10月18日(金)から始まった「LAST#50SPECIAL限定受注会」には雨・風が強い中、多くのお客様にご来店並びにご注文をいただき、誠にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。今週末も台風の接近が気になるところですが、27日(日)までの開催となりますので、「こだわりの1足」をお考えの方は銀座にお立ち寄りくださいませ。

 

さて、秋の限定受注会も、来週の11月1日(金)から第3段の「工房職人の九分仕立て」限定受注会が始まります。今回は、展開デザインの追加についてお知らせいたしましょう。

今回は、今までお作りいただいていたお客様からご要望の強かった「モンクストラップ」デザインが追加になりました。チゼルトウでは既製品でも展開していたデザインですが、ラウンド・スクエアトウタイプでもお作り頂くことが出来るようになった訳です。
「紐靴のフィット感が良いのは分かっているけど、「モンクストラップ」の何とも言えない佇まいが好きなんだよね」という方も多いのではないでしょうか。

 

 

2.jpg

 

11月1日の限定受注会から始まるモンクストラップでは、トウ部分にキャップやショートウィングもつけられます(画像向かって中央・右)。また、仮吊りの状態ですが、画像の左にあるのがスクエアトウタイプです。参考になりますでしょうか。
画像をご覧いただくと甲革の色でも雰囲気が変わってくることがお分かり頂けると思いますが、他にもスエードや型押しなどの用意もありますので、色々とお楽しみいただけることと思います。ハンドラスティングの靴に興味のある方は、是非この機会をお見逃しなくご利用下さい。

 

※関西エリアの方へ
既報ですが、10月26日(土)、27日(日)の2日間、阪急メンズ大阪にて「九分仕立て限定受注会」を開催いたします。工房の田尻が待機しておりますので、よろしかったらお立ち寄りくださいませ。

 

 

「工房職人の九分仕立て」 限定受注会
会期:2013年 11月1日(金)~11月10日(日)
お渡し予定:2014年3月上旬~
価格:105,000円(税込)~  

 

 

今回は、先週に引き続き「工房職人の九分仕立て」限定受注会作品集の第3弾です。
昨年加わったスクエアトウ木型で作られた作品から、いくつかご紹介いたしましょう。

 

1足目は、外羽根のクウォーターブローグです。
この画像をご覧になって、「何かいつもの画像と雰囲気が違うなぁ?!」とお感じになった方がいらしたら、かなり鋭い観察眼をお持ちの方と言えるでしょう。
実は、ほとんどの画像が出来上がって店に到着した段階で撮影をしていますので、ブローグの穴に色が付いていないことが多いのです。それがこの作品では、お客様のご要望に沿って、茶色のクリームで仕上げしてあるので、少し雰囲気が変わって見える訳です。
仕上げをしたことで、靴に落ち着いた佇まいが備わったように感じられますね。

 

 

 

2.JPG

 

2足目も、1足目と同じデザインの外羽根クウォーターブローグです。
1足目と比較してみると、同じデザインでも素材の使い方によって大きく雰囲気が変わるという良い見本ではないでしょうか。
甲革には独特なシボ感がある赤味がかったダークブラウンを用い、底材にダイナイトソールをハーフミッドソール仕様で配したことで、質実剛健なブリティッシュカントリーの雰囲気に仕上がりました。

 

 

 

3.JPG

 

3足目は、手縫いならではの細かいピッチのモカが美しいUチップです。
この作品では、鳩目脇のステッチが2本で縫われていますが、1本にしたり、小穴仕様にしたりといった変更が可能です。もちろんステッチなしも可能です。
モカの美しさと共に、全体にフランス製のカーフのほど良いツヤ感が上品に生かされた作品に仕上がったのではないでしょうか。どんな風に育っていくのか、今後の経過がとても楽しみですね。

 

 

 

4.JPG

 

4足目は、今回デザイン追加された内羽根パンチドキャップトウです。
羽根部分が後ろまでぐるっと周っているデザインの特徴を、ベース部分と同色のスエードで控えめに主張しているところが面白いですね。
コンビネーションの使い方には色々あると思いますが、このように同(系)色でまとめるとシックな雰囲気に上手くまとまるように思われます。

 

 

以上3回に亘って、2013年春「工房職人の九分仕立て」限定受注会の作品をご紹介してまいりましたが、お楽しみいただけましたでしょうか。
それぞれに素材・デザイン・木型・底材などをご自分なりの感性で組合せていただいた素晴らしい作品として出来上がったと思います。我々スタッフとしては、出来上がってお渡しする際のお客様の笑顔がとても輝いている様子がことのほか嬉しさを感じるところです。
次回は11月初旬を予定しておりますので、是非より多くの皆様の笑顔とお会いしたいものです。

なお、画像掲載を快く了解していただいた皆様、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

最後に夏期店休日のお知らせです。
「REGAL TOKYO」は8月12日(月)、8月19日(月)を店休日とさせていただきます。
ご来店を予定されているお客様にはご面倒をお掛けしますが、ご来店の際にはお間違えのないようご確認をお願い致します。

 


 

「LAST#50SPECIAL」、「REGAL Built to Order System」と続いた2013春の限定受注会も、第3弾の「工房職人の九分仕立て」のオーダーシューズが少しずつ出来上がってきて、お渡しが始まっておりますので、今回はその中からいくつかご紹介していきましょう。

1足目は、甲革を今回の限定素材 キエンティ社(伊)のライトブラウンカーフで仕上げた外羽根フルブローグです。
明るい茶色がもたらす軽快な雰囲気だけでなく、甲革の柔らかさとクレープソールの屈曲性の良さを伴った履き心地の良い上品な一足に仕立て上がりました。
これからの季節にこの1足をお履きになって旅行などされると、楽しい思い出も倍増するのではないでしょうか。

 

 

 

 

2.JPG2足目は、水染コードヴァンのタン色をベースにネイビー色をサドル部分に配したサドルシューズです。
オーダーしていただいたE様にはこれまでにもコードヴァンでお作りいただいているのですが、今回のサドルシューズも、タン色がとてもキレイな仕上がりで、なかなかカッコ良く仕上がったのではないでしょうか。ダブルソール、つま先ヴィンテージスチールとこだわり仕様の他に、ライニングは新色のオレンジをお使い頂きました。

 

 

 

3.JPG3足目は、黒のチャッカブーツですが、ベース部分と羽根部分との微妙な色合いの違いがお分かりいただけますでしょうか。
ベース部分のイルチア社(伊)のボックスカーフはしっとりとしたツヤ感があり、羽根部分のキエンティ社(伊)のカーフは落ち着きのあるしなやかな素材感が魅力です。
期間限定素材をベーシックなデザインに上手く取り込んで、ご自分だけの1足に仕立て上げた良い一例だと思います。

 

 

 

 

4.JPG4足目は、キエンティ社(伊)オリーブグリーンのカーフを甲革に採用したアデレイドタイプのクウォーターブローグです。
ピンキング(ギザ)をつけない仕様でスッキリとまとめたアッパーのデザインが、甲革の色合いや質感の柔らかさと絶妙なハーモニーを奏でているのではないかと思います。
また、この素材はクリームの使い方次第ではかなり「化ける」素材ですので、どんな風に変化していくのか、大いに楽しみです。

以上、今回は2013年春「工房職人の九分仕立て」限定受注会からラウンドトウの4作品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
次回にはもう少しお渡しも進むと思いますので、第2弾の作品集を、是非楽しみにお待ち下さい。

 

先週末から工房の田沼が「素材編」、「新デザイン編」をお届けしてまいりましたが、いよいよ本日から「工房職人の九分仕立て」限定受注会が始まりました。
実は、素材・デザインの他にも新たな取り組みに今回からチャレンジしておりますので、その内容をご紹介してまいりましょう。

 

 

2.jpg新しい取り組みの一つ目は、ラウンドトウ・スクエアトウ木型でのサイズレンジの拡大です。
特に、「REGAL Built to Order System(以下、BOSと表記)」をお作りいただいていたお客様からの強いご要望で、27.5cmと28.0cmの2サイズを追加いたしました。
BOSでは設定のないアデレードスタイルや九分だけの限定素材などを是非お作りになりたいというご希望にお応えするものです。
価格もBOSと同様にアップチャージなしのレギュラーサイズと同価格でお作りいただけますので、サイズの大きな方は是非この機会を逃さずに一度ご検討下さいませ。

 

 

3.jpg二つ目は、限定オプションの設定です。
九分仕立ての靴は、手づくり工程がほとんどの部分を占めているとはいえ、パターンオーダーです。つまり、型紙の変更等はできなかった訳なのですが、受注会の期間限定でデザインによっては小さな変更をいくつか可能に致しました。


それは、ハトメの数を6ツから5ツへと変えたり、ハトメ脇のミシンステッチをスワンネックに変えられることです。また、デザインによっては、元々オプション設定がない部分に親子穴やギザを付けたりすることもできるように致しました。1箇所¥1,000~¥3,000(税抜)の費用で「お客様のこだわりをより具体的に実現できるようにしたい」との思いから取り組むことにした訳です。(※デザインによって設定が異なりますので詳しくはスタッフまでお問合せ下さい)

 

以上、3回に亘ってご紹介してまいりましたように、期間限定の素材やオプション、新デザインの追加、サイズレンジの拡大など今回の限定受注会は、盛りだくさんな内容となっており、色々な楽しみ方があると思います。

 

是非、ご自分だけのこだわりを吹き込んだ1足をお作りに銀座までお越し下さいませ。


「工房職人の九分仕立て」限定受注会
会期:2013年4月19日(金)~4月29日(祝・月)
価格:105,000円(税込)~
サイズ:23.0cm~28.0cm(※チゼルトウは27.0cmまで)
納期:2013年7月下旬~

こんにちは、工房の田沼です。
先週末に素材編をお届けしたばかりですが、限定受注会が今週の金曜日から始まるということで、新デザイン編を週中(なか)ですがお届けすることに致しました。


そして、トップの画像が、前回のブログで予告しておりました新デザインです。

羽根の切り返しを踵部まで伸ばした内羽根デザインです。
後ろまで伸びた切り返しのラインが美しく見えるようにこだわりました。
このサンプルは、黒の部分がウェインハイムレダー社(独)のボックスカーフ、ネイビーの起毛部分はC・F・ステッド社(英)のスーパーバックスエードを使用いたしました。

 

以前、スタッフでもこの革のコンビネーションで九分を作った事があるのですが、やはり良いですね。上品な雰囲気がそこはかとなく醸し出されているのではないでしょうか。
今年の秋はグレーが注目色となっていることもありますし、クラシックな雰囲気を演出するのであれば、限定素材のグレースエードを使ってみるのも良いと思います。

 

 

2.jpgまた、この新デザインは、サンプルのようにコンビネーションにするのも良いのですが、キャップを取ってしまってプレーンにするも良し、メダリオンを配しても良しと様々なバリエーションがお楽しみいただけそうです。

 

最後に、前回ご紹介させていただいたように、限定受注会ではお選びいただける革の種類が豊富にございますので、どうぞ色々と吟味していただき、楽しみながらお悩み下さい。

 

なお、期間中4/19(金)、26(金)、27(土)、29(月)は田尻が、4/20(土)、21(日)、28(日)は田沼が売場におりますので、どうぞお気軽に銀座の「REGAL TOKYO」にお立ち寄り下さいませ。


「工房職人の九分仕立て」限定受注会
会期:2013年4月19日(金)~4月29日(祝・月)
価格:105,000円(税込)~
お渡し予定:2013年7月下旬~

こんにちは、工房の田沼です。


まずは、先日まで「REGAL札幌」で初めて開催させていただきました「九分仕立てパターンオーダー会」にお越し頂いたお客様へ工房一同、心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。
また、私が行かせて頂きました4月6、7日は、雨の降る中、たくさんの客様にご来店頂きました。本当にありがとうございます。出来上がりまでしばらくお時間を頂きますが、是非楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

2.jpgさて、今年もやってまいりました、春の恒例「工房九分仕立て限定受注会」のご案内です。
今回は素材編として、期間限定素材をご紹介いたしましょう。
まず、キエンティー社(伊)のカーフ5色です。キエンティー社は、イタリアのマルケ州にあるタナリーで、伝統的な製法を守り、天然由来の材料を使ったタンニンなめしを中心に革を生産しています。
この革の質感はソフトで、靴にした時には優しく足を包んでくれることでしょう。さらに、クリームが比較的入りやすく、年を経るとともに深い味わいをお楽しみいただけます。

 

次に、こちらも九分仕立てでは初登場のイルチア社(伊)のボックスカーフ ブラックです。
こちらはツヤ感が強く、今回追加させていただくフォーマルなデザイン(こちらは次回のブログでご紹介させていただきます)にもはまりそうな印象です。
また前回ご好評を頂きましたラディカカーフを何とか確保でき、ブラック・ワイン・ダークブラウンの3色ご用意させていただきました。

 

 

 

3.jpg更に起毛素材で有名なシャラダ社(伊)からスエード素材を3色、その他にもヨーロッパのタナリーを中心に、数種類ご用意させていただきました。
今回ご紹介させていただいた各革とも足数に限りがございますので、在庫はリーガルトーキョーにてご確認下さいませ。
また、他にもたくさん革の種類がございますので、是非お気軽に現物をご覧にいらしてください。
 
次回は新デザインの発表です。とても雰囲気のある靴に仕上がってまいりました。ご期待下さい!

 

 


 

ご無沙汰しております、工房の田尻です。
最近は、昨秋ご注文頂いたREGAL TOKYOとREGAL名古屋中日ビル店分の靴の製作に追われてました。ご注文下さったお客様ありがとうございました。

掲出の画像は、工場から帰ってきた「九分仕立て」の靴を仕上げをしている場面の画像です。
革はCOSTIL社(仏)のワインとライトブラウンのサドルシューズです。ちょうどこれからの季節に良い色合いだと思います。因みに、とても人気のあったこのワイン色の革ですが・・残念ながら在庫がなくなってしまいました。ということで、今後はZONTA社(伊)のワインでご要望にお応えすることになります。ご了承ください。

ここで、お知らせです。
REGAL札幌店で、3/15(金)~4/7(日)まで「九分仕立てパターンオーダー会」を開催させていただくことになりました。
(店舗情報:http://www.regalshoes.jp/shoplist/detail.html?sid=03634f3c8a311b6e9
3/23(土)~24(日) 田尻
4/6(土)~7(日)   田沼
上記の日程で、作り手がお店に立たせて頂きます。

名古屋に続き2店舗目の開催となり、初めての所なので緊張しますが、一人でも多くのお客様とお話が出来たらと思っています。
デザインも豊富に揃え、滑りにくい底材もご用意させて頂きました。
試し履きも出来ますので、手製靴のフィッティングを是非この機会に試して頂けたらと思います。お待ちしております!

こんにちは、リーガルトーキョーの田沼です。
まず、先日まで開催させていただいておりました「秋の工房九分仕立て受注会」が大変な盛況をもって終了いたしました。店頭までいらして頂きましたお客様、お忙しい中お越しいただきまして誠にありがとうございました。また、ご注文を頂きましたお客様、感謝の気持ちをこめて1足1足丁寧に作らせていただきます。

 

さて、昨年に引き続き今年も「REGAL名古屋中日ビル店」にて九分仕立ての受注会を開催させていただくことになりましたっ。
今回は昨年の内容よりもバージョンアップいたしまして、新たに「外羽根タイプ」と「サドルシューズ」を追加させていただきます。

昨年よりもかなりバリエーションが増えました。
甲革ではレギュラーの革10種類に加え、ヨーロッパのタンナーのカーフに型押し、日本のコードバン、サドルシューズ限定では藍染のキップをご用意させていただきました。
またライニングでは名古屋から初の「オレンジ」カラーを追加いたします。

 

期間中12月8、9日の土・日は田尻が、12月15、16日の土・日は私、田沼が店舗にお邪魔させていただくことになっておりますので、どしどし話しかけてください。「九分仕立て」の作りやビスポーク靴のことなど色々とお話できれば、と思います。

 

また、昨年いらしていただきましたお客様、中部地区のビスポークのお客様などお時間がございましたら是非お立ち寄りくださいませ。以前作らせて頂きました靴など見させていただきます。


それでは多くのお客様のご来店、心よりお待ち申し上げております。

 

「工房職人の九分仕立て」限定受注会

期間:11月22日(木)~12月25日(火)

店舗:REGAL名古屋中日ビル店

住所:名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル1階

TEL:052-242-2585

営業時間:10:00~20:00

 

こんにちは、工房の田沼です。
本日11月2日(金)より、秋の「工房九分仕立てパターンオーダーフェア」が始まりました。
ひょっとすると、もう店頭にお越し頂いたお客様もいらっしゃるかもしれませんね。


今回は、オーダー会の為にご用意させていただきました特別な甲革の素材と今回のオーダー会より追加させていただきます底仕様、クレープソールについてです。



 まず甲革についてですが、今回ご用意させていただいたのは、カーフではイタリアから「イルチア社のラディカカーフ」で黒、濃茶、ワインの3色です。こちらの革は独特なムラ感があるので、ドレッシーな中にも遊び心のある素晴らしい仕上がりになります。そして、フランス・デュプイ社のアニリンカーフでグレーとベージュの2色をご用意いたしました。
また型押しでは、イタリアから「コリペル社のシボ型押し」3色、「オズバ社のクロコダイル型押し」3色、イギリスから「ピポディ社のスコッチ型押し」茶、それにドイツ「ウェインハイムレダー社のウィロー型押し」白をご用意させていただきました。


それぞれに非常に魅力のある革をご用意させていただきましたので、是非店頭にお越しになって直にご覧くださいませ。

 


CrepeSole Sample.jpg次に今回より追加になりました底材オプション「クレープソール」についてですが、こちらはハニーと濃茶の2色をご用意いたしました。
底材を変えるだけでガラリと雰囲気が変わりますねっ。

画像の靴は私の私物で、シャラダ社(伊)のスエードにクレープソールのハニーを合わせました。カジュアルに仕上がり、今までとは一味違った九分仕立てに仕上がりました。

 

尚、期間中11月2日、9日(金)は16:00~
11月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)は終日職人がおります。
(職人担当日:11月2日,3日,10日 は田尻、11月4日,9日,11日は田沼です)

工房職人の九分仕立てパターンオーダー会
期間:2012年11月2日(金)~11月11日(日)
価格:105,000円(税込)~
お渡し予定:2013年2月下旬~

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss