ご無沙汰しております。工房の田尻です。

昨年の10/26~27の二日間、「阪急メンズ大阪」にて九分仕立てパターンオーダー会を行わせて頂きましたが、その時にオーダーして頂いた靴が出来上がりましたのでご紹介させて頂きます。
(HP上で掲載させて頂くことに同意して頂いた方のみをUPさせて頂いております)

1. M様 外羽根プレーントゥ コードバン 黒
RB1004_CordovanBL.jpg
ストームウェルトにダブルソールでアメリカンタイプに仕上がりました。

2. T様 外羽根ロングウィングチップ コードバン ネイビー
RB1005_CordovanNAVY.jpg
昨年に続き2足目をオーダーして頂きました。ネイビーのコードバンでこのデザインは中々見かけないのでは。

3. M様 内羽根ストレートチップ BOXカーフ 黒
RB1006_WLBoxcalfBL.jpg
バタクのスーツを恰好良く着こなされておりました。王道の黒のストレートチップ。

4. K様 内羽根ロングヴァンプ コードバン ネイビー×スエード ネイビー
RB1007_CordovanNAVY×SuedeNAVY.jpg
コードバンと起毛素材による同色異素材はあまり見かけません。

5. S様 内羽根ストレートチップ BOXカーフ 黒
RB1008_WLBoxcalfBL.jpg
中底のつくりの違いによる屈曲性を感じて頂きました。マシンメイドとは全然違います。

6. O様 内羽根ストレートチップ(ロングヴァンプ) BOXカーフ 黒
RB1009_WLBoxcalfBL.jpg
ブリティッシュな雰囲気が出ています。ビンテージスチール装着。

7. K様 外羽根フルブローグ コードバン ワイン
RB1010_CordovanWINE.jpg
2足ご注文で、こちらはコードバンのワイン。経年変化が愉しみです。

8. K様 外羽根フルブローグ コードバン 黒
RB1011_CordovanBL.jpg
こちらはブラック。コードバンは履きこんでいくと毛羽立ってきますので、油分の強いクリームで定期的にメンテナンスが必要です。でも、その手間の掛け方が愛着に繋がります。

9. H様 内羽根 パンチドキャップトウ BOXカーフ 黒
RB1012_WLBoxcalfBL.jpg
熱心に売り場で商品の説明を聞いて下さったのが嬉しかったです。東京にいらした際はぜひREGAL TOKYOにも遊びに来てください。

10. M様 外羽根フルブローグ BOXカーフ 黒×センシブル 茶
RB1013_WLBOxcalfBL×SensibleBR.jpg
センシブルというのは国産の革で、職人さんが手で革を揉むことによってできる独特な型押しが特徴の革です。国産革も良いものが沢山あります。

11. A様 外羽根パンチドキャップトゥ コードバン ネイビー
RB1014_CordovanINDIGO.jpg
前回に引き続きオーダーして下さいました。ネイビーがとてもお好きな方ですが、九分仕立てのフィッティングも足に合って履き易いとお電話を頂きました。

12. H様 外羽根パンチドキャップトゥ BOXカーフ 黒×センシブル 黒
RB1015_WLBoxcalfBL×SensibleBL.jpg
こちらも前述のセンシブルを使用。黒×黒のコンビなのでコンビとは判らないかもしれませんが...良く見ると違います。

13. T様 チャッカブーツ BOXカーフ 黒
手で釣り込むことによって得られるフィッティングはチャッカブーツも同じ。
しっかり踵をホールドしてくれるので短靴のような履き心地になります。

14. I様 内羽根パンチドキャップトゥ BOXカーフ 黒
RB1017_WLBoxcalfBL.jpg
長く大事に履ける靴が欲しいとの事で、九分仕立てをご注文下さいました。
やはり1足目は内羽根キャップトゥが多いです。

15. K様 チャッカブーツ コードバン ワイン
RB1018_CordovanWINE.jpg
コードバンのチャッカブーツは普段履きにもってこいです。
あえてラフに履いてもらいたいタイプですね。


改めてオーダーして頂いた皆様、ありがとうございました。
靴は道具なので、必ず修理やメンテナンスが必要になります。
その際は、お買い上げ頂いた売り場やお近くのリーガル専門店でも受け付けておりますので、いつでもご相談くださいませ。
またお会いできる日を楽しみにしております。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

年が明けて、寒さが身に染みる日が続きますねぇ。つい先日も雪が舞うほど寒い日がありました。雪と言えば、昨年、東京では予報以上の雪が降り大変だった事を思い出します。 今年は、どうなるのでしょうか?

さて、お店では、お客様とのお話の中でオーダー会の事を聞かれることが増えてきました。恒例となりました「REGAL TOKYO」の限定受注会がたくさんのお客様の知るところとなり、楽しみにしていただけていることを感じます。 

昨年の11月頃より、担当者との話の中で「次は、どうしましょうか?」「こんな甲革素材はないんですか?」・・・などなど、少しずつ話会い、打合せを繰り返しております。 少しでも、お客様に喜んで、楽しんでいただけるようにと、まだまだ、内容が詰めきれていない所がありますが、今回は『'15年春の限定受注会』の日程が決まりましたので、お知らせいたします。

2.L#50 POSample.JPG
●第一弾  『Last#50 Special限定受注会』
・日程:2月20日(金) ~ 3月1(日)  10日間
・価格:47,520円(税込)~
・お渡し予定:5月下旬~

3.BOS POSample.JPG
●第二弾  『Built to Order System限定受注会』
・日程: 3月20日(金) ~ 3月29日(日)  10日間
・価格:47,520円(税込) ~ (ゴルフシューズは、60,480円(税込)~)
・お渡し予定:6月中旬~

4.Kubu POSample.JPG
●第三弾 『工房職人による九分仕立て限定受注会』 
・日程:4月24日(金) ~ 5月6日(祝・水)  13日間
・価格:メンズ 113,400円(税込)~  /  レディース 97,200円(税込)~
・ お渡し予定:8月下旬~

それぞれの異なるパターンオーダー受注会でお客様の趣向に合った受注会がお選びいただけます。受注会用に革素材やオプションをご用意いたします。
 詳細が決まりましたら、このブログでご案内いたしますので、楽しみにお待ちください。 お電話でも、店舗にお立ち寄りの際にでもお気軽にスタッフへご質問ください。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
1月は、26日がお休みです。 2月は、2日、9日、16日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の2月23日は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

つい先日、女性のお客様がご来店されました。 店内を一通り見たところで、「すみません・・あのぉ・・・」と話しかけられ、「今度、プレゼントにオーダーの靴を考えているのですが・・・」とお話しになりました。 オーダーの靴について、ご説明させていただき、後日二人で来ますとご予約をいただきました。

ここのところ、プレゼントやお祝いにオーダーをご検討されるお客様が増え、結納返しや結婚式用に靴をオーダーいただくことが増えてきました。
また、毎年、結婚記念日にオーダーにご来店になるお客様もいらっしゃいます。そんなお話しを伺うと、とても嬉しく、数あるオーダー靴店の中から当店へお越しいただいた事に改めて感謝しています。


「REGAL TOKYO」は、REGAL店舗の中で、「Built to Order System」「工房職人による九分仕立て」「Bespoke」の3種のオーダーを常時受け付けている唯一の店舗です。

2.BOS Sample.JPG
「Built to Order System」は、REGALの工場で作るパターンオーダー靴です。「Built to Order System」の詳細については、HPを参照ください(http://www.regalshoes.jp/make/)。  REGAL TOKYOでは、上の写真のようにデザインや甲革など様々なデザインのサンプルがご覧いただけます。
3.BOS CombiSample.JPG
昨年の12月から上の写真3種類のデザインに限り、2種類の甲革を選択しコンビネーションが選択出来るようになりました。

4.KubuMensSample.JPG
次に、上の写真は、「職人による九分仕立て」のハンドメイドのパターンオーダー靴です。靴の製作の90%程を職人の手により作られる事から「九分仕立て」と言われます。店舗では、デザインや甲革など様々なデザインのサンプルがご覧いただけます。 レディスも昨年の春から展開を始めました。

5.BespokeSample.JPG
そして、世界で1足のオンリーワンシューズがオーダーできるのが「Bespoke」です。
職人とお客様との話し合いを重ねながら形にしていくことから「Be Spoken」が由来とも言われます。デザインや素材、色・・お客様が思い描く靴がオーダーできるのです。靴好きには、あこがれの1足となります。

以上がREGAL TOKYOで承っているオーダーのごくごく簡単な紹介でした。

さらに、REGAL TOKYOでは、春と秋にパターンオーダーの限定受注会を開催しております。
限定受注会では、甲革の種類、デザインなど受注会でのみ選択出来る仕様でオーダーすることが出来ます。近々始まる今年の春の限定受注会の日程については、後日ご案内いたします。

6.BOSPOSample.JPG
最後に、Built to Order System 限定受注会の作品から1点ご紹介しましょう。
甲革・色:ボックスカーフ ブラック
底材:ラバーコンポジットレザー
*つま先メダリオン「無し」仕様
価格:¥ 62,640(税込)

そして、パターンオーダー靴の履き心地や仕様については、ここでご説明するよりも、ぜひ店頭にてご確認、お試しいただきたいところです。特に履き心地については、サイズサンプルがありますので履き比べいただけます。

「REGAL TOKYO」の2階は、オーダーのフロアーになっております。様々なデザイン、甲革のサンプルが並んでおりますので、実際にお手に取って見る事が出来ます。詳細については、スタッフより詳しくご説明させていただきます。他、「こんな仕様でオーダーできますか?」などご質問がありましたら、お問い合わせください。

皆様のご来店、お問い合わせをお待ちしております。

「REGAL TOKYO」オーダーメイド
●Built to Order System パターンオーダー  ¥47,520 (税込)~
●職人による九分仕立てパターンオーダー  メンズ¥113,400 (税込)~
                          レディース¥97,200 (税込)~
●Bespoke フルオーダー ¥270,000(税込)~


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 
1月のお休みは、1月 19日、26日がお休みとなります。 
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、工房の田沼です。
今回は、「REGAL名古屋中日ビル店」にて12/10(水)~12/25(木)まで開催する「工房九分仕立て限定受注会」のご案内をさせて頂きます。

「REGAL名古屋中日ビル店」では、九分仕立てのパターンオーダー会を2011年より開催させて頂いておりまして、毎年恒例のイベントとなってまいりました。
これも毎回たくさんのお客様にお越しいただいているからこそでございます、本当にありがとうございます。

SemiBrogue.jpg
今回は、新デザインといたしまして内羽根のセミブローグとフルブローグが加わりました。定番のデザインが追加されたことで、より楽しくデザインをお選びいただけるかと存じます。

また、素材といたしましては、「国産手もみ革」をご用意させて頂きました。こちらは職人が1枚1枚「船」と呼ばれる道具を使い、手作業にてシボをつけた非常に味わい深い素材でございます。
新デザインとの相性も抜群です。


KubuLadiesSample.jpg
更に本年より加わりました工房九分仕立ての婦人靴も展示し、ご注文を承ります。
こちらは、9種類のデザインの中よりお選びいただき、紳士靴同様ビスポークアトリエにてアッパー縫製、つり込み、すくい縫いまでを作らせて頂き、その後自社工場にて底付をするものです。

紳士、婦人ともに手で釣り込むことで木型の形が忠実に再現された靴の履き心地を是非とも体感して頂ければ と存じます。

また、期間中12/20(土)~12/21(日)の2日間は、私 田沼が店頭にて靴作りの実演、九分仕立てなどのご案内などをさせて頂きます。
ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。


こんにちは、工房の田尻です。
またまたオーダー会のご案内です。

11/29(土)、30(日)と「京都タカシマヤ」4F紳士靴売場にてビスポークと九分仕立ての同時受注会をやらせて頂くことになりました。
先月は大阪の「阪急メンズ大阪」で九分仕立て受注会をやらせて頂きましたが、関西で我々のビスポーク受注会を開催するのは初めてとなります。
 
九分仕立てのデザインサンプルは
をご覧ください。大阪でお会いできなかった方は、ぜひ京都にお越し頂ければ嬉しいです。

Bespoke2.JPG
ビスポークと九分仕立ての違いは、自分だけのオリジナルラストを作るということ、デザインの制限が殆どないこと、この2点が大きく違います。
製造工程は、出し縫い前までは九分仕立てもほぼビスポークと変わらないのですが、出し縫い以降がビスポークでは手で仕上げていくので、上の写真のように、よりエレガントな仕上がりになります。
フィッティングやデザインの面で九分仕立てで問題なければ九分仕立てでOKですし、九分の木型では合わない、違うデザインが希望という方は、ビスポークのご案内をさせて頂きます。ただ、ビスポークの方が素材もより多くの種類からお選びいただけます。

私も売場にお邪魔しますので、「京都タカシマヤ」で元気なスタッフと共に、ご来店を心よりお待ちしております。


こんにちは、工房の田尻です。

先月末に昨年に引き続き2回目となる「阪急メンズ大阪」、そして11/9まで「REGAL TOKYO」で17回目の九分仕立てのパターンオーダー会を無事に終えることが出来ました。
今年も多くのお客様、そして去年お越し頂いたお客様とお会いできまして、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。本当にありがとうございました。

その際に「阪急メンズ大阪」にて前回オーダーして頂いたF様が、お履きになった靴の様子を見せに足を運んで下さいました。
水染めコードバンのWINEで外羽根フルブローグですが、履き皺も綺麗に付き、良くお手入れもされてとても状態が綺麗でした。ビンテージスチールの交換で今回はお預かりすることになり、後日工房でメンテナンスも含めお直しを致しました。

Before Maintenance.JPG
VintageSteel Before.JPG
                    修理前の状態

修理のために戻ってきた靴たちは、僕らにとっては「お帰り」という気持ちが自然と出てくるんです。やっぱり自分達で作ったものなので・・・。  修理箇所はもちろん、細かいところもチェックしてメンテナンスもしっかり行います。

After Maintenance.JPG
VintageSteel After.JPG
                      修理後の状態

お直し中は、靴との会話をしている感じになります。
毛羽立って白くなった繊維組織をしっかり油分の多いクリームなどで毛を寝かしていきましょう、良い子だからネンネしててね。つま先スチールも新しいものに交換、またしっかりつま先を守ってくださいね。靴紐もだいぶくたびれていたので交換、おつかれさんでした。と、まぁこんな感じでお直しをします。
そして工房でしっかりメンテナンスをされた靴たちはすっかり元気になってまたご主人の元に帰っていくことになります。

靴は革製品の中でも"身に着ける"という部分において使用感がとてもでてくる、いわば実用道具という側面が強いので、しっかりとメンテナンスをしていくことが大切です。
ビスポーク・九分仕立てを履いて頂いているお客様はいつでも我々にご相談くださいませ。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です

ただいま「REGAL TOKYO」では、「工房職人による九分仕立て限定受注会」開催中です。

先週の連休中、雨模様の中ご来店下さったお客様、HPを見てお調べになってご来店下さったお客様、恒例の記念日の日にご来店下さるお客様、たくさんのお客様にご来店いただきました。 
この場をお借りして、お礼を申し上げます。 誠にありがとうございました。
なお、「工房職人の九分仕立て限定受注会」は、11月9日(日)までとなっております。

さて、今週は、これまでにご注文いただいたオーダーの人気素材について、ご紹介したいと思います。

WineColourSample.JPG
1つ目は、上の写真の、フレンチカーフのワイン色です。とても、しなやかできめ細かくきれいな甲革で、お客様からご好評をいただいております。どれも厳選した甲革ですが、素材の中で、紅一点のおすすめです。

CordovanSampleShoes.JPG
2つ目の人気は、コードヴァンです。 上の写真は、コードヴァン素材で作ったスタイリッシュなチゼルトゥ 193型木型のサンプルです。
コードヴァンは、ブラック、ネイビー、ワイン、タン、カーキの5色あります(コードヴァン素材は、基本価格¥129,600~)。 希少素材のコードヴァンは、特有の艶が魅力的で存在感ありますね。 
革好き、靴好きには、手に入れたいひとつではないでしょうか。

kubu Ladies.JPG
今年の春よりデビューとなったレディースもメンズと同様にオーダー出来ます。
メンズよりもややノーズが短くやや華奢な木型です。ブラック、ブラウン系の甲革素材ですと、メンズライクな仕上がりです。
KubuLadies2.JPG
上の写真のようなネイビーのカーフ(仏)とスエード(英)のコンビは、レディースならではの素材の組み合わせではないでしょうか。この靴をご注文下さったお客様が、先日、お履きになってご来店下さいました。有難うございます。

kubu Combination.JPG
さて、ここで、私が以前カーフ(伊)とスエード(伊)のコンビネーションで作った靴をご紹介させていただきます。
ブラウン系の革が好きな私ですが、この靴は、始めは同色のスムース革とスエードで、春夏に履いていました。 だんだんとエイジングのお手入れと履きこみによって、アンティークに仕上がり、ゆくゆくはスムース革を濃くしていき濃淡の仕上がりになっていけばいいなぁと思っております。
九分仕立ての履き心地は、とても気に入っていますが、お手入れをしながらお気に入りの靴に仕上げていきたいと思っています。

お手入れと言えば、明日(11/8)、明後日(11/9)の2日間、REGALブランド 靴クリームの製造委託をしている ㈱コロンブス社から「お手入れのプロ」シューカラリストの三橋氏をお招きして、ご相談会を開催いたします。
Mr.Mitsuhasi Italy.jpg
お手入れ好きの私としても、お会いするのが楽しみになのですが、お手入れに興味のある方、困っている方は、是非この機会にお立ち寄り下さい!


*定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
11月は、10日、17日がお休みとなります。なお、24(祝・月)は、通常営業いたします。 
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。



こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
本日より「REGAL TOKYO」では、'14年秋の受注会第3弾となります「工房職人による九分仕立て限定受注会」開催です。

先週は、デザイン追加のご案内と限定革素材の紹介をいたしました。今週は、九分仕立てメンズの仕様について紹介したいと思います。 

まず、靴の木型は、2種類から選択できます。

Last272Sample.JPG
流行に左右されずベーシックな272型木型

Last193Sample.JPG
チゼルトゥのつま先が特徴のスタイリッシュな193型木型

そして、この木型それぞれのデザインバリエーションは、272木型は、18デザインあり、193型木型は、12デザインの中から選択できます。
そのデザインは、プレーントゥ、キャップトゥ、ウイングチップなど流行に左右されず、永くお履きいただけるデザインです。272木型には、つま先の形状が「Built to Order System(以後BOSと表記)」と同様にラウンドトゥとスクエアトゥの2種類から選択できます。 


14FW kubu LeatherSample.JPG
甲革は、ビスポークでも使われている厳選したカーフ素材を中心にスエード、型押し、コードヴァンなど味わい深いレギュラー素材と先週ご紹介した受注会限定の素材の中から選択いただけます。


14FW kubu LiningSample.JPG
次に、オーダー靴ならではの、ライニング色がBOSと同様に選択できます。九分仕立てでは、9色の中から選択でき、九分仕立てのみ選択出来るブルー、ピンク、オレンジ色があります。ライニングは、靴の用途に関係なく個性、好みの色が選択出来ると思います。
レッドやブルー、オレンジなど普段見えないところにワンポイントのアクセントを選んでみてはいかがでしょうか。

底仕様は、革底とダイナイトソール、カジュアル仕様のクレープソールから選択出来ます。革底仕様の場合は、ヒールの仕様、ソールステインが選択出来ます。

九分仕立てパターンオーダーのサイズは、23.0cm~28.0cm(チゼルトウ193型は27.0cmまで)。
幅については、BOSと違いウィズが選べませんが、幅や甲回りについて、多少の木型調整が可能です。店舗にご来店いただくと、サイズサンプルがありますので、履き心地のお試しが出来ます。

私が初めて履いた時は、足裏と土踏まずからかかと周りの程よいフィット感、足に吸いつくような履き心地が印象的でした。それは、手間と時間をかけたビスポークさながら、ハンドメイドならではの差なのだと実感しました。 お気に入りの1足、記念の1足、お探しの1足に、ぜひ、お試しになってください。

工房職人の九分仕立てパターンオーダー (仕様)
・開催期間 2014年10月31日(金)~11月9日(日)
・デザイン メンズ   193型 12デザイン / 272型 20デザイン
        レディス  9デザイン
・製法   ハンドソーンウェルテッド
・甲革   カーフ、スエード、コードヴァン 他
・本底   革底、ダイナイトソール、クレープソール(メンズのみ)
・ヒール  ハーフプロテクト(化粧釘仕様あり)、フルプロテクト、REGALTOKYO耐久ヒール(メンズのみ)
・サイズ  メンズ:23.0~28.0cm (チゼルトウ193型は27.0cmまで)
         レディス:21.5~25.5cm
・修理   オールソール&ヒール、その他
・木型調整 幅/甲のみ調整可(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格    メンズ: ¥113,400(税込)~  レディス:¥97,200(税込)~
・お渡し予定 2015年3月上旬~

ここで、お知らせです。
ShoeMaintenance.jpg

九分仕立て限定受注会開催中11月8日(土)、9日(日)にREGALブランド 靴クリームの製造委託をしている ㈱コロンブス社から「お手入れのプロ」シューカラリストの三橋氏をお招きして、ご相談会を開催することとなりました。
お手入れに興味のある方、困っている方は、是非この機会にお立ち寄り下さい!


*定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
11月は、10日、17日がお休みとなります。なお、「工房職人の九分仕立て限定受注会」期間中の11月3日(祝・月曜日)と24日(祝・月曜日)は、通常営業いたします。 
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。




こんにちは
工房の佐々木です。
REGAL仙台の受注会も無事終わりました。ご来店下さったお客様、どうもありがとうございました。
今週末は梅田の「阪急メンズ大阪」での受注会です。お近くのお客様ぜひいらして下さい。

今日は、10/31から始まるREGAL TOKYO九分仕立て秋のパターンオーダー会のご案内です。
今回のオーダー会から新しいデザインを追加します。
新しいデザインといっても定番中の定番、内羽根タイプのセミブローグとフルブローグです。

紳士九分仕立て
2010年秋、272ラウンド木型の九分仕立てスタート時からB905という内羽根タイプのセミブローグとフルブローグはあり、今までたくさんのオーダーを頂きました。このB905は内羽根タイプでも羽根がアデレイドタイプといって、竪琴、わかりやすくいうとバイオリンのような形をしています。私はこのデザインも好きなのですが、ごく一般的な内羽根のブローグのニーズが多いと聞き、この秋から追加することにしました。

B913 内羽根 セミブローグ

IMG_6566 -1.jpeg

●甲革:アノネイ社 ワイン
●ラスト:スクエア

アノネイ社のワインは、今までビスポーク限定の革でしたが、落ち着いたワイン色の要望がありレギュラーの選択肢に加えました。引き続きゾンタ社の赤みのあるワイン色も選択出来ます。




B914 内羽根 フルブローグ

IMG_9369.jpeg

●甲革:C.F.ステッド社 起毛 茶
●ラスト:ラウンド

アッパー素材を起毛にするだけで雰囲気がだいぶ変わります。

今回の受注会の限定革は、国産の手揉み革です。色は4色(黒・ネイビー・濃茶・茶)用意してあります。手揉み革については2014.10.1のブログに詳しく書いてあります。



婦人九分仕立て
2014年春からスタートした婦人の九分仕立て。
こちらも内羽根タイプのセミブローグとフルブローグを追加します。


J708 内羽根 セミブローグ

IMG_4869.jpeg

●甲革:ワインハイム社 BOXカーフ
●底付:ドレスタイプ

革の断面が白いので初めはニュートラルのクリームで仕上げ、この雰囲気を出してみました。穴飾りに黒のクリームを入れるとまた表情が変わります。
裏革も黒にして重厚感を出してみました。




J709 内羽根 フルブローグ

IMG_5026.jpeg

●甲革:C.F.ステッド社 起毛 白
●底付:カジュアルタイプ シングル

セミブローグのサンプルと対照的にコバ色を生地色にし、カントリーぽい靴にしました。
同じ木型でほぼ同じデザインでも選択する革や底付によって大きくイメージを変えられるのが、このパターンオーダーの楽しさだと思います。



今回の受注会の限定革は、ウェインハイムレダー社の型押し革です。色は5色(白・赤・ネイビー・キャメル・チョコ)で柔らかめの革なので女性におすすめです。そして発色が独特でとてもきれいです。


LimitedLeather WH WaproLux.JPG

ブログでのご案内になりますが、九分仕立てオリジナルシューツリーが原材料の高騰により10/31の受注会から¥20,000(税抜)に変更させて頂きます。

オーダー会期間中の金、土、日祝日は工房スタッフも店頭にいます。皆様のご来店をお待ちしております。
それ以外の曜日を希望されるお客様はお店までお問い合わせ下さい。



IMG_3935.jpeg
B913とJ708を並べてみました。
革や木型、メダリオン以外で違うところがあるのですが、お気づきになりますでしょうか?


*定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  
10月は、27日がお休みです。
11月は、10日、17日がお休みとなります。
なお、「工房職人の九分仕立て限定受注会」期間中の11月3日の(祝・月曜日)と24(祝・月曜日)は、通常営業いたします。

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。



  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss