こんにちは、REGAL TOKYOの門脇です。

今年は、ホントに寒い!日が続いております。これだけ寒いと身体が温まる物が

食べたくなります。お昼は麺類が多いですねぇ・・夕食は、お鍋が多いでしょうか。

最近のお鍋は、様々なお鍋の素があるので、色々と楽しんで美味しく食べております。

 

さて、来週の16日(金)より、’18年春のパターンオーダー会第一弾「Last#50 Special」

パターンオーダー会を開催いたします。

本日は、日増しにお客様からのお問合せを多く頂いている甲革素材について、今回

初めてご用意したおススメの甲革素材をご紹介いたします。


今回のパターンオーダー会では、タンドカーフの新色、黄味のブラウンと深紅のワイン

とグレーの3色をご用意する事が出来ました。

トップの写真は、その甲革のサンフ゜ルを担当者より拝借したものです。

 

タンドカーフは、定番でお選び頂ける上の写真の赤みの強いブラウンと渋みの

ダークブラウンの2色に、今回のパターンオーダー会でご用意した3色を加えた

5色からお選び頂けます。

この素材は、お手入れを施しながら履いていくと、革の風合いが変化していき、

革の艶や深み、味が増していき、所有している方だけの仕上がりとなっていきます。

 

トップの写真で、各色にクリームを塗るとどうなるのか試してみたところ、タンド

カーフの特徴の一つなのですが、どの色にもクリームが染み込みやすく、塗り方に

よって好みの仕上がりに出来るなぁと感じました。

お手入れを施しながら、革の風合いの変化を楽しみながら、自分好みに仕上げて

みてはいかがでしょうか。


5色の中でグレー色は、今までのパターンオーダー会では馴染みのない色ですが、

ブラックとのコンビネーションで組み合わせてみたり、お手入れを施しながら好みの

靴に仕上げたりと、このパターンオーダー会ならではの仕様でお作りになってみては

いかがでしょうか。

 

では、パターンオーダー会の開催に先駆けて、’17年秋のパターンオーダー会でお作り

頂いた靴をいくつかご紹介いたしましょう。

 

◎甲革/色 : サドルカーフ(仏)(ブラウン)
◎細革/鳩目 : ギザスリットタイプ / 表鳩目(アンティークゴールド)
◎価格 : ¥59,400(税込)

◎甲革/色 : サドルカーフ(仏) × スエード(英) (ダークブラウン × ベージュ)
◎細革/鳩目 : ストームタイプ / 裏鳩目
◎価格 : ¥62,640(税込)

◎甲革/色 : 手もみ革(国産) × タンドキップ(国産) (ブラウン × ネイビー)
◎細革/鳩目 : 平タイプ / 表鳩目(アンティークゴールド)
◎価格 : ¥54,000(税込)

 

’17年秋のパターンオーダー会でご用意いたしましたサドルカーフ(仏)は、たくさん

の方にお選びいただきご好評となりました。ご要望にお応えして、今回のパターン

オーダー会でも引き続きブラック、ブラウン、ダークブラウンの3色をお選び頂けます。 

 

なお、明日より靴サンプル、甲革などパターンオーダー会の準備を進めていく予定です。

明日より3連休となりますので、ご検討の方やご質問がありましたら、お気軽にご来店、

お問合せくださいませ。
皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 
2月は、26日がお休みです。 2月12日(祝・月)は、通常営業いたします。
(2月19日(月)は、パターンオーダー会期間中につき、通常営業いたします)

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。


お正月も終わり、今週からお仕事始めの方も多いようです。

今季は、寒い日が続いており、インフルエンザに罹る方が増えているようですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、「REGAL Built to order system」パターンオーダーについて、お話したい

と思います。
私達スタッフ内では、「REGAL Built to order system」の事をBOS(ボス)と呼んで

います。BOSでは、16種類のデザインと2タイプの爪先、甲革素材や底材、ライニング

等から仕様を選び、3つのウィズと23~28cmのサイズから足型にフィットするものを

お決めいただき、お好みの1足をお作り頂けます。

 

それに加え、REGAL TOKYOでは、店舗限定でお選びいただけるメニューがいくつか

ありますので、ご紹介いたしましょう。

まず、Uチップ、ストレートチップメダリオン、ウイングチップAタイプ、ダブルモンク

ストラップ、ウイングタッセル、サドルシューズの7種類のデザインで上の写真のような

2種類の甲革コンビネーションがお選び頂けます。(オプション¥2,160(税込))

甲革素材では、オーダー会でも好評のアニリンカーフのNAVY色とスエードのNAVY色

がお選びになれます。

甲革コンビネーションでお選びになる方も多いホワイト色の甲革もございます。

この甲革1色で作るホワイトの革靴も新鮮で、足元に映える1足になるのではないで

しょうか。

デザインでは、ビットスリップオンがお選びになれます。

金具の色はシルバーとアンティークゴールドの何れかを選択可能です。

仕様では、ヒール素材でREGAL TOKYO耐久化粧ヒールが選べます。

ハーフプロテクトヒールの化粧のゴム部分は通常ヒールの2倍以上の耐久性があり

ます。(オプション¥2,160(税込))
お客様からご好評を頂いておりますが、私もオーダーする際には必ず選んでいます。

ライニングカラーは、通常カラーにパープル色とキャメル色を加えた7色からお選び

頂けます。

革底のソールステインのカラーは、パープル色とカーキ色が選択できます。

ライニングでもお選び頂けるパープル色は、REGAL TOKYOのイメージカラーに

なっており、シューソックスや靴箱の内面の色に使われています。

REGAL TOKYOでは、すべてのデザインサンプル、各種の甲革、底仕様、底仕上げ

のサンプルがご覧いただけます。サイズフィッティング用の靴を揃えていますので、

お客様にゆっくり、じっくりとお選びいただけます。

REGAL Built to order systemをご検討の方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

今週も、皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 
1月は、15日、22日、29日がお休みです。

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

『Only One - Bespoke - 』

December 22 2017

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

 

今年の12月は一段と寒い日が多いとか・・・。 お出かけには、コートにグローブや

マフラーも欲しくなりますね。ここの所、雨が少なく晴れの日が多いので、お気に入り

のコードヴァンや革底の靴が履けるので、私は気分良く出掛けられます。

皆様は、いかがでしょうか?

 

さて、本日は、最近ビスポークの靴をお渡し出来ましたので、ご紹介したいと思います。
当店お馴染みのお客様で、今回の靴が2足目のオーダーとなりました。
2足目のご注文の時に、職人と要望をお伺いしながら1足目の靴のフィッティング確認

をさせていただき、木型の修正をかけて、2足目をお作りいたしました。

お客様が出来上がった靴をお履きになった時には、「今まで経験したことが無いくらい

ぴったり足に合っていて、どこにもストレスなく、まるで靴下を履いているかのような

感覚!」と、とても嬉しいお言葉をいただきました。

お客様は、足長はあるのですが甲が薄く、幅も細身の足型をされています。

今まで様々な靴をお履きになってこられましたが、中々求めている履き心地の靴が無い

との事で、当店を初めてご来店下さいました。
上の写真をご覧いただくと、とてもスマートな木型の靴だとわかると思います。

お客様は革質への拘りもお持ちで、ワイン系のカラーで履き込むほどに革の経時変化

が楽しめる素材が今回のご要望でした。そして、数ある工房の甲革の中からフランス

製のデッドストックの革をお選びになりました。

 

デザインでは、歳を重ねて永く愛用でき、お仕事でも休日でも使えるUチップをお選び

になりました。つま先に縫い目の見えない「スキンステッチ」やUチップのモカ部分に

独特のうねりをもたらす「ライトアングルステッチ」など、随所に拘りの仕様のオーダー

でした。
ビスポークのオーダーは、デザインや色、素材、フィッティングなどお客様のご要望を

職人が聞き、それを「かたち」にしていきます。お客様と職人が話し合いながら「かたち」

にしていく・・BESPOKEは『Be Spoken』が由来と言われますが、靴のオーダーを承って

いる職人とお客様のやりとりを見ていると、毎回その通りだなぁと感じます。

 

REGAL TOKYOでは、自社工場で作る「REGAL Built to Order System」のパターン

オーダーとビスポーク職人が作る「九分仕立て」パターンオーダー、そして職人がお客様

の足型からお仕立てする「ビスポーク」の3種のオーダーを承っております。

 

日頃から、デザインや革素材、カラーなどお好みの靴を求めて、たくさんのお客様が

来店されます。そんな中で、様々な靴をお履きになってきて、サイズが合わないとのご相談

で、ご来店になる方もたくさんいらっしゃいます。


足の長さや幅の広さ、甲の高さ、人それぞれの形が違いますので、足にフィットしない靴

を履いていると、とてもストレスになり、足にも負担となります。

お悩みの方、お探しの方は、ぜひお立ち寄りいただき、遠慮なくご相談ください。

 

銀座の街にはイルミネーションが輝き、今度の日曜日はクリスマスイブとなり、華やかな

賑わいとなることでしょう。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

皆様のご来店をお待ちしております。

 

最後に、今回ご紹介させて頂いた靴は、靴が好きで、その中でも革が好きで、ご自身でも

お手入れをしながら大事にお履きになるお客様のビスポークの靴をご紹介させていただき

ました。この場をお借りして、お礼を申し上げます。


●REGAL TOKYO ‐ Bespoke ‐
・価格 : ¥270,000(税込)~
 ・納期 : 約6か月(受注状況により延びる場合がございます。)
 *ご注文、職人との相談をご希望の方は、事前にお問合せ、ご予約下さい。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
12月は25日がお休みです。

 

年末年始は、12月31日、1月1日、1月2日の3日間お休みをいただきます。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
REGAL TOKYOでは、春と秋に3種のパターンオーダー会を開催しております。

本日より11月5日(日)まで秋のパターンオーダー会の第三弾「工房職人の九分仕立て

パターンオーダー会」を開催いたします。

 

上の画像は、今回のパターンオーダー会用にご用意した甲革の見本です。
その中で初お目見えするボナウド社(伊)の濃淡のムラ感がある革は、ブラック、ブラウン、

ダークブラウンの3色をご用意出来ました。

他に、以前のオーダー会でもご用意したボックスカーフ(独)のブラウン、ダークブラウン、

スエード(伊)のワイン、モスグリーン、グレー、型押し革(伊)のブラック、ダークブラウン、

コリペル社(伊)のガラス革でレッド、パープルそしてブラックのエナメルが足数限定で

ご用意できました。
今回は、スムース革、スエード、型押しなど素材や色も増えて、パターンオーダー会

ならではの仕様でより一層お楽しみいただけるのではないかと思います。


九分仕立てパターンオーダーには、大きく分けて2種類の木型があります。

一つは、上の画像のシャープなチゼルトウの爪先が特徴の193型です。272型よりも

やや細身の木型で、実は九分仕立てパターンオーダーはこの木型からスタートしました。

この木型では6デザインからお選びいただけます。
もう一つがオーセンティックな木型の272型です。昨年秋のオーダー会でローファーが

デビューして、20デザインという豊富な選択肢があり、それぞれのデザインの爪先は、

ラウンドトウとスクエアトウの2タイプからお選びいただけます。

 

ここで、お作り頂いたお客様の靴をご紹介させていただきます。

 

●木型:193型 
●甲革:カーフ×カーフ(ブラック×グリーン) ¥151,200(税込)

●木型:272型(ラウンドトウ)
●コードヴァン(ワイン) ¥172,800(税込)

●木型:329型(レディース)
●カーフ(ネイビー) ¥128,520(税込)

 

そして、レディースは9デザインからお選びいただけます。
レディースは、メンズの272木型のノーズを短くしただけでなく、シルエットを細身にして

メンズよりも華奢に見えるオーセンティックな木型にしています。

以前、ご夫婦でお揃いの仕様の靴をお作りになった方もいらっしゃいました。

 

九分仕立ての靴は、土踏まずからかかと周りを無理なく包み込んでくれる履き心地で、

1日中履いていても足に負担を感じることなく心地良いです。そして、出来上がりの靴を

見ても、綺麗なミシンのステッチワークや穴飾り、ハンドラスティングで木型なりにしっかり

釣り込まれたつま先のエッジや曲線は、手間と時間をかけていることを感じます。

 

ぜひ、興味のある方は、試し履き用のサンプルに足を入れて履き心地を実感できますので、

お気軽にお立ち寄り下さい。

 

パターンオーダー会期間中の土曜、日曜は、職人が終日店舗におりますので、私達スタッフ

一同共々お客様のご来店をお待ちしております。


●工房職人の九分仕立てパターンオーダー会 (仕様)
・開催期間 2017年10月27日(金)~11月5日(日)
・サイズ  メンズ:23.0~28.0cm (チゼルトウタイプは27.0cmまで)
         レディース:21.5~25.5cm
・木型調整 幅/甲のみ調整可 <*オプション ¥10,800(税込)>
(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格   メンズ: ¥129,600(税込)~  レディース:¥113,400(税込)~
・お渡し予定  2018年1月下旬~


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
10月30日(月)は、工房職人の九分仕立てパターンオーダー会期間中につき、

通常営業いたします。
11月は6日、13日、20日、27日がお休みとなります。

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。


去る10月15日(日)まで開催しておりました「LAST#50スペシャル」パターンオーダー会も盛況

のうちに幕を閉じる事となりました。ご来店、ご注文を頂いたお客様には厚く御礼申し上げます。
オーダー会期間中から、天候が定まらず、ちょっとした晴れの天気もほんの束の間でした。

気温もぐっと下がって参りましたが、私としてはファッションが楽しめる季節として前向きに

とらえております。

 

話は変わりまして今回のReportでございますが、タイトルにもある通り「色の変化を楽しむ」と

いう事で、トップの写真でご紹介しているのは、「REGAL Built to order system」でお選び頂ける

「ベジタブルタンドカーフ」のブラウンを3種類のデザインサンプルでお作りしたものです。
この素材はお手入れ方法によって着用が進むにつれての変化を非常に楽しめる革でございます。
REGAL Built to order system 「チャッカーブーツ」
【選定甲革:ベジタブルタンドカーフ(仏)】
基本価格 ¥58,320(税込)+ブーツデザインオプション¥2,160(税込) ※基本価格はお選び

になる甲革素材によって変わります

 

足首を包む「防寒品」の役割が大きく、季節柄ご注文が増えて参ります「ブーツデザイン」ですが、

店頭のサンプルは製作からの年数の経過によりこのような変化となりました。そして、今お客様

にお渡しする完成時の状態がこちらでございます。
植物から抽出されるタンニンを使用し、焦がし仕上げによる赤身がかった濃淡が鮮烈かつ味わい

のある雰囲気です。2つの靴を並べてみましょう。
店頭のサンプルは、長年に亘る店頭展示によってかなり退色しておりますが、爪先のシュー

ポリッシュによるハイシャインで変化が見て取れます。光にさらし続ける事がありませんので

通常ここまで極端には変化しませんが、皆様ご自身のお手入れで個性の生まれる、まさに

「色の変化」をお楽しみ頂ける素材です。※ご注文の際にはサンプルシューズと共に革見本

にてお客様に仕上がり状況をご確認いただいております

 

また、「REGAL TOKYO ORIGINAL」シューズでも代表的なモデルでこの「変化」が味わえます。


REGAL TOKYO ORIGINALシューズ
【W939ウイングチップ(右)】【W937プレーントウ(左)】
素材:牛革(伊)
製法:グッドイヤーウエルト式製法
底材:レザーソール+REGAL TOKYOオリジナル耐久ヒール
価格:¥41,040(税込)

 

お馴染みのモデルです。写真ではその差がはっきりと表現できていないので申し訳ないの

ですが、右のウイングチップはニュートラルのクリーム、左のプレーントウはダークブラウン

のクリームを甲革に塗ってみました。

クリームの色の吸収による変化の為比較的早くその変化が楽しめます。
同じ素材の靴がお手入れや使用環境で様々な表情を生み出すのが「革」の魅力であり、

お手入れの楽しさなのではないかと思います。

REGAL TOKYOでは、こういった「色の変化を楽しめる」靴をオリジナルシューズや

オーダーシューズでご紹介しております。

皆様の「色の変化」「こんな色になっていって欲しいな」というお話しをぜひ、REGAL TOKYOで

お聞かせ下さい。

 

それでは、今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
10月は23日がお休みです。11月は6日、13日、20日、27日がお休みとなります。
※なお、10月30日(月)は「工房職人の九分仕立て」パターンオーダー会開催期間中の為通常営業いたします。


ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、工房の田尻です。
今回も、九分仕立てパターンオーダーの靴をご紹介させて頂きます。

 

トップの靴の素材は、アノネイ社(仏)の NAVYです。
内羽根プレーントウですが、黒ではなくネイビーです。ライニングのオレンジも挿し色になっていて

マッチしています。この革はどこかnobleな雰囲気を醸し出してくれます。

 

甲革:シャラダ 起毛(BROWN)
我々が扱うイタリア、シャラダ社の革は、英国のCFステッド社と比べて色味に表情があり、毛足が

少し長くて柔らかい印象があります。こちらの底周りはストームウエルトを踵一周縫い上げている

ダイナイトソール仕様となっております。

昨年1足目をご注文頂き、その時と同じ木型修正を施してあります。

 

甲革:ヴァインハイムレダー(黒)×アノネイ(NAVY)
黒、ネイビーにライニングは赤色です。とてもデザインバランスと配色バランスがうまく取れてる

と思います。オーダーは出来合いの商品をそのまま製作するのではないので、受注時にどれだけ

細部までお客様のイメージを具現化できるかが大事だと思っています。

お客様のイメージをそのまま形に出来るよう工夫していけたらと考えています。

 

甲革:ホワイトバックス × コードバン(TAN)
サドルタイプでは鉄板とも言える白とタン色のコンビです。ソールは生地のストームウエルトを一周

縫ってアメリカンらしさを演出しています。ライニングのオレンジも良いですね。

いつも素敵な装いでご来店され、本当にお洒落で素敵なお客様です。

 

甲革:アノネイ(NAVY) × ヴァインハイムレダー 型押し(BLUE)
写真では判りづらいですが、ブルー系の2色コンビです。コンビシューズは上記のように対色を

使ったものが多いですが、同色系の異素材というのも人気があります。ヴァインハイムレダーの

当革は柔らかいので、屈曲する部分には最適だと思います。

 

甲革:アノネイ (NAVY)
シングルモンクストラップも黒・茶系が殆どですが、NAVYはオーダーならではだと思います。

バックルの色とも相性が良く、ライニングのオレンジもアクセントに一役買っています。REGALの

靴を色々履いて頂き、今回初めて九分仕立てをオーダーして下さいました。

 

甲革:アノネイ (WINE) × CFステッド (BEIG)
こちらは、上記のモンクストラップと同時にオーダーいただいた靴です。ワインとベージュの起毛

素材がとても相性が良く、つま先の大きなメダリオンもスクウェアトウにマッチしています。

受注時は靴や服に対する考えや、革選び、フィッティングのことなど色々とお話しさせていただき

ました。

 

以上2回に亘って最近完成した九分仕立ての靴をご紹介してきましたが、九分仕立てパターン

オーダーにご興味を持たれた方は、是非店頭で足入れサンプルを試し履きしていただき、ハンド

ラスティングの靴の履き心地を体験して頂けたら嬉しいです。


秋からまたパターンオーダー会を仙台や名古屋でも開催いたします。心より皆様のご来店をお待ちしております。

 

 

こんにちは、工房の田尻です。
朝夕日ごとに涼しくなってきましたが、お変わりなくなくお過ごしでしょうか。今年は夏らしい“夏”を

満喫出来なかったという声を良く聞くのですが、皆様はどんな夏でしたか。


それでは最近の九分仕立てパターンオーダーの靴をご紹介させて頂きます。


トップの写真の靴は、アノネイ社のボックスカーフ 黒 × 藍染めシボ革 のコンビシューズです。

藍染革は今年の春のパターンオーダー会限定素材でした。普段はビジネス色の強いデザイン

ですが、素材で大きく表情が変わりました。

 

 甲革:ワインハイマーレダー社 黒 × コスティル社 グリーン
コスティル社のグリーンもパターンオーダー会限定素材でしたが、黒とのコンビで他にはない上品

な逸品に仕上がりました。何足も九分仕立てパターンオーダーをご注文下さっているお客様で、

いつも丁寧にお手入れをして下さっています。

モノを大事に扱うって素敵だなあといつも感心させられてしまいます。

 

 甲革:アノネイ社 ブラウン#3610
女性の九分仕立てパターンオーダーの靴です。革が馴染んで足の形状を記憶してきた頃には、

きっと手放せない靴になっているでしょう。(そうなったら靴屋冥利に尽きます。)

 

 

  甲革:ワインハイマーレダー社 ダークブラウン
黒色と同様、マットな仕上がりです。内羽根パンチドキャップトウなのでどこか昔のアメリカン

シューズにありそうな雰囲気に仕上がりました。

内羽根のキャップトウって今は殆どが黒しかイメージが無いと思うのですが、ヴィンテージシューズ

を見ると、今は黒色しか無いようなデザインの靴でも色んな色が使われていたりします。


※写真の掲載にご協力いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

 

これからも折をみて、九分仕立てパターンオーダーの靴の完成品をご紹介させて頂きます。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 9月は11日、25日がお休みです。
※なお、9月18日(月・祝)は「REGAL Built to order system」秋のパターンオーダー会の為

通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
今年の東京の梅雨は、雨が少なく真夏の様な日々が続いておりました。一方、本格的な夏を

感じる8月は梅雨のような雨の日々が続いて、まるで季節が入れ替わったようです。
お盆休みにお出かけの方も多いと思いますが、暑さ厳しい太陽と湿気を感じない8月は、なんだか

拍子抜けしてしまい、お出掛けの楽しみも半減してしまいますね。

 

REGAL TOKYOでは、春と秋にパターンオーダー会を開催しております。恒例となっている為か、

嬉しいお話ですが、8月になるとお客様からオーダー会のお問合せをいただきます。今年の秋も

3種類の「パターンオーダーシューズオーダー会」を9月中旬から11月上旬にかけて開催致します。

それぞれに異なる企画・内容で、お客様の嗜好にあったオーダー会ならではの靴をお選び、

お楽しみいただけます。 
 
毎年6月位から秋のオーダー会について、皆様に楽しんで頂けるように、担当者と打合せを重ねて

おります。本日は、『2017年秋のパターンオーダー会』の日程が決まりましたので、お知らせ

いたします。
(トップの写真 甲革:ボックスカーフ(独)×スエード(英)/ 色:ブラック×ブラック ¥69,120(税込) 「Built to order system」)

 

●第一弾  『 Built to Order System 』オーダー会
・日程: 9月15日(金) ~ 9月24日(日)  10日間
・価格:47,520円(税込)~  (ゴルフシューズは、60,480円(税込)~)
・お渡し予定:12月下旬~
*写真: 甲革:スエード(英)/ 色:コーヒーブラウン ¥58,860(税込)

 

●第二弾  『 LAST#50 Special 』オーダー会
・日程:10月6日(金) ~ 10月15日(日)  10日間
・価格:47,520円(税込)~
・お渡し予定:2018年1月下旬~
*写真:甲革:スエード(英)×キップ(国産)/ 色:ダークブラウン×ブラウン ¥60,480(税込)

 

*メンズ 甲革:カーフ(仏)/ 色:ネイビー ¥135,000(税込) 

*レディース 甲革:カーフ(伊)/ 色:ライトブラウン ¥115,560(税込)
●第三弾 『 工房職人による九分仕立て 』オーダー会
・日程:10月27日(金) ~ 11月5日(日)  10日間
・価格:メンズ 129,600円(税込)~  /  レディース 113,400円(税込)~
・お渡し予定:2018年3月上旬~


パターンオーダー会では、通常オーダーに増して甲革素材などの仕様がお選びいただけて、より

スペシャルな1足をお作りする事ができます。「LAST#50 Special」オーダー会は、この期間に

REGAL TOKYOでのみ開催しているオーダー会です。
それぞれのオーダー会の詳細については追って当Reportでご案内いたします。

「こんな靴は作れますか?」などお問合せやご質問などがございましたら、お電話や店舗にお立ち

寄りの際に、お気軽にスタッフへお尋ね下さい。

 

今週も皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  8月は、21日、28日がお休みです。 
9月は、4日、11日、25日がお休みです。
(9月18日(祝・月)は、パターンオーダー会期間中につき通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

工房の田沼です。
今回は、過去にビスポークシューズのオーダーを頂いた靴の中からクラシックなアメリカ靴に

よく見られたディテールを盛り込んだコードヴァンの靴をご紹介させて頂きます。

ウィスキー色のコードヴァンのプレーントウダービー。

ストームウエルト、ダブルソールというアメリカンな仕上げ。羽根の切り替えしにヴィンテージ靴に

見られるラインをのせて。※トップ画像も

 

こちらは、黒のコードヴァンのモンクストラップにブローギングを施したもの。
大き目のバックルを用い、スリットウエルト、1周縫いで底回りにもボリュームを持たせました。

 

リーガルがアメリカより日本に上陸して50有余年。
何年もリーガルの靴をご愛用頂いているお客様よりこういったオーダーを頂けることも多く、お客様

がお求めの「アメリカンな雰囲気」を出すことが出来るように心がけております。

また、先人の方々が築いてきた歴史に恥じぬ靴をと肝に銘じております。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss