こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
昨日は、東京の都心でも雪が降り、11月としては54年ぶりの雪となり、とても寒い1日でした。

今年は寒暖の差が大きい日が多く、この雪の降るほどの寒さに身体が慣れず、天候に追いつかない状況です。我が家では暖房器具を急遽増やして、なんとか凌いでおります。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。


1.My Suede ChukkaBootsさて、上の写真の靴は、私のスエード素材のチャッカーブーツです。
秋になって、寒さが増してくるとこのチャッカーブーツの出番なんです。 修理や補色などメンテ

ナンスをしながら履いてきて、振り返ってみると今年で10年目ですね。
写真ではわかりにくいのですが、近くで革の状態を見ると、スエードの毛足に当たりが付いて、

永く履いてきたなぁと実感するようになりました。ただ、自分の足に合って愛着もあるお気に入り

の1足なんです。

皆様は、秋冬になると温かみを感じる暖色系のスエード革の靴が履きたくなりませんか? ここの

ところREGL TOKYOにご来店されるお客様も手に取ってご覧になる方が増えてきました。
そこで、本日は、REGAL TOKYO ORIGINALの中からスエード素材の靴をご紹介いたします。


2.Suede ChukkaBoots●甲革 : スエード(伊)  
●色 : ブラック/ブラウン/ダークブラウン/ネイビー/ベージュ
●底仕様 : ダイナイトソール
●価格 : ¥39,960(税込)
まず、毛足長めのイタリア製スエードのチャッカーブーツです。一番人気の色はダークブラウン

ですが、5色からお選びいただけますので、スーツやジャケットのドレススタイル、コーデュロイや

ツイード、チノ、デニムのカジュアルスタイルのどちらの装いにも合わせやすい靴だと思います。

趣きを変えて、あまり見かけないネイビーのチャッカーブーツを合わせてみるのも素敵ですよ。


3.Suede PlainToe,LongWing●甲革 : スエード(伊)  
●色 : ブラック/ダークブラウン
●底仕様 : リッジウェイソール
●価格 : ¥36,720(税込)
次に、Last#50木型仕様のプレーントウとウイングチップの2デザインです。
指先に余裕のある木型と厚みのあるリッジウェイソールなので、リラックスした休日のお出かけに

いかがでしょうか。また、フランネルなど厚みのある生地のジャケットでのお仕事スタイルにも

おすすめです。
4.LongWing with KILTウイングチップにのみキルトが付属しておりますので、好みに合わせて、付け替えいただけます。

キルトを付けると、趣きが変わりぐっとクラシックなイメージに様変わりします。


5.Suede Geoge SERIES●甲革 : スエード(英)
●色 : ダークブラウン
●底仕様 : ダイナイトソール
●価格:ダブルモンク、Uチップ¥43,200(税込) チャッカーブーツ¥45,360(税込)
最後に今シーズンの新作「ジョージ」シリーズから3デザインの紹介です。
靴の詳細については、2016年9月30日のブログを参照ください。 私は、このシリーズの中では、

試作段階からダブルモンクストラップのスエードが一番好きだなぁと思っていました。

履いてみるとLast#50木型ほどではないですが、指先にやや余裕があり、始めにご紹介した

チャッカーブーツよりゆったりしたサイズ感です。


上の写真では、分かりにくいですが、ダブルモンクストラップのカウンター部分、チャッカーブーツ

には、親子穴の穴飾りがデザインの特徴です。

 

いずれも、永く履いていただけるベーシックな木型、デザインです。スエードの靴をお探しの方は、

ぜひお試しにご来店下さいませ。

皆様のご来店をお待ちしております。

 

※定休日のお知らせです。


月曜日が定休日となっております。 11月は、28日がお休みです。
12月は、5日、12日、19日、26日の月曜日と31日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。
日に日に寒さが増して、日差しや空気が秋から冬に変わる気配を感じるようになってきました。

特に朝晩は寒いので、寒さが苦手な私は、マフラーやコートが欠かせなくなってきました。身体が

温まる食べ物も欲しくなりますね。

 

さて、REGAL TOKYO ORIGINALのLast#50木型を使った鏡面加工のシリーズに「ショート

ウィングチップ」のデザインが追加となり、入荷いたしました。

ウィングチップは、鳥の翼を思わせるW型の切り替えがトウに施された革靴の事で、お客様の中に

は「おかめ」なんて言う方もいらっしゃいますね。
1.Long&Short Wing-tipこのシリーズでは、爪先の翼(Wing)の長さがかかとまで一直線につながった「ロングウィング

チップ」デザインがあったのですが、翼の長さが土踏まずで切れている「ショートウィングチップ」

が追加となって、2つのデザインからお選び頂けるようになりました。

2.Toe Stitchこの2タイプのウィングチップのデザインを見比べてみると、違いがあります。
一つは、ウィングチップの親子穴のステッチ部分です。 写真右のロングウィングチップが二重の

ステッチ、左のショートウィングチップが一重のステッチなんです。

3.Lace Stayもう一つが、レースステイの形なのですが、違いがお判りになりますか?

写真の上がショートウィングチップの靴で、下がロングウィングチップです。ぜひ、店頭で見比べて

みてください。

4.Grace Line-upこのシリーズは、2タイプのウィングチップにプレーントウとチャッカーブーツの4デザインが揃い、

ジャケットを合わせたドレススタイルからデニムのカジュアルスタイルまで幅広くお使いいただける

と思います。
甲革は、鏡面加工を施しているので、シミや汚れなどが付きにくくメンテナンスが楽なので、

お手入れが行き届かない出張時や天候が怪しい時などにいかがでしょうか。

今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

●今回ご紹介の「アメリカンタイプの牛革(鏡面加工)シリーズ」
○甲革・色:牛革(鏡面加工)  ブラック、ワイン
○デザイン:プレーントウ、ロングウィングチップ、ショートウィングチップ、チャッカーブーツ
○製法 : グッドイヤーウエルト式製法
○底材:革底
○サイズ : 23.5~27.0cm
★価格:プレーントウ、ロングウィングチップ、ショートウィングチップ ¥43,200(税込)
      チャッカーブーツ ¥45,360(税込)

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 11月は、21日、28日がお休みです。
12月は、5日、12日、19日、26日の月曜日と31日がお休みです。


ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますよう、よろしくお願い致します。

 

 

皆様、こんにちは。REGAL TOKYO の大迫です。
木枯らしも吹きはじめ、寒がりの私は寝る時の布団が一枚増えました。冬の訪れを感じます。

 

「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」も盛況の内に幕を閉じ、普段は店頭に立つ事が

少ない工房職人もお客様とのお話しをする貴重な機会を数多く頂戴致しました。
職人共々、厚く御礼申し上げます。

 

さて、秋のパターンオーダー会が終了し、REGAL TOKYO ORIGINALの新商品も一通り店頭に

並びました。そんな中、REGAL TOKYOではカジュアルシューズの顔と言っても過言ではない

「ニコル」シリーズに待望のローファーが入荷いたしました。

1.W548早速ご紹介して参りましょう。
第一印象は「存在感があって、履きごたえのあるローファー」といった感じです。

2.Loafer CollectionREGAL TOKYOのオリジナルローファーは以前からご紹介のバーニッシュ仕上げ、シュリンク加工

の2型がございますが、新商品のローファーは非常に迫力がありスラックスの裾を短めに上げて

靴を印象付ける履きこなしをしたいと感じました。

3My FittingStyle私はプライベートでも寒色系のコーディネイトが好みなので黒をチョイスして履いてみました。

引き締まった表情に革の栽断面がアクセントとなりローファーの印象がハッキリとします。

4.2Design of Nicole茶色はオイルの入り方による複雑な表情と丸みのあるかわいらしい印象も併せ持っていますね。

また、Uチップと比較してモカの入り方も変えているので細部にわたる拘りも伺えます。

5.Nicole Line-up足元をしっかりと支える安定感のあるUチップにその存在感と併せてリラックス感も味わえる
新商品のローファーが加わり、ようやく人気シリーズの「ニコル」に新しい仲間が増えました。
ぜひ、休日の足元を彩る相棒として末永く可愛がってあげて下さい。

 

それでは今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

REGAL TOKYO ORIGINAL「ニコル ローファー」
甲革: クロムエクセル オイルレザー ホーウィン社(米)
色: ブラック、ブラウン
ソール: リッジウェイソール
サイズ: 23.5 ~ 27.0cm
製法: リバースウエルト式製法
価格: ¥41,040(税込)

 

定休日のお知らせ
毎週月曜日を定休日とさせて頂いております。
11月は14日、21日、28日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

『Shoes for Two』

November 01 2016

こんにちは、工房の佐々木です。
過ごしやすい季節になってきました。

 

2014年3月からスタートした婦人の九分仕立てですが、最近、お二人でオーダーして下さるお客様

が増えました。デザイン、革も全く同じお客様もいらっしゃいますし、同じ革でデザイン違いなど

ちょっとだけお揃いというのもあり、私も楽しみながら製作しています。

 

トップの写真は、ご夫婦でオーダー頂いた靴です。
写真左側が紳士(B906-a)、写真右側が婦人(J705)です。甲革はどちらもウエンハイム社ボックス

カーフで、外羽根プレーントウ。シンプルで合わせやすいデザインです。

ほとんど同じデザインですが、ストームウエルトやアイレットサイドの飾りミシンなどちょっとした

違いがあります。ライニングはパープルでお揃いです。

1.M and L CapToe●左側:婦人 J703  右側:紳士 B906-b

こちらも、ご夫婦でオーダーを頂いたお客様です。とてもお似合いです。
内羽根と外羽根ですが、どちらもアノネイ社のダークブラウンでパンチドキャップトウというところが

お揃いです。正直、羨ましいです。

 

(普段、オーダー靴以外の婦人靴を取扱いしていない為、女性のお客様は少し入りにくいかもしれませんが、) 現在、REGAL TOKYOの店舗では、秋の九分仕立てパターンオーダー会を開催中で、11/5(土曜日)、6(日曜日)は職人も店頭にいますのでぜひご来店下さい。

 

 

こんにちは、工房の田尻です。
今までお客様から「九分仕立てのローファーはないか?」というお問い合わせを多く頂いており、

我々もずっと試行錯誤しながら試作を進めてきました。

 

ローファーは紐靴と比べて調整が出来ないのと、履き口の長さによって、踵が脱げやすいという

フィッティング上においての違いがあります。既製靴を購入される際も同様の感想を持たれた方が

多いかと思います。
九分仕立てのローファーを製作するに当たり、我々も様々な観点からローファーを研究し、

既存の九分仕立ての製品とかけ離れたデザインにならぬようバランスを取りながら試作を重ねて

きました。

1.SquareToe Loafer九分仕立ての靴は、踵のフィッティングにおいて、マシンメイドとの差がはっきりするハンド

ラスティングですが、その効果が損なわれぬよう履き口の広さを適度な長さに設定し、紐靴と

比較しても変わらぬ踵フィッティングを心掛けました。


また、踵に入れるカウンターと呼ばれる芯材は、紐靴の九分仕立てよりも内踏まず部分を短く

して、固定する部分を少なくして荷重によるトップラインの開きに対してフレキシブルに対応

できるよう工夫しました。

紐靴特有のアジャスト機能は残念ながらありませんが、ハンドラスティングにより木型に密着

させているので押さえるべきボールウェスト部分はしっかりホールドされております。

 

デザイン面においては、モカ部分が本体側の革より上にくる“のせモカ”仕様のデザインにし、

パーツを別々にすることでコンビシューズとしても楽しめるようになっております。癖がなく、

ローファーと言われて多くの人が思い浮かべるようなデザインを心掛けました。
甲革はコードヴァンも可能ですが、ソールの厚みはダブルソールだと“返り”が悪くなってしまい

ますのでシングルソールのみとさせて頂きました。サイズはメンズの23.0~27.0cmの設定で、

REGAL TOKYOだけの展開とさせて頂きます。

 

なお、10/28(金)~11/6(日)の期間に「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」を開催

いたしますが、期間限定素材としてピポディ社のデッドストック革5色を足数限定でお選び

頂けます。ローファーと一緒にこちらもぜひご検討頂ければと思います。
オーダー会期間中の土曜日、日曜日は作り手がお客様のお相手をさせて頂きますので、皆様と

お会いできるのを楽しみにしております。

 

工房職人の九分仕立てパターンオーダー会
期間:10/28(金)~11/6(日)
価格:メンズ ¥129,600(税込)~、レディース ¥113,400(税込)~
*今回ご紹介のローファーはメンズのみとさせていただきます
お渡し予定: 2017年3月上旬~

 

 

皆様、こんにちは。「REGAL TOKYO」の大迫でございます。

 

過日行われました「REGAL Built to order system秋のパターンオーダー会」は盛況の内に無事

終了致しました。期間中は雨も多く、お足下の悪い中を多くのお客様にご来店頂きまして、誠に

有難うございました。
また、私は今回が初めてのオーダー会で、様々なお客様とのお話しで靴選びの新しい一面も発見

出来ました。重ねて御礼申し上げます。

 

秋のオーダー会はこの後も「LAST#50スペシャル」オーダー会、そして「工房職人の九分仕立て」

オーダー会と続いて参ります。オーダー会期間中ならではの素材や組合せを多数ご用意しており

ますので、是非、REGAL TOKYOへお立ち寄り下さい。

 

さて、オーダー会で店内が盛り上がりを見せる中、さりげなく秋の新製品が入荷して参りました。
実はこの新製品、話を伺った時から私自身非常に楽しみにしておりました。入荷した折には見たり

触ったりで仕事が滞ってしまいました。それでは早速ご覧下さい。

1.George ShoesCollectionデザインと色の展開は、Uチップ、ダブルモンクストラップ、チャッカブーツがブラック、ダーク

ブラウン、ダークブラウンスウェードの3色、サイドゴアブーツはブラック、ダークブラウンの2色

展開でございます。
2.George BootsCollection甲革のブラック、ダークブラウンはオーダー会でもお馴染みの素材となりました「手揉み革

(キップ)」が使われております。
様々な方向から職人が熟練の技術で揉みこみ、その過程で生まれる細かな格子柄は「四方揉み」

と呼ばれ、革に適度な厚みを残しつつ手で揉む事による柔らかさもあります。

また、クリームの入り具合で一段と雰囲気が変わります。下の写真左のダブルモンクのダーク

ブラウンはクリームが入ってブラックとの印象ががらりと変わりましたね。
3.DoubleMonkStrap4.DBR Suedeスウェードはあえてダークブラウンのみでご用意致しました。
英国製のスウェードはキメが細かく、よく「ビロード」のような毛並みと評されるほどです。また、

今回のダークブラウンスウェードは茶系色では最も深みのある「カフェ」を使用する事で上品な

風合いに仕上がりました。

 

ソールはもはやラバーソールの代名詞となりつつある「ダイナイト」ソールでございます。
新製品にはダブルソールを採用致しました。下の写真は左がREGAL TOKYO ORIGINALの

アレックスシリーズに使用されたダイナイトソールですが、ソールの厚みの違いをご覧頂けます。
厚みが加わり着用時の地面からの突き上げ感も軽減されます。
5.DoubleSoleこちらの靴、私の第一印象は出張の多い方にはぴったりではないかなと感じました。
清潔感があり、個性的な甲革と実用性の高いソールの組合せ、程良いボリューム感でカジュアル

コーディネイトにも組合せが可能、出張で荷物が多い方にはなんともありがたい一足ではないで

しょうか。


ようやく安定しつつある天候でお出かけしやすい季節になって参りました。
ぜひ、新しい REGAL TOKYOの仲間たちを見にいらして下さい。
それでは今週も皆様のご来店をお待ち申し上げております。

REGAL TOKYO 大迫


REGAL TOKYO ORIGINAL 新製品「ジョージ」
甲革:国産手揉み革(キップ)、英国製スウェード
色:ダブルモンク、Uチップ、チャッカブーツ:ブラック、ダークブラウン、ダークブラウンスウェード
  サイドゴアブーツ:ブラック・ダークブラウン
サイズ:23.5cm~27.0cm
製法:グッドイヤーウエルト式製法
修理:オールソール、ヒール交換その他
価格:ダブルモンク、Uチップ¥43,200(税込) チャッカブーツ、サイドゴアブーツ¥45,360(税込)

 

定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 10月は、3日、17日、24日、がお休みです。
なお、10月10日(月・祝)は「LAST#50スペシャルパターンオーダー会」開催期間中のため、
10月31日(月)は「工房職人の九分仕立てパターンオーダー会」開催期間中のため通常営業

いたします。


ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

工房の田沼です。

今年の2月に、㈱リーガルコーポレーションが所蔵しているアメリカのヴィンテージシューズを

展示するイベントを銀座のREGAL TOKYOで開催させて頂きました。
私も店頭で靴づくりの実演をしましたが、沢山のお客様にご来店いただき反響がございました。
ご来店いただいたお客様、ありがとうございました。

 

そこで、今回は過去にオーダーを頂いた靴の中から、クラシックなアメリカ靴によく見られた

ディテールを盛り込んだコードヴァンの靴をご紹介させて頂きます。

 

1.SoleFinishトップと上の画像は、ウィスキー色のコードヴァン素材のプレーントウダービーです。
ストームウエルト、ダブルソールというアメリカンな仕上げ。羽根の切り替えしにヴィンテージ靴に

見られるラインをのせました。


3.MonkStrap2こちらは、黒のコードヴァンのモンクストラップにブローギングを施しました。2.MonkStrap1

 

大き目のバックルを用い、スリットウエルトタイプで1周縫うことで底回りにもボリュームを

持たせました。

 

「リーガル」がアメリカから上陸して半世紀以上が経過しました。
長きに渡りリーガルの靴をご愛用頂いているお客様より、こういったオーダーを頂けることも多く、

お客様がお求めの「アメリカンな雰囲気」を出すことが出来るように心がけております。
また、先人の方々が築いてきた歴史に恥じぬ靴をと肝に銘じております。

 

普段は、工房で靴づくりに勤しんでおりますが、機会がありましたら皆様にお会いする日を

楽しみにしております。

 

 

皆様、こんにちは。REGAL TOKYOの大迫でございます。
近頃は極端な天候の変化で、私も毎日履いて出かける靴選びにさらに時間を掛けております。
最近の雨の降り方もその激しさばかりに目が行きがちで、私が子供の頃耳にしていた
「夕立」という言葉に、今となっては風情を感じ懐かしく思います。

 

今回は、間もなく訪れる秋を目の前に、同じ表情を持つ革を使った2種類の靴をご紹介したいと

思います。秋の足音が近づいてくるこれからの靴選びのご参考になりましたら幸いでございます。

 

1.LeatherSneaker

まずは5月のブログにて2016年春夏新商品としてご紹介致しました「レザースニーカー」で

ございます。季節を意識したモデルとは異なり、進み行く今からの季節に活用して頂ける一足では

ないでしょうか。

 

つま先に焦がし仕上げを施し、着用、お手入れが進む程にお客様ご自身の個性ある一足に

変化していく国産レザーは、ビブラム社製のラバーソールを使いREGAL得意のグッドイヤー

ウエルト式製法で仕上げる事で柔らかい履き心地と安定感が融合した一足となりました。
行楽・レジャーの秋にふさわしいモデルとしてぜひお勧め致します。

2.LeatherSneaker Sole

●REGAL TOKYO ORIGIINAL「レザースニーカー」
・甲革:バーニッシュドレザー(国産)
・色 :ネイビー/ダークブラウン/ブラウン
・サイズ:23.5㎝~27㎝
・製法:グッドイヤーウエルト式製法
・修理:オールソール
・価格:¥37,800(税込)

 

3.Loafer続いてのモデルは、白革使い等の春夏品としても取り上げた「ローファー」でございます。
レザースニーカーと同様の焦がし仕上げを施したバーニッシュドレザーを使用していながら、

デザインが異なる事で全く印象の違う靴に仕上がりました。

レザースニーカーと同色のネイビー、ダークブラウン、ブラウンの他、よりドレッシーなブラック、

ワインの5色展開と幅広いシーンに対応できます。
グッドイヤーウエルト式製法の重厚感とレザーソールにREGAL TOKYO耐久ヒールの仕様で

機能性にも拘りました。


映画や芸術鑑賞のお出かけやレストランでのお食事にと芸術の秋、食欲の秋を楽しみにして

いらっしゃる方の足元を飾る一足ではないでしょうか。

4.Colours of Loafer

●REGAL TOKYO ORIGINAL「ローファー」
・甲革:バーニッシュドレザー(国産)
・色:ネイビー/ダークブラウン/ブラウン/ブラック/ワイン
・製法:グッドイヤーウエルト式製法
・修理:化粧・ヒール・オールソール
・価格:¥43,200(税込)

 

この頃、日中の暑さもピークをこえて一歩ずつ秋の気配も感じつつあります。
先週のブログでご紹介いたしました「ニコル」シリーズもあわせて、REGAL TOKYOがご提案する

秋に向けての一足をぜひ探しにいらして下さい。

 

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。

 

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
9月は、5日、12日、26日がお休みです。
なお、19日(月)は「REGAL Built to order system」パターンオーダー会期間中の為

通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

こんにちは、REGAL TOKYOの門脇です。
さて、本日は、REGAL TOKYO ORIGINALの「ニコル」についてお話ししたいと思います。

 

「ニコル」は、この靴を目当てに遠方よりご来店になる方も多く、お陰様でREGAL TOKYO

ORIGINALの中でも人気のロングセラーモデルとなりました。そして、ご要望もありましたので、

昨年末に、ベージュとネイビーのカラー追加をいたしました。
カラーを追加して4色展開となったところで、どのカラーにするかお悩みになるお客様が増えて

きましたので、写真を交えて、ご紹介したいと思います。

 

今回、チノパンにアーガイルのソックスの装いに4色を履き替えて、比べてみました。
1.W558 BEIGまず、ベージュ色でございます。永く履いていくと4色の中で一番革の経時変化をする色となり、

クリームの種類や色によっても変わりやすい色だと思います。
今回合わせたチノパンと同色のコーディネートとなり、真夏に履いても足元に重さを感じにくく、

軽く明るい趣きになると思います。
2.W558 BR次にブラウン色でございます。ベージュ色と同様に革の経時変化をしますし、濃いクリームを

塗ってアンティーク風なオリジナリティな1足に仕上げても良いと思います。
チノパンやジーンズなどカジュアルスタイルに似合うカラーだと思います。
3.W558 B次にブラック色でございます。ブラック色は、革の経時変化はほとんどないですが、汚れや傷が

目立たないので、一番気を使わなくて良いカラ―です。
ドレスシューズでも見慣れているせいか、コーディネートもしやすく、ジャケットスタイルから

カジュアルスタイルまで合わせやすいと思います。ブラックは、長期出張の足元に使える1足だと、

お勧めしています。
4.W558 NAVY最後にネイビー色です。このカラーは、角度によっては、グリーン?と見える程に、グリーンの

色味がかった独特のカラーです。
ブラック同様にジャケットスタイルにもカジュアルスタイルにも合わせられるカラーだと思います。

ブラック色よりも足元が明るい印象のネイビーは、この独特の色味が気に入った方、ブラック色は

ちょっと飽きた方におすすめです。

 

いかがでしょうか。 今回、改めて履いてみても、どのカラーもそれぞれに、コーディネートの

合わせ方やお手入れの楽しみ方が違うと感じました。その中で、私もカラ―選択に悩みましたが、

今はネイビーがいいなぁと思っています。 ぜひ、皆様もお試しになって履き比べて下さい。

 

それでは、今週も皆様のご来店をお待ちしております。


●REGAL TOKYO ORIGINAL「ニコル」 
甲革 : クロムエクセル オイルレザー ホーウィン社(米)
色  : ブラック、ブラウン、ベージュ、ネイビー
底材 : リッジウェイソール
製法 : リバースウエルト式製法
サイズ : 23.5~27.0cm
価格 : ¥37,800(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 8月は、29日 がお休みです。
9月は、5日、12日、26日がお休みとなります。
(9月19日(祝・月)は、限定受注会期間中につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

 

 

  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss