お待たせいたしました!いよいよ来週の2/17(金)から「シェットランドフォックス」春のパターンオーダー受注会が始まります。そこで、今週は、オーダーサンプルから2点ご紹介していきましょう。 

 

 まず、今回初めての「アストリア」から新デザインロングウィングチップをご紹介致します。画像は新製品として展開予定のデザイン№3069で、甲革に水染めコードヴァンを使ったベージュとブラウンのコンビネーションタイプです。既製品ではもう1色「タン」がありますが、これを同素材のネービーやブラック、ワインカラーなどでお作りになってみてはいかがでしょうか。まさに、お客様だけの1足になる訳で、注目度もかなり高いものになるでしょう。

 

また、既に内振りの木型がもたらす独特の履き心地をお気に召している方で、コードヴァンは雨などで気を使うからカーフ等他の素材で作れないかというご希望のある方には、以下のような素材をご用意いたしました。

定番のボックスカーフ(ブラック)やボカルーカーフ(ブラック、ブラウン、ワイン)の他に、オーダー会ではお馴染みのオルソカーフ(ネイビー)、スコッチグレインのカラグレインカーフ(ブラック、ブラウン)、しなやかなシャラダ社(伊)のスエード(ブラック、ベージュ、ダークブラウン)。

 

さらにガンジェ社(伊)のクロコダイル型押し(ブラック、ダークブラウン)にホーウィン社(米)のオイルレザー・クロムエクセル(ブラック、ダークブラウン)なども新たに加えました。白スムースの革を使ったコンビネーションも出来ますし、色々なパターンが考えられて本当に迷ってしまいますね。デザイン№3001のサドル部分をクロコダイル型押しにするもよし、スエードでソフトな履き心地を楽しむも良し、是非ご検討ください。(注:コンビネーションの場合、組み合わせによってはお選びいただけないものがあります、ご了承下さい)

 

 

Sample.jpg次に、「シェットランドフォックス」オーダー会初となるカジュアルテイストの「スペイサイド」です。画像は、オーダー会用のサンプルで、アッパーを水染めコードヴァンのネイビーとアノネイ(仏)社カラグレインカーフのブラックとのコンビネーションにしたものです。既に展開中のデザイン№3053のヌメ革と毛並みを潰したスエードのコンビも面白いのですが、オーダー会ならではのこんな贅沢な逸品も面白いのではないでしょうか。

 

「スペイサイド」、「インバネス」も上記の革を組み合わせて、お楽しみいただけますので、是非お客様だけの1足をお考えになってみて下さい。

 

なお、「ケンジントン」、「グラスゴー」では、定番のラディカカーフ(ブラック、ダークブラウン、ブラウン、ベージュ)、ボカルーカーフ(ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ワイン)の他に、CFステッド社(英)スーパーバックスエードのブラック、ダークブラウン、ベージュに加えネイビーが加わりました。爽やかなネイビーカラーの1足をお考えの方は是非こちらもご検討下さい。

気がつくと、素材紹介をしているうちに随分長くなってしまいましたので、続きは来週といたしましょう。お楽しみに。

 

今回は、昨年の9月に行われた「シェットランドフォックス限定受注会」にてご注文いただいた靴のお引渡しが進み、お客様のご了解が得られたものの中からご紹介したいと思います。


なお、グループ名「インバネス」を特集しましたので、先週のTOP画像と合わせて、2月中旬からの「春の限定受注会」のオーダーの参考にもしていただけるのではないでしょうか。
まずは、甲に小穴でウィングをあしらい、レースステイ部分のデザインが特徴的なデザイン№3030からご紹介しましょう。


春にも黒とワインのコンビネーションでオーダーされたストレートチップ等がありましたが、こういったちょっとしたコンビネーションというのは、なかなか既製品では作りにくい配色なので、オーダーをされたお客様の遊び心が伝わってきますね。ご自分だけの1足を、奇をてらうことなく楽しんで頂いている好例だと思います。

 


2.jpg次に、外羽根セミブローグのデザイン№3031です。
「インバネス」はオーソドックスなラウンドトウ木型なのですが、全体のバランスが良いせいか表革のカーフ素材だけでなく、スエードを載せてもエレガントな雰囲気を醸し出したものに仕上がったのではないでしょうか。トウのメダリオンを既成のものから変更した辺りにお客様のこだわりがうかがえますね。

 


3.jpg最後に、モンクストラップのデザイン№3032です。
画像では分かりにくいのですが、こちらはアノネイ社(仏)のオルソカーフというネービーの甲革を使ったものです。ところで、ここのところ、お客様からのご要望が確実に増えている色としてこのネイビーを上げることができます。ネイビーは、さわやかな印象を与えられますし、春から夏に向けての装いともマッチしやすいので人気があるのかな、と思ってましたが、普通にコバ周りを黒のインクで仕上げると、これ位の色調だと随分落ち着いた印象になりますね。これでしたら、秋・冬らしいフラノ素材のパンツと合わせてもグッと渋い感じにまとまるのではないでしょうか。こちらもトウにメダリオンを配して、ちょっとした変化をお楽しみいただいています。

 


 以上、先週のトップ画像から引き続き「インバネス」の作品をご覧いただきましたがいかがでしたでしょうか。既にストレートチップのデザイン№3029をお持ちで、履き心地を気に入っていただいている方等にはぜひこんな楽しみを共有して頂きたいと思い、特集してみました。
限定受注会の詳細につきましては、もう少しでご紹介できる事と思います。ご自分だけの1足をお楽しみになりたい方は、是非ご検討ください。

 

ここのところ寒い日が続いておりますが、2012年も早くも2週目となり、春の装いをそろそろ検討しようかといった時期になってまいりました。
さて、そんな中、「REGAL TOKYO」恒例の「春のパターンオーダー限定受注会」の日程が決まりましたので、ご案内いたします。 


それぞれの受注会の日程は、

「SHETLAND FOX」      2月17日(金)~2月26日(日)   <お引渡し予定:2012年5月下旬~>


「Built to Order System」 3月16日(金)~3月25(日)    <お引渡し予定:2012年6月中旬~>


「工房職人の九分仕立て」    4月20日(金)~4月30日(月)  <お引渡し予定:2012年7月下旬~>


と決定いたしました。 
 まだ、お選びいただける甲革などの詳細が詰め切れておりませんが、昨春初めて開催し、ご好評を博した「SHETLAND FOX」について、少しだけお知らせいたしましょう。


お客様のご要望を店頭で随時お聞きしたり、検討を重ねてまいりました結果、今回は、「ケンジントン」「グラスゴー」「インバネス」の人気3グループに加え、「アストリア」と「スペイサイド」の5つのグループでオーダーを頂けるようにしました。


どのようなご要望であったかと言いますと、まず、内振りの木型が特徴的な「アストリア」は、既製品ではコードヴァン素材のみの展開でしたので、履き心地やスタイルを気に入って頂いた方からは、カーフで作れないかといったご要望をいただいておりました。また、デザインもプレーントウとサドルシューズの他にフルブローグで作れないかといったご要望もありました。今回はそういったご要望にお応えするべく、素材とデザインを追加して採用いたしました。


次に、グッドイヤーウエルト製法のレザースニーカー「スペイサイド」は、季節的にカジュアルが欲しいといったご要望にお応えしたものです。こちらも履き心地を気に入っていただいた方々からのご要望で、どんなパターンになるのかとても楽しみです。
そして、「ケンジントン」と「グラスゴー」につきましては、秋のオーダー会では黒のみだったラディカカーフがなんとかブラウン・ダークブラウン・ベージュと4色の用意が足数限定でできそうです。秋にはオーダーをお見送りになった方も、今回はご検討の程よろしくお願い致します。


最後に「インバネス」ですが、2011年秋のオーダー会でT様にご注文頂いた画像をトップに貼り付けましたので、こんな楽しいオーダーができるという見本として、皆様にご検討いただければ幸いです。


 今後、「シェットランドフォックス」だけでなく、「BOS」や「九分仕立て」につきましても、オーダーサンプルが「REGAL TOKYO」に届いたり、詳細がまとまり次第このREPORT上でご紹介して行きたいと思っています。皆様、楽しみにお待ち下さいませ。

新年明けましておめでとうございます。
2012年も1月2日(月)の営業初日から多くのお客様にご来店いただきありがとうござ
いました。
本年も「REGAL TOKYO」をよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。
さて、㈱リーガルコーポレーションのHPにも掲載されておりますが、原材料の価格高騰に
伴い革だけに留まらず、靴製造に関わる各種材料の価格におきましても値上げが続いており
現状の価格を維持することが困難な状況でございます。
 
つきましては、パターンオーダー、ビスポーク等のオーダーシューズにおきましても価格改
定の判断の止む無きに至りましたのでご案内いたします。
 
価格改定期日:2012年2月1日(水)受付分より
改定価格
  Built to Order System:¥44,100(税込)~
  工房職人の九分仕立て:¥105,000(税込)~
  ビスポーク:¥246,750(税込)~
※一部既製品につきましても価格改定の対象とさせていただきます。
(詳しくは⇒http://www.regal.co.jp/contents/t/t1367/
 
 
今後とも更なる品質向上に努めて参りますので、ご理解・ご愛顧を賜りますようよろしくお
願い申し上げます。

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
いよいよ9月になり、秋の気配が日を追う毎に濃くなっていくのが感じられるようになってきました。
さて、皆様、お待たせいたしました。今回は、秋の「パターンオーダーシューズ限定受注会」の日程が決まりましたので、ご案内いたします。 
それぞれの受注会の日程は、
「SHETLAND FOX」

9月16日(金)~9月25日(日)     <お引渡し予定:2012年1月中旬>
「Built to Order System」 

10月14日(金)~10月23(日)   <お引渡し予定:2012年1月下旬>
「工房職人の九分仕立て」

11月3日(祝・木)~11月13日(日) <お引渡し予定:2012年2月下旬>
と決定いたしました。 
今回も、今まで以上にデザイン・革素材・仕様等について、楽しんでお選びいただけるように検討を重ねてまいりました。
それでは、ここで、9月開催の「SHETLAND FOX」の内容についてご案内いたします。
今回が2回目となる「SHETLAND FOX」限定受注会では、前回ご要望の多かった「ナイツブリッジ」を追加し、「ケンジントン」「グラスゴー」「インバネス」「ノーフォーク」の5つのグループからお選び頂けるようにしました(※一部対象外のデザインがございます)。
中でも、「SHETLAND FOX」随一のドレッシーなブーツ系デザインがあるナイツブリッジで、「チャッカーブーツ」「サイドゴアブーツ」がお選びいただけますので、これからの秋・冬の装いにあわせていただけると思います。春と同様にコンビネーションも可能ですし、イタリア、フランス産等の革を好みに応じて組み合わせてお楽しみいただけます。
他に、「インバネス」と「ノーフォーク」では水染めコードヴァンもお選びいただけます。「アメリカンスタイルのロングウィングをコードヴァンで」などと思われていた方は是非ご一考を!
受注会は、はじめの仕様選びから出来上がり、そして履いてみてからのコーディネートと既製靴にはない楽しみがあると思います。それぞれの受注会について、自分が注文するならどうしようか? 受注会限定のデザインで作ってみようか?・・スエード素材やブーツデザイン等季節に合わせた仕様で作ってみようか? どんな革で・・どんなコンビネーションで・・考えるだけでも楽しみです。又、お客様はどのようにお選びになるのか?というのも楽しみですね。
オーダーサンプルも近々届きますので、このREPORT上でご紹介して行きたいと思っております。
また、10月、11月の受注会の内容も順次ご紹介してまいりますので、皆様楽しみにお待ち下さいね。

※各商品グループは過去のブログ CATEGORY「SHETLAND FOX」内でご覧いただけます。

こんにちは、ビスポーク工房の田沼です。


  さて、春の九分仕立てオーダー会が今週末に迫ってまいりました!

そこで、今回は素材とハーフミッドソール、ダブルソールの仕様についてお話させていただきます。


   こちらが今回より加わりましたダブルソールとハーフミッドソールです。

こんな感じで靴底が厚くなり、どっしりと安定感が生まれますね。まさにカントリーシューズ。

もともと英国的な顔つきをもつ九分仕立てラウンドトゥの木型に、とってもマッチいたします。

 

     次に今回ご用意いたしました素材ですが、通常の11種類+水染めコードヴァン5色に加え、

スペシャル素材としてイタリアンスエード、ブリティッシュスエードを6種類ご用意させていただきました。

それぞれの色、風合いなどをご覧いただき、是非お楽しみください!

20110407-2.jpg 新たに加わりました外羽根のデザインで、スエード素材、ダブルソールでちょっとカジュアルな靴などもお作りいただけます。

つくり手としても楽しみです。
 オーダー会は4/8(金)~4/17(日)までの10日間です。どうぞお気軽にいらしてください。
 
/8、9、16日は田尻が、4/10、15、17日は田沼が、リーガルトーキョーにて待機しております。

尚、8日と15日の金曜日は15:00~お店におります。

   こんにちは、「REGAL TOKYO」の斎藤です。

 


  毎年恒例になりました「Built to Order System」春の限定受注会が本日より開催です。 

 

「Built to Order System」 限定受注会
会期:2011年 3月18日(金)~3月27日(日)
お渡し予定:2011年6月上旬
価格:39,900円(税込)~  ゴルフシューズは52,500円(税込)~

 

 

  先週もお伝えした通り、今回の目玉はゴルフシューズのカラーオーダーが出来ることです。

 そこで、ようやく出来上がったサンプルシューズをご紹介いたします。

 

  まず一点目のポイントは、ゴルフシューズと言いながら底は英国製リッジウェイソールということです。

このゴルフシューズは「Built to Order System(以下BOSと省略)」をベースにしているのですが、BOSにはないショートウイングチップとサドルシューズのデザインをセレクトしました。受注会限定デザインのサドルシューズとも少し違います。

ですから、このデザインを気に入っていただいた方はタウンシューズ用の底を選択すれば、普段も履くことができるのです(Gウィズですからゆったりです)。

 

  二点目のポイントですが、今回受注会用にご用意した赤いエナメル素材とやや青みの強いネイビーの革、そして白い革です。

この3色を使い、目にも鮮やかなトリコロールにしてみました。

20110318-2.jpgさらにオプション(3,150円(税込))でキルトも付けられますので、このショートウイングチップに限れば4色使いなんてことも可能なのです。

 ちなみに、このゴルフシューズ、サンプルの通りにオーダーした場合は、63,000円(税込)です(ゴルフソールの場合は68,250円(税込))。


 その他にも通常のBOSのコンビネーションカラー、昨年好評だったサドルシューズなどもありますので、期間中に銀座へお越しの際はぜひ

REGAL TOKYOにお立ち寄りください。  

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

さて、突然ですが、期間限定で「九分仕立て」シューズの木型調整までできるというパターンオーダーフェアのお知らせです。


『REGAL TOKYO 工房職人の九分仕立てシューズ パターンオーダーフェア』

期間:2009年10月16日(金)から11月3日(火)

お渡し予定:2010年1月中旬

価格:89,250円(税込み)~

アッパー素材:コスティル(仏)、アノネイ(仏)、デュプイ(仏)、C.F.ステッド(英)、ウェンハイマー(独)など 18種類


毎年春に開催していた工房9分仕立てのパターンオーダー受注会ですが、急遽秋にも行うことに致しました。 ここ数ヶ月、工房の職人と店頭販売スタッフとの間で、九分仕立てシューズについて様々な議論や試行錯誤が行われてきました。それは、今までは、仕立ての素晴らしさは十分わかっていながらも、木型が1種類しか無かったため、特定のお客様にしか「ハンドラスティング」の靴の履き心地の良さをご堪能いただけてなかったからです。 しかし、今回、木型の一部分に肉付けをすることによって木型の修正が出来るようになったため、より多くの方に「ハンドラスティング」の靴の素晴らしさをお試し頂けるようになったのです。 そこでいち早くこの靴の履き心地を試していただきたく思い、急遽受注会を開催することになりました。

 ところで「ハンドラスティング(手釣り)」とは何か?ということを簡単に申しますと、普通は機械でやることの多い「釣り込み」、つまり木型(靴の原型)に革を合わせて引っ張る(成型する)ことを職人が手で行うことにより、木型に忠実な靴を作る技法なのです。 つまり木型が自分の足の形に合っていれば、オーダーシューズのような履き心地を味わうことが出来るのです(ちなみに当店のビスポークシューズはこの技法で作られており、既製靴では味わえないフィット感を実現しています)。 そこで是非ともこの機会に「手釣り」による九分仕立ての靴の素晴らしさを知っていただきたいのです。 

 肝心のフィッティングは、まず試し履き用の靴を履いていただき、サイズを確定します。 問題が無いようでしたら、そのままの木型で製作しますが、フィッティングに違和感がある場合はビスポークシューズの職人がお客様のペドカルテ(足の外形線、足の各部の寸法を記載した用紙)を作製し、どこにどのくらい木型に肉付けをするかを判断します。 ビスポークとは違いますので、木型を新たに作ることは出来ませんが、大体のお客様はこの調整で大丈夫なはずです。 

 もちろん、パターンオーダーですから、素材も海外の著名タナリーのものを色々揃えていますし、ライニング(内張り)やソールステイン(底の色)も各種取り揃えています。 あと、オプションでつま先にトゥキャップを付けてストレートチップにしたり、ウイングチップにしたりもできますよ(追加料金2,100円)。 

  自分も3足履いているのですが、ヒールカップのホールド感がすばらしいですし、通常のグッドイヤーウェルト製法の1.5倍以上厚い中底を使用しているにもかかわらず、非常に底の返りが良いのに驚かされました。 とにかく、皆さんにぜひこの感覚を味わっていただきたいので、どうぞお気軽に試し履きしてみてくださいね。 

それから、どんなところでこの九分仕立ての靴が作られているか、興味のある方、いつでも工房をお見せいたしますので、お気軽に声をかけてください。 どんな職人が自分の靴を作るのかを知っていただければ、その1足は更に愛着溢れるものになるはずですから。

 自分だけの1足を銀座の工房で誂える。 そんな贅沢を是非味わってみてください。


20091009-2.jpg


20091009-3.jpg

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

REGAL TOKYO REPORTをご覧の方に耳寄りなNEWSです。



REGAL TOKYOでは9月11日()から9月27日()まで、REGAL TOKYO WEEKを開催します。 それは、期間中にREGAL TOKYOにて20,000円(税込み)以上の靴をお買い上げいただいたお客様に、革製ポーチに入ったシューケアキットをプレゼント! というものです。


 ところでREGAL TOKYOのメンバーズカードをお持ちのお客様、 もしかしたら、このフェアのお知らせの葉書が届いているかもしれませんが、もうご覧いただきましたか? 自信を持ってオススメする秋冬の新作が掲載されているのですが・・・。申し訳ありません。 一部商品の出来上がりが遅れてしまい、REGAL TOKYO WEEKに間に合わないかもしれないんです。 楽しみにしている皆様、本当にごめんなさい。 もし、お目当ての靴があるかどうかご心配でしたら、お気軽にお電話ください。 


 とは申しましても、ちゃんと秋のオススメアイテムは他にも揃えていますので、安心して御来店ください。 それではスタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしています。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss