こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

5月は晴天に恵まれ、「梅雨なんか来ないんじゃないの・・」なんて思ってしまうくらい良い天気が続いていましたが、今月に入って、日替わりで変わりやすい天候となり、天気予報が気になる毎日です。 皆様いかがお過ごしでしょうか。

店舗では、春の受注会の靴が続々と入荷してまいりましたので、今回は、'15年春の受注会 第1弾 「Last#50 Special 限定受注会」の入荷した中からご紹介したいと思います。 

それでは、オープニングの靴の仕様をご紹介いたします。
○甲革 : クロムエクセル(米国)×手もみ革(国産) (色:ネイビー×ネイビー)
○底材 : 革底+ハーフラバー
○細革 : リバースウエルト タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : 甲革コンビネーション/リバースウエルト仕様
●価格 : ¥61,020(税込)

甲革がホーウィン社のクロムエクセルと国産の手もみ革で底材がリバースウエルト製法、レッドのライニングとソールステインと受注会ならではの仕様で、なかなかの貫禄の仕上がりですね。
お客様がどんなスタイルに合わされるのか楽しみです。 オイルレザーのクロムエクセルと手もみ革は、タフに履きこんでも丈夫さがあり、リバースウエルト製法のしっかりした底周りとあいまって、多少の天候が悪い日でも活躍してくれますね。そして、永く履きこんだ革の風合いが楽しめる1足だと思います。

1.Last50PLAIN TOE.JPG
○甲革 : コードヴァン(国産) (色:タン)
○底材 : 革底(コバ:生地仕上げ)
○細革 : ストーム タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : コバの生地仕上げ
●価格 : ¥84,240(税込)

コードヴァンの靴は、この「艶」がいいですよね。この艶に魅了されて、思わず手に取ってしまったり、購入の衝動にかられる方も多いのではないでしょうか。 お手入れをしながら履きこんでいくと、シワや甲革の色合いが変わり、唯一無二の風合いに変化していきます。 革の「味」が楽しめるところも、靴好きには堪らないところです。
そして、底材の「コバの生地仕上げ」が靴の印象を大きく変えていると思いませんか? 標準の仕様だと、コバ色は濃茶なんです。 「生地仕上げ」にする事で靴の印象が変わり、アクセントとなります。受注会ならではの仕様で、お客様の拘りの1つですね。

3.Last50PLAINTOE.JPG
○甲革 : スコッチグレインカーフ(仏) (色:ブラウン)
○底材 : 革底(コバ:生地仕上げ)
○細革 : スリット タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : コバの生地仕上げ
●価格 : ¥60,480(税込)

続きまして、オープニングの靴と同じプレーントゥのデザインですが、甲革が型押しとなり印象がカントリー風になりました。 この革も、お手入れを施していくと艶が増し、革の色が変化していき、革の「味」が楽しめます。 型押しのプレーントゥと言えば・・・、REGALが長年に亘って作っている定番の靴を思い起こす方も多いのではないでしょうか。

2.Last50LongWING.JPG
○甲革 : スエード(伊) (色:ダークブラウン×ブラウン)
○底材 : ブリックレッドソール
○細革 : ストーム タイプ
○鳩目 : 表鳩目(ゴールドアンティーク)
*オプション : 甲革コンビネーション/コバの生地仕上げ
●価格 : ¥56,160(税込)

次に毛足のきれいなイタリアンスエードのコンビネーションのカジュアル仕様です。 スエード好きのお客様も最近は多く、軽量なブリックレッドソールとあいまって、休日のお出かけに、タウンスタイルにお似合いではないでしょうか。 

いかがでしょうか。 どれも、お客様の拘りが詰まった1足に仕上がっています。 「Last#50 Special 限定受注会」は、細部にわたって仕様の選択ができるので、オリジナルの1足に仕上がります。 そんなところがお客様に支持されて、会を増すごとにファンが増えてきておりますので、私たちも嬉しいかぎりです。 

「Last#50 Special 限定受注会」は、春と秋の年2回期間限定で開催しております。 お客様に楽しんでいただけるよう秋に向けて担当者と話を進めていきます。 受注会について「こんな仕様で作れますか?」など 詳細ご質問についてはお気軽にお問い合わせください。
(※写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。)

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、15日、22日、29日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


「Be Spoken」

「話す」ことから、すべては始まります。
デザイン・素材・色・製法・フィッティング・・・
二人として同じ人がいない様に、お客様のご要望も十人十色。
そのご要望を「かたち」にしていくのがBESPOKEです。
それは、お一人お一人の熱い想いをお話いただくことから始まります。
話し合いながら「かたち」にしていく・・・・
BESPOKEは『Be Spoken』が由来と言われる所以です。
(REGAL TOKYO HPより)

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

オープニングの写真は、先日お渡ししたお客様の「BESPOKE」の靴です。
お客様がご来店になり、出来上りを見て、イメージした靴の出来上りに喜んでいただきました。 そして、履いていただき、履き心地に喜んでいただきました。 
毎回お渡しの時は、職人、私たちスタッフも内心、ドキドキなのですが、お客様の笑顔が見られると、とても嬉しく、喜びを感じます。 ご注文いただき、ありがとうございました。

お客様とお話しをしている中で、「いつかは・・・作ってみたいですねぇ!」なんて云う会話になる事があります。  自分の足型を元に木型を作って、自分が思い描く、イメージする、要望の靴が作れる、フルオーダーの靴が「BESPOKE」です。

本日は、「BESPOKE」について、ご紹介したいと思います。

まず、「BESPOKE」のお問い合わせの際にご来店の希望日時を仰っていただき、職人との打ち合わせの日取りを事前に決めさせていただきます。   

1.MeasurementProcess1.JPG
2.MeasurementProcess2.JPG
そして、ご来店いただくとまずお客様の足の計測をさせていただきます。長さ、高さ、足囲などお客様の足型から木型を作る為のデーターを取ります。 この時に、足の細かな形状、特徴を触診や写真を撮らせていただきながら、確認します。  お客様から、靴を履いていて気になる事や困っている事などもお伺いいたします。

3.ExplanationProcess1.JPG
次に、靴の仕様を決めていきます。 デザインや甲革、底材・・・お客様のご要望の靴の仕様を、1つ1つ決めていきます。 仕様決めの中で、デザインは、お客様の想いが詰まった大きなところで、写真や雑誌、店内のサンプルなどを見ながら、細かなディテールを決めていきます。

4.ExplanationProcess2.JPG
甲革も靴のイメージを作る大きな要素で、店内のサンプルを見ながら、質感、色を確かめながらお選びいただきます。 この時、もしご要望の甲革が見つからず決まらない場合は、職人がお探しする場合もあります。 職人は、お客様のご要望を確認しながら、靴のイメージを膨らませてオーダーシートを作成いたします。

ご注文後、次にお客様にお会いするのは、およそ3か月後の仮縫い靴の確認時となります。
お客様の木型を製作し、仮縫い靴を作り、フィッティング確認、デザインや仕様の確認をします。そして、始めのご注文から出来上がりまでにおよそ6ヶ月を要します。 出来上がりまでにお時間をいただきますが、お客様のご要望、想いを職人と会話をしながら、「かたち」にしていきます。

今回は受付からお渡しまでの流れについて簡単に触れましたが、「BESPOKE」についてはこれからも機会を見てご紹介していきたいと思います。
(※写真の掲載にご協力頂きましたお客様へ感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。)

今週もたくさんのお客様にお会いできる事を楽しみにしております。
皆様のご来店お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
6月は、8日、15日、22日、29日がお休みとなります。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


ご無沙汰しております、工房の田尻です。

工房は、2014年秋の九分仕立て限定受注会分の製作が漸く終わり、4/24(金)~5/6(祝・水)までは「REGAL TOKYO」にて17回目となる九分仕立て限定受注会を開催させて頂きました。
お蔭様で、今回も多くのお客様にご来店・ご注文を頂きました。

いつも限定受注会にご夫婦でいらっしゃるお客様や、名古屋から興味を持ってご来店して下さったお客様など多くの方とお話し出来て有意義な時間を過ごすことができました。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

お知らせです。
今年も「REGAL札幌」で5/15(金)~5/31(日)まで「九分仕立て限定受注会」を開催させていただくことになりました。今回で3回目となります。
(店舗情報:http://www.regalshoes.jp/shoplist/detail.html?sid=03634f3c8a311b6e9)

「九分仕立て」というと、何の事だか判らないという方も沢山いらっしゃるのではないかと思いますが、"靴作りの工程のうち、9割を職人の手づくりによって製作される既製靴"と捉えて頂ければと思います。
マシンメイドの靴とは木型のラインの出かたや足を入れた時のフィット感が異なるので、ぜひこの機会に履き比べて頂けたらと思います。
僕も5/23(土)~24(日)は札幌の店頭におじゃまして、靴づくりの実演をしながらお客様のお相手をさせて頂きます。皆様のご来店を心よりお待ちしております。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

4月24日(金)から「工房職人の九分仕立て限定受注会」が始まり、先週末は、職人に会う事を楽しみにご来店くださったお客様、遠方よりご来店くださったお客様、多くのお客様がご来店くださいました。
誠に有難うございます。 この場を借りてお礼を申し上げます。 

受注会では、ご注文のお話をしながら様々なお話を交わすのですが、その中で、お客様ごとの好みや拘り、嗜好、思いが感じられ、私自身新しい発見と教えていただく事、様々な事を知ることができます。 ご来店になり、お客様にとっても楽しい一時となれば幸いです。

1.FullBrogueCordovan.JPG
                                                 オーダー価格:¥135,000(税込)


2.PlainToeValCordovan.JPG
                                                 オーダー価格:¥129,600(税込)

さて、最近の九分仕立てのパターンオーダーでは、甲革にコードヴァンをお選びになる方が少し増えてきているように感じております。
市場では、ここのところの値上がりや、在庫薄の状況があるようで、その影響なのでしょうか? 
3.CordovanSample.JPG
コードヴァンは、馬のお尻の一部から採れる希少な革です。お手入れをしながら、永く履きこんでいくと独特の風合いとなり、革の"味"が楽しめます。ただ、水に濡れると水ぶくれ状の跡が残ることがあるので、雨の日に履く事はおススメしません。

九分仕立てのパターンオーダーでは、ブラック、タン、ワイン、カーキ、ネイビーの5色からお選びいただけます。店頭でサンプルをご覧いただけますので、コードヴァン好きの方、コードヴァンの靴をお探しの方は、ぜひご来店ください。

4.KubuOrdersheet.JPG
ところで、先週末に受注会が始まり、遠方より九分仕立てレディスのご注文にご来店くださったお客様がいらっしゃいました。
サイズサンプルを履いている所を拝見して、とてもお似合いでサンプルの靴をそのまま履いてお帰りになってもいいなぁと感じるほどでした。

5.CapToeMens,Ladies.JPG
上の写真は、25cmのメンズとレディスを並べてみました。キャップの大きさやノーズの長さなど靴のバランスが違うので、メンズ、レディスの違いがよくわかりますね。
レディス用に甲革の色や種類、メダリオン種類などお選びいただけますので、お探しの方は、気軽にお立ち寄り下さい。

開催期間は、ゴールデンウィークの5月6日(祝・水)までとなります。
九分仕立てパターンオーダーに興味のある方、連休中にお近くに来られる方は、ぜひお立ち寄りください。工房職人も、5月2日(土)、3日(日)に店頭にてお客様をお待ちしております。
皆様のご来店をお待ちしております。


工房職人の九分仕立てパターンオーダー (仕様)
・デザイン メンズ   193型 12デザイン /  272型 20デザイン
               レディス  9デザイン
・製法   ハンドソーンウェルテッド九分仕立て
・甲革   カーフ、スエード、コードヴァン 他
・本底   革底、ダイナイトソール
・ヒール  ハーフプロテクト(化粧釘仕様あり)、フルプロテクト、REGALTOKYO耐久ヒール(メンズのみ)
・サイズ  メンズ:23.0~28.0(チゼルトウは27.0まで)      レディス:21.5~25.5
・修理   オールソール&ヒール、その他
・木型調整 幅/甲のみ調整可(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格    メンズ: ¥113,400(税込)~  レディス:¥97,200(税込)~
・お渡し予定 2015年8月下旬~


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
5月は、11日、18日、25日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の5月4日(祝・月)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


『粋なお客様』

April 30 2015
気持ちの良い天気が続いてます。
工房の佐々木です。

先日、工房九分仕立ての納品に立ち会いました。
そのお客様、春のパターンオーダー会のダイレクトメールの画をイメージして赤いソックスを
履いて来て下さいました!
粋な演出ありがとうございました!

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

本日4月24日(金)より、'15年春の限定受注会第3弾、「工房職人の九分仕立て限定受注会」が始まりました。
今月になって、様子を伺いにご来店くださるお客様が、だんだんと増えて、大変うれしく感じておりました。

さて、今回の受注会では、「コバの色」が黒、茶、生地の3種の中から選択出来ます。これについては、先週のブログで詳しく説明しておりますので、ご参照ください。
「コバの色」が選択できるのは、受注会期間中のみの仕様となります。通常のご注文時は、甲革の色に準じた「コバの色」となります。

1.GrayLeather.JPG
次に限定素材ですが、メンズでは、イルベリエイロ社(伊)のGray色の革が足数限定でご用意することが出来ました。
この甲革がどんな革なのかクリームを塗って試してみました。 上の写真の左上の革にブラックのクリームを塗ってみたところ、染まりやすい革でした。好みのクリームでエイジングしていくと、靴の趣も変わり、オリジナルの1足に仕上がると思います。 また、コンビネーションで他の色と合わせてみても悩ましい色ではないでしょうか。
Gray色は、今まであまり見たことが無かったので、私自身ピンとこなかったのですが、実際はブラック程の色の重さが無いので、意外と装いとも合わせやすく違った印象になると思います。


2.L193Sample.JPG
チゼルトゥのつま先が特徴のスタイリッシュ193木型
3.L272Sample.JPG
流行に左右されずベーシックな272木型

九分仕立てパターンオーダーには、272木型と193木型の2種類があります。
この木型それぞれのデザインバリエーションは、272木型は、20デザイン、193型木型は、12デザインあり、その中からお選びいただきます。そのデザインは、プレーントゥ、キャップトゥ、ウイングチップなど流行に左右されず、永くお履きいただけるデザインです。
また、272木型は、つま先の形状がラウンドトゥとスクエアトゥの2種類から選択できます。

サイズ展開は、193型が23.0cm~27.0cm、272型が23.0cm~28.0cmとなり、幅と甲回りの木型の微調整が可能です。店舗にご来店いただくと、サイズサンプルがありますので、履き心地をお試しいただき、サイズを決めさせていただきます。


4.KubuLadiesSample.JPG
昨年の春よりデビューしましたレディスについてもご紹介いたします。
5.WLLeatherSample.JPG
レディスの限定素材は、ワインハイムレダー社(独)の型押し革をご用意いたしました。
この革素材は、「Built to Order System限定受注会」でご好評をいただいており、柔らかく発色の良いところから、今回レディス用にご用意いたしました。その他にもメンズよりも柔らかい革や色、レディスならではの厳選した革素材をご用意しております。

レディスの九分仕立てパターンオーダーは、9種類のデザイン、21.5~25.5cmサイズからオーダー出来ます。メンズ同様に店舗にご来店いただくと、サイズサンプルがありますので、履き心地をお試しいただき、サイズを決めさせていただきます。

九分仕立てパターンオーダーは、工房職人の手間と時間をかけたビスポークさながらの作りにより、足に吸いつくような履き心地やフォルムの美しさがお客様から支持をいただいております。
工房職人は、4月25日(土)、26日(日)、5月2日(土)、3日(日)に店頭にて、お客様をお待ちしておりますので、靴談義を楽しみながらご注文をお楽しみくださいませ。

開催期間は、ゴールデンウィークの5月6日(祝・水)までとなります。
皆様のご来店をお待ちしております。


工房職人の九分仕立てパターンオーダー (仕様)
・デザイン メンズ   193型 12デザイン /  272型 20デザイン
       レディス  9デザイン
・製法   ハンドソーンウェルテッド九分仕立て
・甲革   カーフ、スエード、コードヴァン 他
・本底   革底、ダイナイトソール
・ヒール  ハーフプロテクト(化粧釘仕様あり)、フルプロテクト、REGALTOKYO耐久ヒール(メンズのみ)
・サイズ  メンズ:23.0~28.0(チゼルトウは27.0まで)     レディス:21.5~25.5
・修理   オールソール&ヒール、その他
・木型調整 幅/甲のみ調整可(木型を細く/薄くする事は不可。調整には、限度があります)
・基本価格    メンズ: ¥113,400(税込)~  レディス:¥97,200(税込)~
・お渡し予定  2015年8月下旬~


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
5月は、11日、18日、25日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日、5月4日(祝)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。



こんにちは。
工房の佐々木です。
2014年3月から始まった婦人の九分仕立てパターンオーダー靴も一年が経ちました。
紳士靴に比べたらまだまだ始まったばかりですが長く続けていけるよう努力します。

今回は、婦人のサドルシューズが完成したので紹介したいと思います。


甲革:ワインハイムレダー社 BOXカーフ×C.F.ステッド社 黒スエード
裏革:ベージュ
底付:カジュアルタイプ 縫い回し
コバ色:生地
表ハトメ:アンティークゴールド

サドルシューズは丸っこいイメージがありますが、この木型で作ったサドルシューズは
かわいくなり過ぎずのバランスいいものが出来たと思います。

ところで、先週(4/17(金))のブログでご紹介しましたが、春のパターンオーダー会では
期間限定で紳士の九分仕立てでも細革(コバ色)が黒・茶・生地から選択が出来ます。
黒の甲革に生地の細革を選択するとこのような雰囲気になります。
ぜひ一度ご検討下さい。

工房職人の九分仕立て限定受注会:4月24日(金)~5月6日(祝・水)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
5月は、11日、18日、25日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日、5月4日(祝)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、工房の田沼です。                        

今回は、リーガルトーキョー春のオーダー会を締めくくる「工房九分仕立て」のオーダー会を紹介させて頂きます。

今回、4月24日(金)から5月6日(祝・水)の期間、オーダー会限定で「コバの色」を選択できるようにさせて頂きました。
「コバの色選択」って何が出来るの?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、コバを染めるインクの色が選べるということではなく、通常は甲革の色に合わせて、黒には黒、茶には茶色の細革を使っているところを、黒・茶・生地の3色からお好きな色をお選びいただけるようにしたということなんです。           

「コバの色を生地にしてより軽い印象にしたい」「夏場のクールビズスタイルに合わせて少しカジュアルな印象にしたい」などのご要望を今までにも頂いておりまして、それにお応えする形で新たな選択肢をご用意させて頂いた訳です。

1.NaturalColourWELT.JPG
例えば、こちらの画像のように、コバを生地にしますと全体に軽快な印象を与えてくれます。
また爪先部の色に合わせて黒いコバを選択して頂けますとグッと締まった感じになって、落ち着いた印象になります。
「コバの色」という細かいところですが、靴全体の印象も変えるくらいの力があるということがうまく伝わりましたでしょうか。
「九分仕立て」をオーダーして頂く際の楽しい悩みがまた一つ増えました。

また、期間中、4/25(土)、4/26(日)と5/2(土),5/3(日)の土・日4日間は私か田尻の何れかが店舗にお邪魔して皆様のお相手をさせていただきます。
九分仕立てやビスポークシューズに興味をお持ちの皆様にお会いできることをとても楽しみにしております。
どうぞお気軽に銀座までお越しください。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
4月は、20日がお休みです。5月は、11日、18日、25日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日、5月4日(祝)は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。
(4月24日(金)~5月6日(祝・水) 工房職人の九分仕立て限定受注会)


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

本日3月20日(金)より、'15年春の限定受注会第2弾、「Built to Order System限定受注会」が始まりました。
「Built to Order System限定受注会」では、受注会限定のサドルシューズを合わせた18種類のデザインとゴルフシューズがお作りいただけます。 

3.WHITE Suede PlainDerby.JPG
本日は、今回の受注会で追加となった仕様や限定素材を紹介したいと思います。
◎甲革:スエード(英) ホワイト

2.SuedeSamples.JPG
まず、今回の受注会では、底材におススメのブリックレッドカラーのスポンジソールが新たに追加となりました。上の写真を見て頂くと、底材によって靴の印象も随分変わるのがわかります。
ホワイトやベージュ、ネイビーなど春夏にお勧めのスエード素材との相性が良いのではないでしょうか? 

4.SuedeSwatch.JPG
スエード素材は、10色からお選び頂くことができます。
上の写真の右側がCFステッド社(英)のスエードで、ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ネイビー、ホワイトの5色。写真左側がシャラダ社(伊)のスエードで、ブラウン、ダークブラウン、モスグリーン、グレー、ベージュの5色が揃っております。なお、モスグリーンは、足数に限りがあります。

5.WeltNaturalColour Sample.JPG
次に、靴底の細革(コバ)の色が黒、茶、生地色の中からお選びいただけます。
今までの受注会では、黒革は黒といったように甲革の色によって細革の色が決まっていましたが(コンビネーションの場合は2色から選択)、3色の中から色をお選びいただけるようにしました。
つまり、上の写真のような甲革の仕様ですと細革(コバ)の色は、黒か生地色の何れかの選択だったのですが、茶色も選べるようにしたわけです。
黒や茶色の革使いの靴でも、細革を生地色にすると一段と春夏向きの仕様に仕上がりますね。
(*細革(コバ)色変更:オプション ¥2,160(税込))

6.BOX CALF DBR.JPG
そして限定素材では、ウェンハイムレダー社ボックスカーフのダークブラウンがご用意できました。茶系の中ではとても濃い色目になりますが、鏡面仕上げをするときれいに光沢が入り、しなやかで足あたりの良さそうな素材です。足数に限りがありますので、ご希望の方はお早目にお越しください。

7.PO Samples.JPG
その他、毎回ご好評の手もみ革(国産)やスコッチグレインカーフ(独)、オイルレザー(クロムエクセル)(米)などの限定素材を含めて、受注会では、底材やオプションなどスペシャルでオンリーワンの1足がお作りいただけます。
店頭で、革見本やサンプルがご覧いただけます。 ぜひ、お手に取ってご覧ください。

皆様のご来店をお待ちしております。


●「Built to Order System 限定受注会」 
・日程 : 3月20日(金) ~ 3月29日(日)
・甲革素材(受注会限定):
 BOXカーフ(ダークブラウン):独、タンドカーフ(ダークブラウン):仏、スエード:伊
 手もみ革:国産、オイルレザー:米、スコッチグレインカーフ:独  他
・底材: レザーソール、ダイナイトソール、ブリックレッドスポンジソール
・製法: グッドイヤーウエルト製法
・ライニング色: ブラック、ベージュ、ダークブラウン、ボルドー、レッド、パープル、オレンジ
・サイズ:23.0 ~ 28.0cm 、ウィズが3種類からお選びいただけます。
・価格 : \47,520(税込)~ / ゴルフシューズ ¥60,480(税込)~
・お渡し予定 2015年6月下旬~


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
3月は、30日がお休みとなります。なお、限定受注会期間中の3月23日は通常営業いたします。
4月は、6日、13日、20日がお休みとなります。
なお、限定受注会期間中の4月27日は通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。
(4月24日(金)~5月6日(祝・水) 工房職人の九分仕立て限定受注会)

ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss