こんにちは、REGAL WOMEN銀座店の斉藤です。


先週は新デザイン「タッセル」と「ビット」をご紹介しましたが、今週はそんなBuilt to Order  System(以下、BOSと省略)の「既製靴には無い楽しみ方」について触れてみようかと思います(先週の前振りから、今週はシェットランドフォックスの新作だろうと期待した方、ごめんなさい...もう少しお待ちください)。


 BOSは、パターンオーダーなので、デザイン、サイズ、アッパー素材、底材、ライニングカラーなど色々なオプションが選べるのですが、それだけにテーマというか「こんなのが欲しい!」というものがお客様の中で決まっていないと、いざオーダーしようという時に迷ってしまうことがあるんですね。 まあ、そんな時は販売スタッフに全て「丸投げ」して頂ければ良いのですが、折角ですから皆様の「理想の1足」をご自分でプロデュースするのはいかがでしょう?


 そこで、最初に決めておきたいテーマなのですが、たとえば...

・とにかく自分の足にぴったりの靴が欲しい

・自分のワードローブにしっくり合う靴が欲しい

・誰も履いていないような靴が欲しい


こんなテーマが思いつくと思うのですが、それぞれについて具体例を挙げながら説明していきましょう。


 まず、「自分の足にぴったり合う靴」なのですが、これがオーダーといえども簡単ではないのです。 BOSでは11種類のレングス(足長)に3種類のウィズ(足囲)があり、さらにデザイン、素材によっても微妙な違いが出てきます。 そこで、ざっくり「肉付きのよい、甲の厚みのある方」、逆に「肉付きの薄い、甲の薄い方」でご説明しますと、前者は「内羽根レースアップ」、後者は「外羽根レースアップ」が合うことが多いです。 意外に思われる方も多いかもしれませんが、つま先~甲の立ち上がりのあたりについては「外羽根」のレースアップシューズの方が低いのです。 ただし、アメリカンタイプについては外羽根でも若干ゆとりが出ますのでご注意を。 それから素材についても、「コードバン」は他の革よりやや大きく出来上がったり、と微妙な違いがありますので、この辺はスタッフにお尋ね下さい。 やや投げやりになってしまいましたが、このフィッティングについては、足の形が千差万別な以上、どのデザイン、木型、素材が良いかは合わせてみるまでわからないところが多いので、「自分の足にぴったり合う靴」をお探しの方は、デザインについては曖昧?な姿勢でご来店ください。


 次に「自分のワードローブにしっくり合う靴」ですが...これも難しいですね。 そんなことを言っていたら始まらないので、きわめて個人的な見解を申し上げます。英国調またはクラシコイタリア調(って今も言います?)のスーツには、内羽根キャップトゥもしくは内羽根セミブローグ、素材は黒のボックスカーフかダークブラウンのフレンチアニリンカーフあたりが手堅いですね。 また、典型的なアメリカントラディショナル(Ⅰ型、いわゆる3つボタン段返り中ひとつ掛けってやつですね)にはアメリカンタイプの外羽根プレーントゥもしくは外羽根フルブローグ、タッセルなんかもいいですね。 そして素材はやはり黒のボックスカーフとワインのフレンチアニリンカーフやスコッチグレインレザーなんかも良いのではないでしょうか? ノータイのビジネススタイルやカジュアルは...これまたスタッフにお尋ねいただいた方がいいですね。 もう、際限がありませんから(笑)。


20100219-2.jpg

  最後に「誰も履いていないような靴」。 これは色々思いつきますよ。 たとえば、カーキの水染めコードバンの内羽根キャップトゥ。 コードバン素材の内羽根レースアップシューズってなかなか無いですよね。 あと、エンボスドクロコダイルのアメリカンタイプ・プレーントゥ。 そう、要はきわめて定番性が高かったり、「このデザインにはこの素材!」という風に組み合わせが固定化されているデザインに、一味違う素材を組み合わせると、個性的な靴が出来上がるのです。


 こんな感じに、どんな靴がオーダーしたいのかがある程度決まっていると、我々販売スタッフもお手伝いしやすいので、お時間のある方は夜、お休みになる前にでも考えてみてからご来店されることをおススメします!

こんにちは、REGAL WOMENの斉藤です。


銀座一丁目のREGAL WOMENの2Fにオーダーの拠点を移してから早くも10日が過ぎましたが、毎日多くの方にご来店いただいております。 皆様、本当にありがとうございます。


 ところで、このREGAL WOMENではBespokeとBuilt to Order Systemの2種類のオーダーを受け付けているのですが、今回は2月1日からBuilt to Order System(以下、BOSと省略)に新たに加わった2デザイン「タッセル」と「ビット」について紹介しましょう。

 

実は私、「タッセル」も「ビット」も持っていないのです。 それというのも、どうもこの2デザイン、いま一つ自分の服装に合わないような...なんて、特に根拠の無い先入観にとらわれていたんですね。 「タッセル」はもっと年齢が上の人が履くイメージだし、「ビット」は軽すぎるような...。 


 でも、新しいBOSのデザインを見たとき、そんな考えは払拭されました。 というのも、BOSの木型というのは、トラディショナルな英国調をベースにしながら、ほんのりと現代的なアレンジを施した結果、今のベーシックを表現しているからです。 この木型で作られた「タッセル」も「ビット」もビジネスでもコーディネイトしやすい位に落ち着いた印象になっていると思うのですが、いかがでしょう?


 ところで、ここまで読み進んでいただいた読者の方々の中には、「タッセルなら前からあったじゃないか」と思っている方もいらっしゃるかと思います。 確かに今までもBOSのラインナップには「ウイングタッセル」がありました。 自分も「なぜ同じようなデザインを?」と思っていたのですが、こんなエピソードを思い出しました。 以前、BOSでタッセルを注文したいというお客様を接客した折、「こちらのデザインですね」とウイングタッセルのサンプルをお見せすると、そのお客様は「そうではなくて、甲のところがUチップみたいになっていて...」とおっしゃったのです。 そして、そんなことが何度もありました。 自分はタッセルを履かないものですから、「ウイングタッセル」も「タッセル」も同じように考えてしまっていたのですが、こだわりのあるお客様にとっては全く別物なのです。 そしてそういったこだわりをお持ちの方に向けて提供しているのがこのBOSなのです。 そう思うと、あえて似て非なる「ウイングタッセル」と「タッセル」という2デザインを作り分けようとした、企画の方に頭の下がる思いになったのでした。 


 そこで、この「タッセル」と「ビット」をオーダーしようと考えている方に何かオススメの組み合わせはないものかと考えてみたところ、思いついたのがこれです。 ズバリ、「ネイビーのベジタブルタンドキップ」と「クレープソール」の組み合わせ...ダメですか?


 このネイビーのベジタブルタンドキップという素材は結構青みが強く、トゥとカウンターに「焦がし」が入っているので、適度なカジュアル感が出せると思うのです。 そこで、底には柔らかで返りの良い天然ゴムのクレープソールを組み合わせれば、春から夏にかけてのリゾートシーンなんかで活躍しそうな気がするのですが、いかがでしょうか? ちなみに、この組み合わせなら、39,900円(税込)でオーダー可能ですよ!


 ここ何年も、ファッション関係者の間では注目され続けていながらいまひとつの盛り上がりだった「タッセル」ですが、そろそろ脚光を浴びそうですね。 そういえば、シェットランドフォックスの2010年春夏コレクションの中にも「ウイングタッセル」があったような...それもケンジントン初のスリッポンとして...。 こちらの情報はもう少ししたら発表できると思いますので、あと少しお待ちくださいね。

 

 こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。 今週は怒涛の3連続アップです。

今回は、最近完成したBuilt to Order Systemのスウェード セミブローグのインプレッションです。 実は今年、2009年はBuilt to Order Systemにとっては大変革の年だったのです。 8月に新デザイン「ダブルモンクストラップ」、「セミブローグ」とフランス アノネイ社のボカルーカーフをはじめとする新素材の追加と改廃。底仕様(ハーフミッドソール)の追加。 11月に新デザイン「ストラップブーツ」と新底材3種の追加。 

そんな訳で、日々店頭に立っている自分としても新仕様を試してみなければ、ということで、この度試してみたのが「セミブローグ・スクエアトゥ・ハーフミッドソール・スーパーバックスウェード」という組み合わせです。 実はこの仕様、素材以外は以前(2009年9月25日)にインプレッションを掲載したボックスカーフのセミブローグとほとんど変わらないのです。 ただ、それだけに素材の違いがどのように履き心地に影響を与えるかを実感しやすいかと思いまして、インプレッションを掲載することを思いつきました。 とは言っても、感想はいたってシンプルに「すごく柔らかい」というものでした。 これだけだと怒られそうですが、本当に柔らかいのです。 底の仕様はハーフミッドソールにしたので、返りが悪いかな?と危惧もしたのですが、何のことは無い、普通のシングルソールより柔らかいくらいで...。 これはオフの日のリラックスした着こなしにも履いていただきたい組み合わせですね。 もちろん、そういったカジュアルな靴というのなら「フルブローグ」や「Uチップ」でオーダーいただいてもいいのですが、「セミブローグ」は適度な緊張感が心地良いんです。 さらに素材をアノネイ社のボカルーカーフでオーダーすれば、よりドレッシーな雰囲気になりますし、既製品では有り得ない、「水染めコードバン」でオーダーしちゃうなんてのも、パターンオーダーならではの楽しみですよね。 

今、オーダーが立て込んでまして、出来上がりまで1ヶ月半位かかってしまっているのですが、 新春を新しい靴で気持ちよく迎えるのも良いのではないでしょうか。

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

今回は、当店で扱っているパターンオーダー「Built to Order System」のご案内です。 

この「Built to Order System」は2005年の秋にスタートしてから、早4年が経ちましたが、その間にスリッポンやアメリカンタイプの追加、さらに最近では8月にセミブローグ、ダブルモンクストラップの2デザインに新素材の追加と、選択の幅が広がってきました。 でも、まだまだ「こんなのできないの?」というお客様からのご要望は後を絶ちません・・・わがままですね(笑)。そこで今回、満を持して登場したのが新デザイン「ストラップブーツ」です。アンクル丈のチャッカブーツに似ていますが、羽根を止めるのが紐ではなく、ベルトだと結構雰囲気が変わります。

そして・・・新底材がなんと3種類もラインナップに加わります!たかが靴底と思わないでください。この3種類の底材が加わることで、「Built to Order System」の可能性が大きく広がるのです。それでは順番にご紹介していきましょう。 

まず、クレープソール。 これはアイビー、アメカジなどのファッションの洗礼を受けてきた方々にはお馴染みの天然ゴムのラバーソールです。 特徴は、とにかく柔らかいので返りが良いということです。 これをスウェードのチャッカブーツやウイングチップに合わせると、すごくリラックスした雰囲気になりますよ。

 次にご紹介するのが、ラバーコンポジットソール。 これは、基本的には革底なんですが、接地面にゴムを充填してあるため、非常に滑りにくく、かつ耐久性に優れているのです。 見た目に関しては完全に革底ですから、フォーマルな黒のキャップトゥに合わせても全くドレッシーさを損なうことがありません。 「革底は滑るから・・・」と敬遠していた方々にぜひオススメです。

最後にご紹介させていただくのは「パナテトラ®ソール」。 「???」という反応をしたあなた。 その反応は正解です。 実はこの底材、自分も知らなかったのです。 「パナテトラ®」とは針状の突起を持ったテトラポットのような結晶体で、これを混ぜ込んだゴム底は非常に滑りにくいのです。REGALでは以前から雪寒地向け商品の底材に使用しており、雪道での滑りにくさには定評がありました。 ウォータープルーフレザーと組み合わせれば、突然の雪にも安心です。


20091106-2.jpg

そんな感じで今、「Built to Order System」はちょっと迷ってしまうほどいろんなオプションが用意されているのですが、そんな中から選ぶ時に助かるのがサンプルシューズです。 やっぱり、実際の形になっているものを見ると雰囲気がわかりやすいですよね。 ちょうど10月末に、スタッフおすすめの新サンプルシューズが7足出来上がってきましたから、どんな組み合わせでオーダーしようか、迷っている方にはぜひ現物をご覧になることをおすすめします。 以前のサンプルシューズも入れれば全部で35足も展示してありますから・・・かえって迷わせてしまうかもしれませんが・・・。

さらにREGAL TOKYOの「Built to Order System」は、ここでしか出来ないカスタマイズがいろいろありますので、興味のある方はぜひ一度見に来てくださいね。

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。


今回は8月1日からBuilt to Order Systemに新たに加わった2デザインのうち、「セミブローグ」のインプレッションです。 当店では、このパターンオーダーがスタートしてから1000足近いご注文を頂いてきましたが、パターンオーダーである以上、デザインの制約があり、多くのお客様から「こんなデザインはできないの?」というご要望を数多く頂戴してきました。 その中で特に多かったのがこの「セミブローグ」と「ダブルモンクストラップ」だったのです。 そんなわけで、自分も個人的に待ちかねていた「セミブローグ」なので、早速履いてみました。 


 まずデザインですが、非常に英国的な雰囲気を醸し出しています。 ほんのりとスクエアな木型(もちろんラウンドトゥも選べますよ)に穴飾りとギザを散らしたそのスタイルはフォーマル以外のあらゆるビジネスシーンで活躍してくれそうです。 甲革には黒靴には王道とも言えるウェンハイムレダー社のボックスカーフを選んでみました。 この素材はREGAL TOKYO ORIGINALでも使用しているのですが、肌理が細かいのに「デリケート過ぎない」というのが最大の売りで、多少お手入れをサボってしまっても、乳化性クリームを薄く伸ばしてブラッシングするだけで、革が活き返ったようになるんです。 底は新たにオプションとして加わった「ハーフミッドソール」仕様にしてみました。 ハーフミッドソールとは不踏部は普通のシングルソールで、接地面だけ厚くなっている仕様で、「スペードソール」とも呼ばれているものです。

 


20090925-2.jpg

 今回あえてこの仕様にしたのは、「セミブローグ」というデザインが、ややアクティブな印象なのでハーフミッドソールが合うのでは?という理由と、自分の場合、外を歩くことが多いのですが、薄い底は地面からの突き上げを感じることがあるので、ハーフミッドソールだと具合が良いのではないかという理由からなのです。 


そこで、一カ月履いてみた感想なのですが、ハーフミッドソールの底は「返り(底の曲がり)」が悪そうに見えるのですが、そんなこともなく適度なクッション性がありつつ、しっかり屈曲性も保たれているという印象でした。 実はこのハーフミッドソールのパーツには「ある工夫」がしてあり、クッション性と屈曲性が両立されているのです。 機能面はこんな感じですが、デザインはというと、思った以上に様々なコーディネイトにしっくりくるので、非常に重宝しています。 


スーツの足元に合わせると重厚な印象なので、特に重量感のある秋冬の素材にはまると思います。 また、シンプルなストレートチップよりもスポーティな印象なので、ジャケットスタイルにもよりフィットするのではないでしょうか。 穴飾りとギザを加えただけで、こんなにも印象が変わるものかと、改めて驚かされました。 今までにBuilt to Order Systemでストレートチップをオーダーされた方、もしその靴の履き心地にご満足いただいているようでしたら、是非次回は「セミブローグ」をお試しください。 きっと雰囲気の違いに驚くと思いますよ。 


 20090925-3.jpg

 P.S. 黒の革でオーダーをお考えのお客様。 ライニング(裏革)とソールステイン(底の色)は是非、REGAL TOKYO限定の新色パープルをお試しください。 すごく相性がいいですよ!

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。


みなさんは靴のオーダーについて、どんなイメージをお持ちですか? 「なんだか高そう」とか「面倒くさそう」、はたまた「そんなのは、よほどお洒落な人がやるもので、自分には関係ない」なんてお思いではないでしょうか? でも、Built to Order System(ビルト トゥ オーダー システム 以下BOSと省略)ならけっこう気軽に自分だけの1足が作れちゃうんですよ! 


確かに39,900円からという価格は、REGALの一般的なドレスシューズの2倍近くしますし、納品までに1ヶ月くらいかかります。 でも、考えてみてください。 自分の為だけにREGALの工場を動かしちゃうんですよ。 考えてみれば贅沢な話じゃないですか? おまけにデザイン、甲革素材、底の仕様、ライニングカラー、トゥの形状、そしてこれが一番重要なのですが、木型が選べます。 一般的に靴はレングス(長さ)で選ぶのですが、BOSは23.0cm28.0cmの11種類のレングスとD、E、Fの3種類のウィズ(甲周り)の組み合わせで、より細かな対応ができるのです。 このシステムのおかげで、より多くの方の足に合った靴が作れるようになりました。

 

 そしてこれからが本題なのですが、8月1日からこのBOSがより一層の進化を遂げたのです。 まず、デザインですが、ダブルモンクストラップシューズとセミブローグが加わりました。 この2デザインは、今までお客様から「こんなの出来ないの?」と言われ続け、企画に投げかけていたのですが、やっと実現いたしました。 まさに「お客様の声」から生まれたデザインです!


20090811-2.jpg

 それから素材の改変です。 タンドキップに個性的な「ネイビー」と「ワイン」が加わり、ウォータープルーフレザーとスコッチグレインレザーもちょっと違った風合いのものになりました。 そして、イチオシなのがフランス アノネイ社のボカルーカーフです。 黒は光沢がすばらしいですし、ブラウンとバーガンディーはなんとも言えぬ色気を持っています。 しかし、その中でも一番オススメしたいのがダークブラウンなのです。 この色、パッと見は地味なのですが、暗いところでは黒と見まごう濃さでありながら、明るいところでは確実に茶に見える絶妙な色なのです。 これなら、今まで茶色の靴に躊躇していた方も、安心して履いていただけるはずです。 更にソールステイン(底の色)にパープルとカーキが、ライニングカラー(内張りの色)にパープルと赤が追加になりました。 最後にこれはオーダー上級者にオススメなのですが、ハーフミッドソールという仕様が新たに加わりました。 これは一般的には「スペードソール」などとも呼ばれている、本底の接地面だけ約2.5mm厚くした仕様で、カントリーテイストの強い靴によくあるディテールなのです。 たとえば、セミブローグをオーダーするのでも、甲革をスコッチグレインレザーにし、底をハーフミッドソールにすると、ビジネス色の強いセミブローグがカントリーシューズになってしまうんです! かなりマニアックなディテールですが、それだけに自分だけの「オンリーワン」をオーダーしているという気分も高まるというもの。 ただし、組み合わせによっては技術的に出来ないものもありますし、「ちょっと、これは・・・」という組み合わせの場合には、スタッフから「物言い」が付くかもしれませんが(笑)、 なるべくお客様のご希望に添えるように努力しますので、お気軽にご相談ください。



【BOSこぼれ話 その1 】 BOSだけの表示

地味で、目立たないし、商品そのものとは関係ないのですが、お客様の靴ひとつひとつを識別する、生産指示管理No.があります。一般の量産品には無い、一足ごとの番号です。

これにより、靴のスペックが管理され、修理の時にも出来る限りオリジナルに近い仕様が再現されることになります。


【BOSこぼれ話 その2 】 BOSだけの靴函

何気ないのですが、REGAL TOKYOオリジナル商品とBOS商品の函は少し異なります。何が違うかというと、BOSの蓋部分に金属製(イタリア製)のプレートが付いています。お客様にお渡しする時は、生産指示管理No.が記入されているのですが、カード式になっていますので、後で差し替えることが出来ます。靴の写真を入れるもよし、自身の名前を入れるもよしです。また、箱は綺麗で、しっかり出来ていますので秘密の小箱として、靴以外のものを入れても良いでしょう。

REGAL TOKYOは3月26日()に5周年を迎えます。これもひとえにたくさんのお客様にご愛顧いただいた賜物 とスタッフ一堂厚くお礼申し上げます。


 5周年記念企画の第一弾といたしまして、3月20日()から4月5日()の17日間、REGAL TOKYOでは「Built to Order System(パターンオーダー)」の受注会を開催いたします。


毎年春に開催しておりますオーダー会ではございますが、今回はご要望の多かったデザインや素材の追加をはじめ、ソールの仕様やカラーの追加、白革とのコンビネーション等が期間限定でお選びいただけます。


毎月多くのお客様にご注文いただいておりますオーダーシステムなだけに、デザイン追加や素材追加を待ち望まれていたお客様も多くいらしたのではないでしょうか。この機会に是非たくさんのお客様にご来店いただけることをスタッフ一同楽しみにお待ちしております。


まだご存じでない方のために簡単にご説明すると、「Built to Order System」とは、お好みのパターンで組み合わせが選べるパターンオーダーシステムのことです。




20090313-2.jpg

 内容としては、ラウンドトゥ、スクエアトゥと2タイプのラストにD、E、Fの3つのウィズ、10種類のデザイン、甲革素材は各種カーフにコードバンなど30種類以上の味わい深い高級皮革の中から組み合わせて選んでいただくものです。さらにソール、ヒールやライニングもサンプルの中からご自由にセレクトいただける、お客様だけの特別な1足をご提供するシステムです。


5周年を機に、ご利用いただいているお客様のご要望にお応えして、デザインでは、内羽根セミブローグ(6アイレット)とダブルモンクストラップ(キャップトウ)の2デザインが、素材では新しいダークブラウンやワイン、ネイビーカラーのカーフも追加となり、選択の幅がさらに広がりました。また、今回のフェア限定で、生産中止したイギリス ピボディ社のカーフを数量限定でご用意させていただきました。


ソールパターンではスリップソール(底に厚みを持たせるため、底の前半にサンドイッチ状に1枚底を挟む仕様)が、仕上げ色としてはパープルとカーキが追加されました。


細かいラストの調整やデザインパターンの変更はできませんが、期間限定のスペシャルオーダーでございますのでご興味がございましたら是非、ご来店下さいませ。


20090313-3.jpg




Built to Order System

サイズ:23.0cm28.0cm(コードバン素材は27.0㎝まで)

 ウィズ:DEF

価格 :39,900円(税込み)

納期 :約1ヵ月(th anniversary限定品は6月中旬のお渡し予定となります)



なお、5周年企画第二弾として、4月17日()より『工房九分仕立て』のスペシャルオーダー受注会を開催いたします。こちらも合わせてご期待ください。

 

こんにちは、REGAL TOKYOの斉藤です。

 

 大変お待たせいたしました。 本当に久しぶりなのですが、パターンオーダー(Built to Order System)の新しいサンプルが4足完成しました。 何度もご来店いただいているお客様には、「いつになったら新しいサンプルができるのか?」とご不満だったかと思いますが、「これぞオーダーシューズ」といった既製品ではお目にかかれないような逸品ができあがりましたので、紹介させていただきます。

 まず、最初が水染めコードバンのカーキを使用した「内羽根ストレートチップ」。 何にコーディネイトするのか難しそうですが、ツイードなどのジャケットスタイルで合わせていただければ、意外としっくり合いそうです。 今回はつま先をオックスブラッドのシューポリッシュで仕上げてみました。(税込68,250円) 

2足目は同じく水染めコードバンのネービーを使用した「モンクストラップ」。 一見すると黒に見えるのですが、よく見ると青みがかった色がわかると思います。 ついでに底もネービーのステインでお揃いです。(税込68,250円) 

3足目はエンボスドクロコダイルのブラウンを使用した「アメリカンタイプ・外羽根プレーントゥ」。 アメリカントラディショナルの典型のような靴ですが、素材を変えるだけでガラッと印象が変わります。 ダブルソールにストームウエルト仕様のがっしりした底周りなので、デニムでラフに履くのもいいかもしれません。(税込57,750円)

 

  


20081024-2.jpg

 最後の4足目は一見普通の「外羽根プレーントゥ」ですが、素材はほとんど黒にしか見えないというイタリー、ゾンタ社のアニリンカーフ(ダークブラウン)を使用しました。 明るいところでは、ほんのり茶色がかって見えるので、黒より少しソフトな印象になります。(税込50,400円) 

このように、さまざまな可能性の広がるBuilt to Orderですが、ただいま好評につき込み合っております。 ご注文の際は念のため1ヶ月半ほどいただければ幸いです。

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss