今回は、「シェットランドフォックス限定受注会」の作品紹介3回目で、「アストリア」からいくつかご紹介しましょう。

 

1足目は、ロングウィングチップのデザイン№3069で甲革にベージュスエードを採用し、底材をダイナイトソールで仕上げたものです。
元々既製品ではコードヴァン仕様だったものを、スエードに代えた事で趣がだいぶ変わったのではないでしょうか。内振りの木型がもたらす履き心地の良さだけでなく、足当たりが柔らかかく、スエードの優しい雰囲気が伝わって、思わず履いてみたくなる一品に仕上がったと思います。

 

 

 

 

 

B×WT3069.JPG

2足目も、ロングウィングチップのデザイン№3069をベースにした、「白」と「黒」のコンビネーションシューズです。
パターンオーダー会だからこそできるこの1足で、これからの季節を大いに楽しんでいただけそうです。世界で1足だけのこの靴の注目度は、かなり高くなる事請け合いです。

 

NAVY3000.JPG

3足目はプレーントウのデザイン№3000で甲革をネイビーカラーのカーフに変え、底を半カラス仕上げにしたものです。
アストリアをお好みの方から、「カーフ使いのものがあれば良いのに...」という声をたまにお伺いしていたのですが、このフレンチカーフでしたら、使い勝手も良く、登場する機会も増えそうですね。

 

WINE3000.JPG

4足目もプレーントウのデザイン№3000で、ワインカラーのカーフを使い、底材にクレープを配したものです。
こちらは、見るからに履き心地の良さそうなフレンチカーフで、底材をクレープにしたことでより一層快適な履き心地になりそうです。底材が違うだけで、雰囲気が結構変わるという良い見本ではないでしょうか。今後のオーダーのご参考にしていただければ幸いです。

 

以上、3回に亘ってご紹介してきました「シェットランドフォックス」のパターンオーダー作品ですが、如何でしたでしょうか。お客様の色々なご要望が少しでも実現できていれば幸いです。
また、今回、画像を掲載することを許可して頂いた皆様ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げますと共に、ご自分だけの1足を大いにお楽しみくださいませ。

 

今後とも少しでも良い企画を皆様にお届けできるよう、スタッフ一同頑張ってまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

 

今回は、続々と出来上がってきた「シェットランドフォックス限定受注会」の靴から、「ケンジントン」と「グラスゴー」の作品をいくつかご紹介しましょう。

 

1足目は、「ケンジントン」のデザイン№3013をラディカカーフのダークブラウンとブラウンのコンビネーションで仕上げたものです。
限定受注会ならではのコンビネーションの楽しみを、シックな形で表現した1足に仕上がりました。
これからのお手入れ次第でどんな風に変わっていくのかとても楽しみです。

 

 

 

2.JPG

 

2足目は、「ケンジントン」のデザイン№3014をベースに、甲革の色をダークブラウンに変え、トウにメダリオンを配したものです。

オーダーというと何か特別なことをしないといけないのではないか?!と思いがちですが、派手さはなくともご自分のスタイルにマッチするこういった1足をお作りになるのも素敵ですね。

 

 

3.JPG

 

3足目も「ケンジントン」からデザイン№3042をワインカラーのカーフに変え、トウにメダリオンを配したものです。

この靴をオーダーして頂いたS様はオーダー会毎にご注文頂いているのですが、今回も大人らしい落ち着いた佇まいの靴をオーダーして下さいました。ご自分の感性にフィットしたものをオーダーするというのも、オーダー会ならではの楽しみ方ですね。

 

 

 

 

4.JPG

 

4足目は、「グラスゴー」からデザイン№3050をフレンチカーフのブラックとワインカラーのコンビネーションにし、トウにメダリオンを配したものです。


イタリア製の柔らかいカーフも良いのですが、透明感のあるアニリンカーフを使うことで、より木型のラインが綺麗に表現できて、スマートな1足に仕上がったのではないでしょうか。

 

 

作品紹介の2回目は如何でしたでしょうか。
次回は、「アストリア」からご紹介する予定ですので、是非ご期待下さい。

今回は、2月に開催した「シェットランドフォックス限定受注会」の靴が少しずつ出来上がってきましたので、その中からいくつかご紹介しましょう。

 

まずは、今回初めてオーダー対象とした「スペイサイド」のレザースニーカーです。
1足目は、甲革をクロコダイルの型押しとネイビーのカーフを組み合わせたものです。
画像ではネイビーの色があまり綺麗に出ていないのですが、素材感の違いや色の組み合わせの妙を感じ取れる1足に仕上がったのではないでしょうか。
カジュアルでありながら、シックな大人の雰囲気を演出するのに嵌まりそうですね。

 

 

2.JPG 

2足目は、同じクロコダイル型押しとカーフの組み合わせですが、小石柄の型押しカーフとのコンビネーションにしたものです。
1足目に比べると、やはり明るめの色のせいか、カジュアル感が幾らか増すように思いますが、こちらも大人の足元を飾るにふさわしい顔付きに仕上がりました。

 

 

 

3.JPG

 

3足目は、グローブレザーのネイビーと赤との組み合わせです。
とても発色の綺麗な革なので、今の季節にお履きいただくのに丁度良いのではないでしょうか。

足元が明るくなって、気分も上向きになるような感じがするのは私だけではないでしょう!シューレースでも遊びを入れてみたりするのも良いかもしれません。

 

 

 

4.JPG

 

4足目は、1,2足目とクロコダイル型押しつながりでのご紹介です。
今回で3回目となる「シェットランドフォックス」の限定受注会ですが、「インバネス」の履き心地に大変満足して頂いているT様のオーダーです。
いつも素敵なスタイルで登場されるT様に、私たちスタッフも「今回はどんなおススメを提案しようか」と意見を出し合うのですが、クロコダイル型押しと白のコンビネーションが想像以上にシックにまとまって出来上がりました。このクロコダイル型押し素材は、靴にある種の品格を与えてくれるようですね。
ただ、残念ながら今回の限定受注会で革の在庫を使い切ってしまいましたので、同じものをお作りいただくことはできなくなりました。

また新しい魅力的な素材を探してご用意して行ければと思っております。

 

今回はここまでですが、順次出来上がってきたものの中からご紹介して参りますので、楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

皆様お待たせいたしました。ついに、春のシェットランドフォックス限定受注会が本日からスタートいたしました。 

 

前回のREPORTでは、「アストリア」と「スペイサイド」のご紹介とお選びいただける素材のご紹介で一杯になってしまいましたので、新しいサンプルから「ケンジントン」のフルブローグ№3014をベースにしたものをご紹介致しましょう。

 

今回、特にこの靴を取り上げたのは、ここのところお問い合わせが多いネイビースエードを甲革に使っているからです。

 

残念ながら、「ケンジントン」のグループでは、白革とのコンビネーションが出来ないのですが、こんな爽やかな印象になるのであれば、初夏に向けて敢えてネイビーのスエードでオーダーされるのも良いのではないでしょうか。既製品では付いていないメダリオンをトウに配し、ライニングと底に赤を持ってくることで遊び心を演出いたしました。スエードだけに、ある程度の色落ち(色移り)はさけられませんが、ホワイトのパンツに合わせるとかなり素敵な印象になる事、請け合いです。(因みにこのスペックでの価格は、64,050円(税込)です)

 

ラディカカーフのブラックとのコンビネーションで、シックな大人の雰囲気を醸し出すのもよいかもしれませんね。このCFステッド社()の素材も今回限定となりますので、「ケンジントン」の履き心地をお気に召している方は是非ご検討下さい。

 

他にも「グラスゴー」などでまだご紹介しきれなかったサンプルもいくつかありますので、お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

2012春の「SHETLAND FOX」 限定受注会

 

会期:2/17(金)~2/26(日)

 

お渡し予定:5月下旬~

 

価格

 

「ケンジントン」 63,000円(税込)~

 

「インバネス」  44,100円(税込)~ (コードヴァン使いは77,700円~)

 

「グラスゴー」  54,600円(税込)

 

「アストリア」   44,100円(税込)~ (コードヴァン使いは77,700円~)

 

「スペイサイド」 34,650円(税込)~ (コードヴァン使いは68,250円~)

 

今回は、昨年の9月に行われた「シェットランドフォックス限定受注会」にてご注文いただいた靴のお引渡しが進み、お客様のご了解が得られたものの中からご紹介したいと思います。


なお、グループ名「インバネス」を特集しましたので、先週のTOP画像と合わせて、2月中旬からの「春の限定受注会」のオーダーの参考にもしていただけるのではないでしょうか。
まずは、甲に小穴でウィングをあしらい、レースステイ部分のデザインが特徴的なデザイン№3030からご紹介しましょう。


春にも黒とワインのコンビネーションでオーダーされたストレートチップ等がありましたが、こういったちょっとしたコンビネーションというのは、なかなか既製品では作りにくい配色なので、オーダーをされたお客様の遊び心が伝わってきますね。ご自分だけの1足を、奇をてらうことなく楽しんで頂いている好例だと思います。

 


2.jpg次に、外羽根セミブローグのデザイン№3031です。
「インバネス」はオーソドックスなラウンドトウ木型なのですが、全体のバランスが良いせいか表革のカーフ素材だけでなく、スエードを載せてもエレガントな雰囲気を醸し出したものに仕上がったのではないでしょうか。トウのメダリオンを既成のものから変更した辺りにお客様のこだわりがうかがえますね。

 


3.jpg最後に、モンクストラップのデザイン№3032です。
画像では分かりにくいのですが、こちらはアノネイ社(仏)のオルソカーフというネービーの甲革を使ったものです。ところで、ここのところ、お客様からのご要望が確実に増えている色としてこのネイビーを上げることができます。ネイビーは、さわやかな印象を与えられますし、春から夏に向けての装いともマッチしやすいので人気があるのかな、と思ってましたが、普通にコバ周りを黒のインクで仕上げると、これ位の色調だと随分落ち着いた印象になりますね。これでしたら、秋・冬らしいフラノ素材のパンツと合わせてもグッと渋い感じにまとまるのではないでしょうか。こちらもトウにメダリオンを配して、ちょっとした変化をお楽しみいただいています。

 


 以上、先週のトップ画像から引き続き「インバネス」の作品をご覧いただきましたがいかがでしたでしょうか。既にストレートチップのデザイン№3029をお持ちで、履き心地を気に入っていただいている方等にはぜひこんな楽しみを共有して頂きたいと思い、特集してみました。
限定受注会の詳細につきましては、もう少しでご紹介できる事と思います。ご自分だけの1足をお楽しみになりたい方は、是非ご検討ください。

皆様お待たせいたしました。秋の「シェットランドフォックス」限定受注会が本日からスタートいたします。 

「SHETLAND FOX」 限定受注会
会期:9/16(金)~9/25(日)
お渡し予定:2012年1月中旬
価格:39,900円(税込)~

春に引き続き、今回も、甲革、裏革、底の仕様、メダリオンのデザインなどが変更・選択出来る他、2種類の革を使用して、コンビネーションシューズもご注文いただけます(※コンビネーションの場合2,100円(税込)の追加料金がかかります)。 
今回は、ナイツブリッジからブーツ2点を含む4デザインを追加したために、何と5グループ22デザインがパターンオーダーの対象となりました。で、実はこれけっこう大変なことなのですね。というのも、それぞれのデザインに対して各素材がちゃんと使えるのかという検証が製造関係でされないと、オーダー受付のGOサインが出ないのです。また、革の在庫も少ししかないものもあるので、どのデザインでもOKという訳になかなかいかないのです。オーダーを受けたのは良いけれど、革がなくて作れないなんて事が起こってはいけませんので。
皆様には少しわかりにくいことかもしれませんが、靴の製造の難しさをこんなところでご理解いただければ幸いです。
さて、そんな中で、今回は「インバネス」と「ノーフォーク」で、水染めコードヴァン5色(ブラック、ワイン、ネイビー、タン、カーキ)とスエード7色(ブラック、ダークブラウン、レッド、ブルー、ベージュ(濃淡2色)、レッドブラウン)をご用意できました。先週も触れましたが、この秋冬はスエード素材や深みのある色が注目されていますので、是非ご検討ください。
最後に、「なかなかシェットランドフォックスの秋の新作が上がってこないなぁ」とお思いの方のために、サンプルを借りてくることに致しました。店頭への納品は9月末頃になりそうですが、ブリティッシュなドレスとカントリーラインがどんなものかをいち早くお確かめになりたい方は、銀座までお越しください。


アバディーン.JPG

 

カークウォール.JPG

いよいよ来週の9/16(金)から「シェットランドフォックス」のパターンオーダー受注会がはじまります。「どんな組み合わせ、素材にしようか」などと迷われている方もいらっしゃると思いますので、今週はオーダーサンプルから3点ほどご紹介してみましょう。 
 まずは、「ケンジントン」から内羽根ストレートチップの品番3013と、モンクストラップの品番3042です。ストレートチップは、素材にCFステッド社(英)のスーパーバックスエードでダークブラウンの中でもかなり濃い色目のものを使い、キャップの部分に控えめなメダリオンを配したものです。通常のラディカカーフとはかなり違った佇まいになるのが、素材の妙というところでしょう。
モンクストラップの方は、アノネイ社(仏)のボカルーカーフ ワインで、同様にトウ部分にメダリオンが配されています。元々透明感のあるボカルーカーフですが、黒などの濃い目のクリームを入れていくとアンティークな雰囲気が醸し出されていくのではないでしょうか。
「ケンジントン」の履き心地を気に入っている方には、こんな素材使いでのバリエーションも検討して頂けるとお楽しみが広がるように思います。

 

 

オーダーサンプルB×BS3051.JPG

次は人気の「グラスゴー」から内羽根ウィングチップの品番3051です。イルチア社(伊)のラディカカーフ黒とCFステッド社(英)のスーパーバックスエード黒という組み合わせです。ラディカカーフの黒は、スエードとのコンビネーションということで、ほとんど仕上げを施していないせいか、微かにこの革本来のムラ感が見て取れます。この靴もクラシックな装いに足元から品格を漂わせる役割を充分に果たしてくれそうな感じがいたします
 いかがでしたか。少しは参考になりましたでしょうか?
ここのところ、クラシックでドレッシーなスタイルが注目されているようですので、スエードや色合いの濃い革をお選びになって、「大人」の雰囲気をさりげなく楽しんでいただくのも一興かと思い、この3点をご紹介いたしました。
 この他にもいくつかオーダーサンプルがあるのですが、それらは「REGAL TOKYO」で直接お確かめ頂ければと思います。 皆様どうぞお気軽にお越しください。

 

2月の「シェットランドフォックス限定受注会」にてご注文いただいた靴の中から、いくつかの作品を紹介してまいりましたが、最後は、ケンジントンです。





20110617-2.jpg
まずこちらは、トゥキャップとレースステイから後ろの部分にラディカカーフの黒を配し、CFステッドの黒スエードを挟み込むカタチでコンビネーションにした東京にお住まいのT様の1足です。
私は、この靴が出来上がってきた時に思わず「ニンマリ」としてしまったのですが、それは何となくこの組み合わせが遠く明治の世に思いを馳せてしまうほど、木型と素材感のマッチングがクラシックな佇まいを醸し出していたからです。この組み合わせならボタンブーツもありですねなどとお渡しの際にT様とつい話し込んでしまいました。








20110617-3.jpg
次にご紹介するのは、ボカルーカーフのダークブラウンとCFステッドのブラウンスエードの組み合わせをお選びになった埼玉県のD様の作品です。ただスムース革とスエードのコンビネーションにするだけでなく、トウに存在感のあるメダリオンを配したことで、より一層華やかなイメージに仕上がりました。
見るからにフレッシュで気配りの行き届いた感じのD様がどんなコーディネイトでこの靴をお楽しみになるのかとても楽しみです。ブリティッシュな雰囲気でいくのであれば、しっかりしたハリスのヘリンボーンツイードなどでも良いと思いますが、そこは若い感性をお持ちの方ですから、きっと良い意味でこちらの期待を裏切っていただけるのではないでしょうか。





さて、これまで4回に亘り、ご紹介してまいりましたシェットランドフォックスのオーダー会作品ですが、如何でしたでしょうか。「やられた!」とか「自分はこうしたかったなぁ」とか色々なご意見はあるかと思いますが、ご注文頂いた皆様がとてもオーダーの際に楽しそうに迷われていた姿が印象的でした。


今春のオーダー会が好評だったので、引き続き秋にも限定受注会を開催したいと考えております。開催の暁には、今回乗り遅れてしまったという方、ぜひワクワクしに銀座の「REGAL TOKYO」までお越しください。


先週に引き続き、2月に行われた「シェットランドフォックス限定受注会」にてご注文いただいた靴の中から、いくつかご紹介してまいりましょう。今回は、インバネスです。
 
 

02_3029BWIN-16.jpgオーソドックスなラウンド木型が人気のインバネスですが、まず、同じ配色でのコンビネーションシューズ2作品をご紹介いたします。
それぞれキャップ部分と羽根周りに黒を、本体部分にワイン色を配した組み合わせですが、何れも品良く仕上がっていますね。3033というプレーントゥメダリオンデザインで、この組み合わせがあるのですが、外羽根パンチドキャップトゥと内羽根キャップトゥでも見事にうまくはまりました。パンツの裾からワインカラーがチラッと見えるというところがこれらの靴のウリでしょう。

 

 
 
 


03_3029B-30.jpg次に、ご紹介するのは既製の3029ストレートチップにご自分のこだわりをさりげなく盛り込んだ作品です。
黒のストレートチップは控えめなメダリオンをトゥに配したところが、ダークブラウンの方は既製では展開していない色を載せ、ダイナイトソールにしたところがそれぞれポイントでしょう。
ベースは同じデザインですが、それぞれにお客様がお使いになる場面やコーディネイトの違いによって、オーダー内容が変わった好例といえるのではないでしょうか。


04_3029DBR-27.jpgパターンオーダーの楽しみ方には色々なアプローチがあると思いますが、今回ご紹介したように、ベースがしっかりしたものに少しだけご自分のこだわりを吹き込み、世界で1足だけのオリジナルを作る、というのもなかなか素敵なことだと思いませんか。
華やかなコンビネーションももちろん良いのですが、このようなさりげないオーダーを我々スタッフもとても良い参考にさせて頂いているのです。

 

 

 

 

 


 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss