

 

 

2.JPG 

2足目は、同じクロコダイル型押しとカーフの組み合わせですが、小石柄の型押しカーフとのコンビネーションにしたものです。
1足目に比べると、やはり明るめの色のせいか、カジュアル感が幾らか増すように思いますが、こちらも大人の足元を飾るにふさわしい顔付きに仕上がりました。

 

 

 

3.JPG

 

3足目は、グローブレザーのネイビーと赤との組み合わせです。
とても発色の綺麗な革なので、今の季節にお履きいただくのに丁度良いのではないでしょうか。

足元が明るくなって、気分も上向きになるような感じがするのは私だけではないでしょう!シューレースでも遊びを入れてみたりするのも良いかもしれません。

 

 

 

4.JPG

 

4足目は、1,2足目とクロコダイル型押しつながりでのご紹介です。
今回で3回目となる「シェットランドフォックス」の限定受注会ですが、「インバネス」の履き心地に大変満足して頂いているT様のオーダーです。
いつも素敵なスタイルで登場されるT様に、私たちスタッフも「今回はどんなおススメを提案しようか」と意見を出し合うのですが、クロコダイル型押しと白のコンビネーションが想像以上にシックにまとまって出来上がりました。このクロコダイル型押し素材は、靴にある種の品格を与えてくれるようですね。
ただ、残念ながら今回の限定受注会で革の在庫を使い切ってしまいましたので、同じものをお作りいただくことはできなくなりました。

また新しい魅力的な素材を探してご用意して行ければと思っております。

 

今回はここまでですが、順次出来上がってきたものの中からご紹介して参りますので、楽しみにお待ちくださいませ。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss