こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

夏のセミの声が夜の鈴虫の声に変わって、朝晩は随分と涼しくなりました。 
涼しくなると秋の装いも気になるようになり、ショップのウインドウをよく見るようになりました。 
皆様は、いかがでしょうか?

さて、REGAL TOKYOでは、秋のイベント第1弾、恒例となりました「Built to Order System
限定受注会」が本日18日(金)~27(日)まで開催となります。

1.SaddleShoes.JPG
●サドルシューズ(甲革:ボックスカーフ×スエード  ¥60,480)

2.GOLFSHOES.JPG
●ゴルフシューズ(甲革:型押し革・撥水  ¥60,480)

限定受注会では、通常選択出来る17種類のデザインに加えて、サドルシューズとゴルフシューズの受注会限定デザインをお選びいただけます。  (*ゴルフシューズの木型調整やウィズ変更は
できません)

3.Punched Captoe.JPG
●ストレートチップ:キャップ 穴飾り追加(オプション¥2,160)

4.QuarterBrogue.JPG
●セミブローグ:メダリオン無し仕様

そして、甲革コンビネーションや一部デザイン変更、メダリオン変更など限定受注会ならではの
仕様変更が可能です。
(*コンビネーションなど、甲革やデザインによっては、ご希望に添えかねるものがございます)


先週は、今回の受注会で初めてご用意した国産の甲革素材をご紹介いたしました。
その他にも、限定受注会ならではの厳選した甲革素材をご用意しております。 

5.Limited LeatherSamples.JPG
●クロムエクセル(上段)、手もみ革(下段左)、スコッチグレインカーフ(下段右)

6.Limited SuedeSamples.JPG
●スエード:グレー、ダークグリーン、ベージュ、バーガンディ、ダークレッド、ベージュ、
ダークブラウン、ブラウン
スエードのダークグリーン、グレー、バーガンディ、ダークレッド、ベージュについては、
足数限定となります。

ご紹介してきましたように、限定受注会では、通常ではご用意していない甲革素材、デザイン、
コンビネーションやつま先デザイン変更などを選んでオリジナルの1足をご注文いただけます。 

REGAL TOKYOの限定受注会は、春と秋の年2回のみ開催しております。 
今月は、シルバーウィークで5連休の方も多いのではないかと思いますが、お休みの方、
お仕事の方、東京へお出かけの方は、ぜひ銀座へお立ち寄りになって、当店へ遊びにいらして
ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

●「Built to Order System 限定受注会」 仕様
・甲革素材(受注会限定):
真黒(国産)、グレージング革(国産)、手もみ革(国産)、タンドカーフ(仏):ダークブラウン、
スエード(伊)、アニリンカーフ(仏):ネイビー、クロムエクセル(米)、スコッチグレインカーフ(独)  他
・底材: レザーソール、ダイナイトソール、ラバーコンポジットソール、ノン-スリップソール
・製法: グッドイヤーウエルト製法
・ライニング色: ブラック、ベージュ、ダークブラウン、ボルド-、レッド、パープル、オレンジ(受注会限定色)
・サイズ:23.0 ~ 28.0cm 、ウィズが3種類からお選びいただけます。
・価格   \47,520(税込)~ / ゴルフシューズ ¥60,480(税込)~
・お渡し予定 2015年12月下旬~
  (*受注状況により延びる事がございます。予めご了承下さい)

*限定素材の中に、足数限定の素材がございます。革がなくなり次第、受付終了とさせて
いただきます。
*コンビネーションなど、甲革やデザインによっては、ご希望に添えかねるものがございます。
*ゴルフシューズの木型調整やウィズ変更はできません。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 9月は、28日がお休みです。
(9月21日(祝・月)は、Built to Order System限定受注会期間中につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

来週18日(金)より、恒例となりました'15年秋の限定受注会の第一弾、「Built to Order System
限定受注会」が開催となります。 
オープニングの写真は、今回用に仕上がってきた新しい素材を使ったサンプルです。

先週のブログは、国産の革素材についてのお話でした。 私も、国産の革の中にも職人が時間と
手間をかけて拘りの革を作っている事を知りました。 そして、今回の「Built to Order System限定受注会」では、担当者が国産素材の中から厳選した革をご用意することが出来ました。

1.Shinkuro.JPG
今回ご用意した国産革素材は、「黒味」に拘ったブラックのスムースレザーです。私たちの中では、この革素材を「真黒(シンクロ)革」と呼んでいます。
2.BlackLeatherSwatch.JPG
上の写真は、右上から時計回りに真黒(国産)、キップ(国産)、ボックスカーフ(独)、アニリン
カーフ(仏)です。この素材は、黒革の中でもより黒さに拘ったという革素材で、他のブラック系
革素材と比べると黒味が強く、サンプルの靴を見ても黒々しています。 
触ってみると、やや張りがあり、程よい艶がある革です。ブラックの靴をご検討の方には、是非
見て頂きたい素材です。

3.GrazingKip.JPG
そして、仕上がりの質感に拘った茶系のスムースレザーのダークブラウンとブラウン、2色を
ご用意する事ができました。この革素材は、先週のブログでご紹介いたしましたグレージング
仕上げのスムースレザーです。

4.DBR Swatch.JPG
受注会では、たくさんの茶系スムースレザーがあるのですが、今までにない色味となります。
ダークブラウンの革素材を集めてみると、右上から時計回りに、グレージング革、キップ革、
タンドキップ革、タンドカーフ革、アニリン革です。

5.BR Swatch.JPG
ブラウンの革素材を集めてみると、右上から時計回りに、グレージング革、タンドキップ革、
タンドカーフ革、アニリン革です。
このグレージングの革は、お手入れにより、独特の磨き艶やナチュラル感が出て、風合いの良い
エイジング仕上げにもなります。

6.WarmColouredSwede.JPG
そして、限定受注会では、初めてのカラーとなる暖色系のスエードをご用意する事が出来ました。カラーは、ダークレッド、ボルドー、ベージュ(右から)の3色で、足数限定となります。

かなり時間と手間がかかりましたが、今回も新しい素材をご用意する事ができました。受注会ならではのオリジナルの靴をお楽しみ頂ければと思います。 コンビネーションの靴をご検討の方は、素材や色数も増えて悩ましい所もありますが、またそこが受注会ならではの楽しみです。 是非、実際に手にとってご覧になり、ご検討下さい。

なお、限定受注会用の革見本は、店頭でご覧いただけるようにご用意いたしました。
本日現在、靴サンプルは一部店頭でご覧いただけますが、来週の16日(水)には、受注会の全てのサンプルがご覧いただけるように用意する予定です。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。  9月は、14日、28日がお休みです。
(9月21日は、Built to Order System限定受注会期間中につき、通常営業いたします)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

このところ朝、晩の気温も落ち着いてきましたが、ムシムシと蒸し暑い日々が続いております。
そして、時折、突然の雨に見舞われて雨宿りなんて事があり、折りたたみの傘が手放せないですね。 先日、予期せぬ雨に降られて、その日は傘を持っていなかったので、駅で雨宿りをするはめになってしまいました。履き下ろしたばかりの靴だったので、濡れるのが惜しかったんです。

さて、REGAL TOKYOでは、恒例となりました3種類の「パターンオーダーシューズ限定受注会」を9月中旬から11月上旬にかけて開催いたします。 それぞれに異なる企画・内容で、お客様の嗜好にあった受注会ならではの靴がお選び、お楽しみ頂けます。
本日は、『'15年秋の限定受注会』の日程が決まりましたので、お知らせいたします。

1.BOS SaddleShoes.JPG
●第一弾  『Built to Order System限定受注会』
・日程: 9月18日(金) ~ 9月27日(日)  10日間
・価格:47,520円(税込)~  (ゴルフシューズは、60,480円(税込)~)
・お渡し予定:12月下旬~
(写真  甲革:手もみ(DBR) × アニリンカーフ(DBR) ¥60,480(税込)
   トップ画像は甲革:アニリンカーフ(NAVY)×スエード(NAVY) ¥64,800(税込))

2.L50 UTip.JPG
●第二弾  『Last#50 Special限定受注会』
・日程:10月9日(金) ~ 10月18(日)  10日間
・価格:47,520円(税込)~
・お渡し予定:2016年1月下旬~
(写真  クロムエクセル(BEIG) × バイソン(BEIG) ¥58,320(税込))

3.Kubu Mens.JPG
(写真 メンズ カーフ・仏(WINE) ¥120,960(税込)) 
4.Kubu Ladies.JPG
(写真 レディース カーフ・伊(LTBR) ¥98,280(税込))
●第三弾 『工房職人による九分仕立て限定受注会』 
・日程:10月30日(金) ~ 11月8日(日)  10日間
・価格:メンズ 113,400円(税込)~  /  レディース 97,200円(税込)~
・ お渡し予定:2016年2月下旬~

革靴好き、革好きの方の中には、上質の甲革が減っているあるいは高騰している事は、お気づきの方も多いと思います。 私も革素材ごとの質感や革の味となる経年変化が好きで、永く使っていくと愛着がわいてきます。 オーダーで作った靴は、自分の嗜好が加わりこの上ない想いがあります。 そして、ご来店のお客様とお話していると、革について会話が弾む事がよくあるんです。

今回の受注会では、お客様に楽しんでいただけるように新しい甲革素材を、いくつかご用意いたしました。どんな甲革素材なのかは、追ってご紹介いたします。  気になる方は、お電話や店舗にお立ち寄りの際に、お気軽にスタッフへご質問ください。


5.Kubu Cordovan Derby.JPG
次に、「REGAL TOKYO」で常時承っている「Built to Order System」と「工房職人の九分仕立て」の2つのパターンオーダーについてのお知らせです。
(写真はコードヴァン素材使いの「九分仕立て」です)

先日このブログでもご案内いたしましたが、9月1日よりコードヴァン革のパターンオーダーが価格改定となります(詳細は、2015年6月2日のブログをご参照下さい)。 
革好き、コードヴァン好きの方、そして私としても、とても残念なお話ですが、市場でも、社内でも今後、ますますコードヴァン革は、希少素材となり、入手が難しくなりそうです。 コードヴァン革の靴をオーダーしようかと迷われている方は、ぜひこの機会にご検討ください。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 8月は、24日、31日がお休みです。
9月は、7日、14日、28日がお休みとなります。
(9月21日は、限定受注会期間中につき、通常営業いたします)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


ご無沙汰しております、工房の田尻です。
毎日暑い日が続きますが皆様はいかがお過ごしでしょうか。

工房では漸く春のパターンオーダー会分の靴が完成してきましたので、少しご紹介したいと
思います。

オープニングの写真は、チゼルトゥラストのストレートチップでコバが生地仕上げです。
今回の九分仕立てPO会では、初めての試みとしてコバの色を生地仕上げに出来るというのを
やらせて頂きましたが、アッパーのNAVY コードヴァンとコバの生地仕上げもとてもマッチして
います。ライニングのピンクも良いですね。
(N様 内羽根ストレートチップ コードヴァン NAVY)

KAKIFullBrogue.jpg
こちらはコードヴァンのカーキ色のフルブローグです。
割と落ち着いて枯れた色をしていますが、とても素敵なエージングが楽しめる革です。踵回りも
ストームウェルトを巻きつけて定石を踏んだデザインですね。
(K様 外羽根フルブローグ コードヴァン KHAKI)

最後に、最近ビスポークの顧客様のレザースニーカータイプが出来上がりましたのでこちらも
UPします。

Bespoke WingTassel.jpg
もう何足オーダーされたのか判らないくらいご注文して頂いてますが、最近は軽く履けるような
タイプが良いとの事で、こういった靴を良く好まれます。 ITALYのベビーカーフにイグアナタイプ
の型押しを施したスリッポン。今の季節には涼しげな印象を与えてくれる1足になりそうです。

最近はお陰様でオーダーの受注が増え、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。
その分、納期が少しかかっておりますが店頭スタッフ、工房スタッフ共にお客様にご満足して
頂けるよう最善を尽くして参ります。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
8月は、24日、31日がお休みです。 9月は、7日、14日、28日がお休みとなります。
(9月21日は、限定受注会期間中につき、通常営業いたします)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


皆様こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

梅雨明けしたら、この猛暑!! 皆様、お身体は、いかがですか。
この暑さに耐えていけるのでしょうか。連日のように猛暑日が続いたり、スコールのような雨が降ったり、この夏も今まで経験した事がないような気象に見舞われるのでしょうか。それともこのような天候が通常の夏となっていくのでしょうか。 

さて、先週は、'15年春の受注会 第2弾 「Built to Order System 限定受注会」の靴をご紹介させて頂きました。そして、他にも素材や仕様など受注会ならではの靴が次々に仕上がってきましたので、今週もご紹介させていただくことにしました。

オープニングの靴は、足数限定でご用意しましたモスグリーン色のスエード(伊)のフルブローグ
です。
とても落ち着きのある色合いで、渋い靴に仕上がりました。ライニングの色に合わせたオレンジのシューレースもスエードの色と相性が良く、靴の仕上がりを見たスタッフ内でも好評の1足でした。
毎回、オーダーのイメージを膨らませてご来店いただくM様は、モスグリーンの色目をいかした爪先のメダリオンが無い仕様をお選びになり、イメージ通りの仕上がりを見て、大変喜んでいただけました。
○甲革/色 : スエード(伊) / モスグリーン
◎価格 : ¥52,920(税込)

次に、受注会でのみお選びいただけるデザインの「サドルシューズ」を2足ご紹介いたします。
 
1.MonkStrap.JPG
○甲革 : スエード(伊) × エナメル(伊)
○色   : モスグリーン × ブラック
◎価格 : ¥54,000(税込)

モスグリーンのスエードにアクセントとなるエナメルのコンビネーションの靴。 
私は、この靴の仕上がりを見て、「いいなぁ」と思った1足でした。 実は、このモスグリーンのスエードは、私の中で密かにお気に入りの素材です。

2.Monkstrap.JPG
○甲革/色 : スエード(英) / ネイビー
◎価格 : ¥51,840(税込)

そしてもう1足、スエードのネイビー単色素材のサドルシューズです。
サドルシューズは、コンビネーションでお作りになる方が多く、見慣れているのですが、単色素材の仕上がりを見た時は、新鮮さを感じました。今回、新規追加カラーとなったオレンジのライニング色とも中々良いマッチングではないでしょうか。

続いて、足数限定でご用意しましたボックスカーフ(独)のダークブラウンを使ったパンチドキャップトウです。
3.PunchedCapToe.JPG
○甲革/色 : ボックスカーフ(独) / ダークブラウン
*つま先デザイン変更:親子穴追加(オプション)
*羽根下ステッチ変更:スワンネック(オプション)
◎価格 : ¥64,800(税込)

 レギュラーで選択できるブラックのボックスカーフと同様に落ち着きのある革肌目ですが、ブラックよりも柔らかい革素材です。
深いダークブラウン色は、普段ブラックの靴を履いている方におススメできる茶系の色ではないでしょうか。つま先キャップの親子穴と羽根下のスワンネックのステッチも受注会ならではのデザインですね。

4.StraightTip.JPG
○甲革 : キップ(国産) × キップ(国産)
○色  : ブラック × ホワイト
◎価格 ¥50,760(税込)

受注会では、コンビネーションでオーダーする方は、多いのですが、黒×白をお選びになる方は意外と少ないんですよね。今までの受注会でも、ありそうでない色の組み合わせのコンビネーションです。

お客様、お客様ごとにイメージを膨らませてご来店になり、店頭で素材やサンプルを見て悩みながら、ご注文をいただいております。 まだまだ、ご紹介したい靴がありますが、またの機会にしたいと思います。
(※写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。)

「Built to Order System限定受注会」は、春と秋の年2回期間限定で開催しており、現在、お客様に楽しんでいただけるよう秋に向けて、着々と担当者と話を進めています。
また、「Built to Order System」パターンオーダーのサイズ見本をご用意してますので、フィッティング、履き心地などを店頭でお試しいただけます。 もし限定受注会について「こんな仕様、甲革で作れますか?」など詳細なご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は、27日がお休みです。   8月は、3日、10日、17日、24日、31日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


皆様こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

今月は梅雨空が続き、中々晴れ間が見られなかったのですが、一転、日差しが強く身体に堪える猛暑が続き、厳しい暑さとなりました。  
暑さは厳しいのですが、靴好きの方にとっては、お気に入りの靴の出番となり、足元を決めてお出かけするには良かったのではないでしょうか。実に私も、久しぶりにお気に入りの革底の出番でした。 

店舗では、'15年春の受注会 第2弾 「Built to Order System 限定受注会」の靴が続々と出来上がってまいりしました。本日は、たくさんご注文をいただいた中からいくつかご紹介したいと思います。

オープニングの靴は、今回の限定受注会で一番人気のデザインだったダブルモンクストラップです。
ご注文されたお客様は、カジュアル用にとお考えになって、何かアクセントとなるコンビネーションの甲革をどうしようかお悩みになっていらっしゃいました。そして、きれいな色合いが決め手となり、レッドの型押しをお選びになりました。
また、トウやかかと周りは履きこんで革の味が楽しめるタンドカーフなので、永くお履きになって自分好みの甲革に育てながらどのように変化していくのか楽しみです。

○甲革 : タンドカーフ(仏) × スコッチグレインカーフ(独)
○色   : ダークブラウン × レッド
◎価格 : ¥60,480(税込)
 
1.BOSPO U-tip.JPG
次にご紹介しますのは、普段は、ドレス仕様の靴ばかり見ていたので、仕上がりを見た時に「この手があったか!」と感じた逸品です。同じ型の靴でも甲革、底材が変わるだけで全く印象が変わり、カジュアル仕様に仕上がりました。 
白のステッチ、履き口のパイピング、靴紐も甲革と相性が良く、軽快感のブリックソールともマッチしていると思います。 お渡しの時もお客様には喜んでいただけました。

○甲革 : スコッチグレインカーフ(独) × スコッチグレインカーフ(独)
○色   : レッド × アクアブルー
◎価格 : ¥60,480(税込)

2.BOSPO Loafer.JPG
○甲革 : 手もみ革(国産) × スコッチグレインカーフ(独)
○色  : ブラウン × レッド
◎価格 ¥64,800(税込)

3.BOSPO SemiBrogue.JPG
○甲革 : アニリンカーフ(仏)×手もみ革(国産) 
○色   : ダークブラウン × ブラウン
*メダリオンがオーダー会仕様
◎価格 : ¥64,800(税込)

上の2足は、赤みの強い手もみ革のブラウン色が特徴の2足です。
この手もみ革も、お手入れで鏡面仕上げやエイジングが出来る甲革なので、履きこんで楽しめると思います。 手もみ革は、スタッフの中でも好評で、型押し系の革を探している方にはぜひおススメしたい素材の1つです。

4.BOSPO GOLFSHOES.JPG
○甲革 ・ 色 : ウォータープルーフ型押し革(国産) ブラウン
◎価格 : ¥60,480(税込)

5.BOSPO GOLFSHOES.JPG
○甲革 : ウォータープルーフレザー(国産) × スエード(英)
○色  : ダークブラウン × ブラウン
◎価格 ¥66,960(税込)

今回の受注会では、ゴルフシューズのご注文もいただきました。
ゴルフシューズは、専用の木型を採用しており、上の写真のようにショートウイングデザインのサドルタイプとサドルタイプとの2種類のデザインからお選びいただけます。
オーダーされたお客様は、ゴルフのラウンド時の防水性を考慮してか、お二人ともウォータープルーフ系の甲革をお選びになりました。
やはり、お気に入りの靴でラウンドすると、気分も良くなってプレーやスコアにも影響するのでしょうね。

いかがでしょうか。既成靴にはない、オーダー靴ならではの仕様で、お客様ごとの拘りがそれぞれに散りばめられております。
オーダーされた皆様はこの靴をお履きになって、どんな装い、スタイルでお出かけになるのでしょうか。実際にお履きになったお客様とお会いするのがとても楽しみです。

今回は'15年春の受注会 第2弾 「Built to Order System 限定受注会」の靴をご紹介いたしました。
写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。
また、これからもご紹介していきたいと思います。

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
7月は、27日がお休みとなります。(海の日 20日(祝・月)は、通常営業いたします。)
8月は、3日、10日、17日、24日、31日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

5月は晴天に恵まれ、「梅雨なんか来ないんじゃないの・・」なんて思ってしまうくらい良い天気が続いていましたが、今月に入って、日替わりで変わりやすい天候となり、天気予報が気になる毎日です。 皆様いかがお過ごしでしょうか。

店舗では、春の受注会の靴が続々と入荷してまいりましたので、今回は、'15年春の受注会 第1弾 「Last#50 Special 限定受注会」の入荷した中からご紹介したいと思います。 

それでは、オープニングの靴の仕様をご紹介いたします。
○甲革 : クロムエクセル(米国)×手もみ革(国産) (色:ネイビー×ネイビー)
○底材 : 革底+ハーフラバー
○細革 : リバースウエルト タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : 甲革コンビネーション/リバースウエルト仕様
●価格 : ¥61,020(税込)

甲革がホーウィン社のクロムエクセルと国産の手もみ革で底材がリバースウエルト製法、レッドのライニングとソールステインと受注会ならではの仕様で、なかなかの貫禄の仕上がりですね。
お客様がどんなスタイルに合わされるのか楽しみです。 オイルレザーのクロムエクセルと手もみ革は、タフに履きこんでも丈夫さがあり、リバースウエルト製法のしっかりした底周りとあいまって、多少の天候が悪い日でも活躍してくれますね。そして、永く履きこんだ革の風合いが楽しめる1足だと思います。

1.Last50PLAIN TOE.JPG
○甲革 : コードヴァン(国産) (色:タン)
○底材 : 革底(コバ:生地仕上げ)
○細革 : ストーム タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : コバの生地仕上げ
●価格 : ¥84,240(税込)

コードヴァンの靴は、この「艶」がいいですよね。この艶に魅了されて、思わず手に取ってしまったり、購入の衝動にかられる方も多いのではないでしょうか。 お手入れをしながら履きこんでいくと、シワや甲革の色合いが変わり、唯一無二の風合いに変化していきます。 革の「味」が楽しめるところも、靴好きには堪らないところです。
そして、底材の「コバの生地仕上げ」が靴の印象を大きく変えていると思いませんか? 標準の仕様だと、コバ色は濃茶なんです。 「生地仕上げ」にする事で靴の印象が変わり、アクセントとなります。受注会ならではの仕様で、お客様の拘りの1つですね。

3.Last50PLAINTOE.JPG
○甲革 : スコッチグレインカーフ(仏) (色:ブラウン)
○底材 : 革底(コバ:生地仕上げ)
○細革 : スリット タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : コバの生地仕上げ
●価格 : ¥60,480(税込)

続きまして、オープニングの靴と同じプレーントゥのデザインですが、甲革が型押しとなり印象がカントリー風になりました。 この革も、お手入れを施していくと艶が増し、革の色が変化していき、革の「味」が楽しめます。 型押しのプレーントゥと言えば・・・、REGALが長年に亘って作っている定番の靴を思い起こす方も多いのではないでしょうか。

2.Last50LongWING.JPG
○甲革 : スエード(伊) (色:ダークブラウン×ブラウン)
○底材 : ブリックレッドソール
○細革 : ストーム タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : 甲革コンビネーション/コバの生地仕上げ
●価格 : ¥56,160(税込)

次に毛足のきれいなイタリアンスエードのコンビネーションのカジュアル仕様です。 スエード好きのお客様も最近は多く、軽量なブリックレッドソールとあいまって、休日のお出かけに、タウンスタイルにお似合いではないでしょうか。 

いかがでしょうか。 どれも、お客様の拘りが詰まった1足に仕上がっています。 「Last#50 Special 限定受注会」は、細部にわたって仕様の選択ができるので、オリジナルの1足に仕上がります。 そんなところがお客様に支持されて、会を増すごとにファンが増えてきておりますので、私たちも嬉しいかぎりです。 

「Last#50 Special 限定受注会」は、春と秋の年2回期間限定で開催しております。 お客様に楽しんでいただけるよう秋に向けて担当者と話を進めていきます。 受注会について「こんな仕様で作れますか?」など 詳細ご質問についてはお気軽にお問い合わせください。
(※写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。)

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、15日、22日、29日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


「Be Spoken」

「話す」ことから、すべては始まります。
デザイン・素材・色・製法・フィッティング・・・
二人として同じ人がいない様に、お客様のご要望も十人十色。
そのご要望を「かたち」にしていくのがBESPOKEです。
それは、お一人お一人の熱い想いをお話いただくことから始まります。
話し合いながら「かたち」にしていく・・・・
BESPOKEは『Be Spoken』が由来と言われる所以です。
(REGAL TOKYO HPより)

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

オープニングの写真は、先日お渡ししたお客様の「BESPOKE」の靴です。
お客様がご来店になり、出来上りを見て、イメージした靴の出来上りに喜んでいただきました。 そして、履いていただき、履き心地に喜んでいただきました。 
毎回お渡しの時は、職人、私たちスタッフも内心、ドキドキなのですが、お客様の笑顔が見られると、とても嬉しく、喜びを感じます。 ご注文いただき、ありがとうございました。

お客様とお話しをしている中で、「いつかは・・・作ってみたいですねぇ!」なんて云う会話になる事があります。  自分の足型を元に木型を作って、自分が思い描く、イメージする、要望の靴が作れる、フルオーダーの靴が「BESPOKE」です。

本日は、「BESPOKE」について、ご紹介したいと思います。

まず、「BESPOKE」のお問い合わせの際にご来店の希望日時を仰っていただき、職人との打ち合わせの日取りを事前に決めさせていただきます。   

1.MeasurementProcess1.JPG
2.MeasurementProcess2.JPG
そして、ご来店いただくとまずお客様の足の計測をさせていただきます。長さ、高さ、足囲などお客様の足型から木型を作る為のデーターを取ります。 この時に、足の細かな形状、特徴を触診や写真を撮らせていただきながら、確認します。  お客様から、靴を履いていて気になる事や困っている事などもお伺いいたします。

3.ExplanationProcess1.JPG
次に、靴の仕様を決めていきます。 デザインや甲革、底材・・・お客様のご要望の靴の仕様を、1つ1つ決めていきます。 仕様決めの中で、デザインは、お客様の想いが詰まった大きなところで、写真や雑誌、店内のサンプルなどを見ながら、細かなディテールを決めていきます。

4.ExplanationProcess2.JPG
甲革も靴のイメージを作る大きな要素で、店内のサンプルを見ながら、質感、色を確かめながらお選びいただきます。 この時、もしご要望の甲革が見つからず決まらない場合は、職人がお探しする場合もあります。 職人は、お客様のご要望を確認しながら、靴のイメージを膨らませてオーダーシートを作成いたします。

ご注文後、次にお客様にお会いするのは、およそ3か月後の仮縫い靴の確認時となります。
お客様の木型を製作し、仮縫い靴を作り、フィッティング確認、デザインや仕様の確認をします。そして、始めのご注文から出来上がりまでにおよそ6ヶ月を要します。 出来上がりまでにお時間をいただきますが、お客様のご要望、想いを職人と会話をしながら、「かたち」にしていきます。

今回は受付からお渡しまでの流れについて簡単に触れましたが、「BESPOKE」についてはこれからも機会を見てご紹介していきたいと思います。
(※写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。)

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、8日、15日、22日、29日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


ご無沙汰しております、工房の田尻です。

工房は、2014年秋の九分仕立て限定受注会分の製作が漸く終わり、4/24(金)~5/6(祝・水)までは「REGAL TOKYO」にて17回目となる九分仕立て限定受注会を開催させて頂きました。
お蔭様で、今回も多くのお客様にご来店・ご注文を頂きました。

いつも限定受注会にご夫婦でいらっしゃるお客様や、名古屋から興味を持ってご来店して下さったお客様など多くの方とお話し出来て有意義な時間を過ごすことができました。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

お知らせです。
今年も「REGAL札幌」で5/15(金)~5/31(日)まで「九分仕立て限定受注会」を開催させていただくことになりました。今回で3回目となります。
(店舗情報:http://www.regalshoes.jp/shoplist/detail.html?sid=03634f3c8a311b6e9)

「九分仕立て」というと、何の事だか判らないという方も沢山いらっしゃるのではないかと思いますが、"靴作りの工程のうち、9割を職人の手づくりによって製作される既製靴"と捉えて頂ければと思います。
マシンメイドの靴とは木型のラインの出かたや足を入れた時のフィット感が異なるので、ぜひこの機会に履き比べて頂けたらと思います。
僕も5/23(土)~24(日)は札幌の店頭におじゃまして、靴づくりの実演をしながらお客様のお相手をさせて頂きます。皆様のご来店を心よりお待ちしております。


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss