「凝る」とは・・・
単語を調べてみると、「細かい点まで意匠をこらす。気をくばる」とあります。
色々と「凝る」部分がありますが、靴で言えば、甲革やデザイン、色、フィッティング・・・。
靴には「凝る」部分が沢山あります。 靴に「はまってしまう!」と聞く事がありますが、
「凝る」だったり「こだわる」所が多いからかもしれません。
実は、作り手側にも凝る部分が沢山あるのです。
本日は、靴をデザインする時の「凝る」・・「こだわる」部分についてお話ししたいと思います。

始めに「ベロ留め」についてです。
オープニングの写真は、靴のベロ(タンとも言う)部分の写真です。

1.Tongue Cut intoLining.JPG
内羽根デザインにおいて、ベロは甲部分にあって、紐が足に当るのを防ぐ役割を持っています。
ちょうど、足の甲に対して、外敵から足甲を守る楯のような役割と言ったら良いでしょうか。これはそのままですと、靴の中に落下して、履くときに難儀をすることになってしまうので、落ちないように一工夫をしています。

一般的にはベロを甲革と直接縫い付ける方法が多いのですが、外にミシン糸が見えることになります。これに対し、Built to Order SystemやREGAL TOKYO ORIGINALの一部商品では、そのベロを内側に切り込みを入れ、差し込んで裏革に止める方式を採用しています。これは、手間がかかる作業ですが、外にミシンが見えない分、よりエレガントに仕上がるわけです。

2HeelTopPiece.JPG
次に「化粧」についてです。 
靴で「化粧」と言えば・・・ヒールの一部分で地面に接地するところにある部品を言います。
この部品は、多くの靴では革一枚分の厚さで5~7mmほどです(構造によってヒールと一体に
なったものも有ります)。

お気に入りの靴は、着用機会が多いのですが、当然靴は傷んできます。一般的には、最初に前記の「化粧」部分が磨り減ってくることがほとんどです。減ってきたときに、化粧交換修理をすることによって、靴の寿命が延びていきます。さらに履きこんで、2度目の化粧交換の頃、今度は本底も、寿命を迎えることが多いのです。そこで今度は、「オールソール」(底、ヒール(積み上げ・化粧))の修理をいたします。

3.HighDurabilityHeelTopPiece.JPG
そんな中、REGAL TOKYOの商品には、耐摩耗性を強くした素材を化粧に組み込んだものを
いくつか用意しています。弊社研究室での検査では、通常のものに比べ、倍以上の磨耗性を持つと判定されています。この素材を使用して「REGAL TOKYO ORIGINAL商品」の幾つかが作られており、「Built to Order System」でのこの素材の選択が可能になっております。(REGAL TOKYOだけの取り扱いになります)。
ネーミングは泥臭いのですが「RTオリジナル耐久化粧」となっております。
これはオールソール修理をするまでに、1回は化粧交換をしていたのが、標準的には「要らなく
なる」と言う訳で(ちょっとお得かな)、お客様にはガンガン履いて欲しいと願っております。

靴をデザイン、開発する時に色々な「凝る」部分を考えます。 特にその靴の特徴付ける部分には、一番時間と手間をかけて「凝る」・・拘ります。 

ぜひ、今回ご紹介した「凝る」部分を店頭でご覧になって見てください。

それではまた、靴にまつわるお話しをしたいと思います。

※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
12月は、7日、14日、21日、28日がお休みです。(*年末年始については、後日お知らせ
いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

今週になって、急に寒さが深まり「冬が来た!」と感じるようになりました。
体調を崩さないように、あわてて出かける装いも「冬支度に」とコートやマフラーを用意しました。 朝晩は特に寒いので、自宅の暖房も「そろそろ準備しないと」と思っています。

さて、寒さが増すにつれ、ブーツの出番が増えてきます。 先週まで新作のブーツをご紹介いたし
ましたが、REGAL TOKYO ORIGINALの商品には、まだまだブーツ系が揃っております。
今週は、REGAL TOKYO ORIGINAL 「ブーツ」をご紹介いたします。

まずご紹介するのは、当店のブーツデザインで人気のスエード革(伊)のチャッカーブーツです。
ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ベージュ、ネイビーと5色が揃っていますので、お好みや
装いに合わせてお選びいただけます。
スエード革は、事前にスエードスプレーやウォータープルーフスプレーを施すと蓮の葉のように
雨を弾いてくれます。  私が愛用しているチャッカーブーツも、最近雨の日が多いので、寒さと雨をしのいでくれます。 
1.W585.JPG
○甲革:スエード(伊)   価格:¥39,960(税込)

次に、REGAL TOKYO ORIGINALの中で一番シャープなつま先デザインと足当たりが柔らかいイタリアンカーフの甲革が特徴の「カール」シリーズのチャッカーブーツです。
この靴の甲革は、クリームが浸透しやすい甲革で、お手入れを施すとくすんでいた甲革にクリームがいきわたり、色味に深みが増しきれいに艶が出るんです。 クリームの塗り具合や鏡面仕上げなど自分の好みに仕上げる楽しみがありますので、お手入れ好きの方にはおススメです。
2.W545.JPG
○甲革:イタリアンカーフ   価格:¥ 38,880(税込)

3番目は、REGAL TOKYO 限定受注会やORIGINAL商品でも好評のLast#50木型を使った
コードヴァンモデルとスコッチグレインカーフ素材のモデルです。
この「ラスト№50」の木型は、ウエストが絞られており、中底の形状とあいまって、土踏まずの
フィット感も程よく良好です。それでいて厚く丸みの強いトゥのおかげで、指先に余裕があります。 
3.W577.JPG
○甲革:コードヴァン(国産)  価格:¥76,680(税込)
コードヴァン好きの方、靴好きの方には、とても希少性のある素材だとご存じだと思いますが、ここだけの話、このコードヴァンモデルは、在庫限りということもあって、グッドプライスだと思います。
4.W988.JPG
○甲革:スコッチグレイン(仏)  価格:¥ 58,320(税込)

4番目は、レースアップブーツです。 甲革にアンティーク仕上げを施したイタリアンカーフのドレス仕様と手もみ革(国産)とスエード(英)のコンビネーション仕様の2タイプです。 
このイタリアンカーフは「カール」シリーズと同素材の甲革で、特に茶色は、クリームやワックスで
仕上げると革のムラ感が際立ち、独特の風合いになります。
コンビネーション仕様は、他ではあまり見られないデザイナー拘りのカントリーテイストのモデル
です。
5.W586.JPG
○甲革:イタリアンカーフ  価格:¥49,680(税込) *写真右
○甲革:手もみ革(国産)×スエード(英) 価格:¥45,360(税込) *写真左

最後にジョッパーブーツとサイドゴアブーツです。 
ややゆったりの木型で、どちらのデザインもムラ感のあるバーガンディ色が特徴です。
6.W982,983.JPG
○甲革:キップ  価格 : ¥37,800(税込)

いかがでしょうか。 
ブーツをお探しの方は、ぜひご来店いただき、お手に取ってお試しください。
皆様のご来店をお待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
11月は、30日がお休みです。
12月は、7日、14日、21日、28日がお休みです。(*年末年始の予定については、後日お知らせいたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

10月は、晴天の秋の空が多かったのですが、今月に入って変わりやすい天気で傘が手放せない様になってきました。
寒暖の差もあり、体調を崩されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1.Persimmon.JPG
 先日、お天気の良い日に散歩に出かけたところ、赤々と実がなっている柿の木があったので、
いくつか収穫してきました。 温暖化だとか異常気象だとか聞きますが、この時期になると、ちゃんとここの柿は、実がなるんだよなぁと思いながら、良さそうな柿をもぎ取ってきました。

2.W192EJ.JPG
さて、今週も先週に続き、REGAL TOKYO ORIGINAL 新商品が入荷いたしましたので、ご紹介
いたします。  以前より、お客様から、ご要望のあった「サイドゴアブーツ」が入荷いたしました。
ブーツにも色々な種類がありますが、「サイドゴアブーツ」はサイドに伸縮性のあるゴムがついているブーツで、着脱が容易なことが特徴です。1960年代にイギリスで流行したファッションの中心地のひとつであるロンドンのチェルシー地区から、チェルシーブーツとも呼ばれています。

3.W192EJ.JPG
つま先がスクエアトゥのデザイン、アッパーは透明感がある艶のフレンチカーフ素材、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、先週ご紹介いたしました「チャッカーブーツ」と同じ木型で同じ甲革素材です。 カラーは、ブラック、ブラウン、ワイン、ネイビーの4色ございます。

4.W192 SOLESpeck.JPG
底材は、革底に耐久性を考慮したREGAL TOKYO耐久化粧の組合せで、ブラック色のみカラス仕上げとなっています。

足元が寒くなる冬には、足首をカバーしてくれるブーツは、とても助かります。サイドゴアブーツは、ブーツの中でも脱ぎ履きが極めてしやすいので、脱ぎ履きの多い場面では重宝します。 
また、シンプルなデザインなので、コーディネートの面でもカジュアルからドレススタイルまで合わせる服を選ばないので、使いまわしの良い靴だと思います。

秋冬になるとブーツを探してご来店になるお客様が多くなります。
ぜひ、店頭でご覧になり、お試し下さい。
皆様のご来店をお待ちしております。


●今回ご紹介のREGAL TOKYO ORIGINAL 「サイドゴアブーツ」
甲革 : フレンチカーフ
色  : ブラック、ブラウン、ワイン、ネイビー
底材 : 革底 + REGAL TOKYO耐久化粧
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト式製法
価格 : ¥54,000(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
11月は、30日がお休みです。23日(月・祝)は、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

「REGAL TOKYO」では、3種類のパターンオーダー限定受注会を春・秋の年に2回開催して
おります。
11月8日(日)までは、秋の「工房職人の九分仕立て限定受注会」を開催しておりました。 
受注会を楽しみにご来店くださったお客様、職人に会いに来てくださったお客様、遠方よりご来店
くださったお客様、たくさんのお客様にお会いすることが出来ました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。 ありがとうございました。

次回の春のパターンオーダー限定受注会は、より一層お客様に楽しんでいただけるよう、担当者
と相談を重ねながら進めていきたいと考えております。 内容が決まりましたら、なるべく早くこの
ブログでお知らせいたします。 どうぞ、楽しみにお待ち下さい。

さて、今週は、ご案内が遅れておりましたREGAL TOKYO ORIGINAL 新商品のご紹介です。
オープニングの写真のREGAL TOKYO ORIGINAL「チャッカーブーツ」が入荷いたしました。 

1.W191ChukkaBoots.JPG
つま先がスクエアトウのデザインがアクセントになっているチャッカーブーツは、甲革に透明感がある艶のフレンチカーフ素材を採用しました。 色は、ブラックとワインの2色。
2.B W191EJ.JPG
3.WINE W191EJ.JPG
底の仕様は、革底に耐久性を考慮したREGAL TOKYOオリジナル耐久化粧との組合せで、
ブラック色がカラス仕上げとなっています。
4.FrenchCalfBoots,BELT.JPG
ブーツの甲革と同じ素材のベルトもご用意しておりますので、ご一緒に揃えていただくと革素材の統一感があり、コーディネートが決まると思います。

ブーツの中でもチャッカ-ブーツは、ドレススタイルからデニムなどカジュアルスタイルまで合わせやすいデザインだと思います。  特に足元が寒くなる秋から冬にかけて、デニムやチノ、ウール、コーデュロイ、ツイードと色々な素材のパンツに合わせてみてはいかがでしょうか。 

寒さが増すにつれて、ブーツをお探しのお客様が増えております。
ぜひ、店頭でご覧になって、お試し下さい。
皆様のご来店をお待ちしております。

●今回ご紹介のREGAL TOKYO ORIGINAL 「チャッカーブーツ」
甲革 : フレンチカーフ
色  : ブラック、ワイン
底仕様 : 革底 + REGAL TOKYOオリジナル耐久化粧
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト式製法
価格 : ¥54,000(税込)

●REGAL TOKYO ORIGINAL 「ベルト」
素材 : フレンチカーフ
価格 : ¥14,040(税込)


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
11月は、16、30日がお休みです。23日(月・祝)は、通常営業いたします。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

先日、日差しの良い秋晴れの日に出かけたところ、夕方肌寒くなり上着が欲しくなりました。
寒いのが嫌いな私なのですが、思いのほか寒暖の差が大きくて、寒い思いをしました。今の時期、体調管理には、気を付けたいですね。 

1.Black Collection.JPG
さて、入荷が少々遅れておりましたが、REGAL TOKYO ORIGINAL 新商品が入荷しました。
 「Last#50」木型を使ったREGAL TOKYO ORIGINALは、いくつかあるのですが、今回新たなモデルが加わりました。 

2.Wine Collection.JPG
デザインは、プレーントゥ、ロングウイングチップ、チャッカーブーツの3タイプで、ガラス仕上げの甲革は、ブラックとワインの2色をご用意いたしました。  
3.Sole Stain.JPG
ダブルソールの底材は、履き心地に配慮した屈曲性の良い革底の仕様で、ブラック色がカラス
仕上げとなっています。

4.RoundTOE.JPG
そして、細革が飾りステッチ仕様となっていて、この靴のアクセントとなっています。 細部に
わたって、1つ1つのパーツにデザイナーの拘りや履き心地に配慮した仕様になっています。
試しに履いてみると、ガラス仕上げ特有の目立つシワが出来にくく、甲革の足あたりもそれほど
馴染みにくさを感じませんでした。
ガラス仕上げの甲革は、カーフ素材と比べて足当りや革の経時変化も少ないですが、シミや汚れなどが付きにくくメンテナンスが楽なので、お手入れが行き届かない出張時や天候が気になる時にいかがでしょうか。  

底材もダブルソールとは思えないほど返りが良く、シングルソールの革底とあまり変わらないん
じゃないかなと思う程の履き心地でした。 

つま先にボリュームのあるアメリカンスタイルの靴をお探しの方、「Last#50」木型をご愛用の
お客様には、お勧めできる1足に仕上がりました。 ぜひ一度お試しになってください。

●今回ご紹介のREGAL TOKYO ORIGINAL 
甲革 : ガラス仕上げレザー
色  : ブラック(国産)/ワイン(伊)
デザイン : プレーントゥ、ロングウイングチップ、チャッカーブーツ
サイズ : 23.5~27.0cm
製法 : グッドイヤーウエルト式製法
価格 : プレーントゥ/ロングウイングチップ ¥43,200(税込)
      チャッカーブーツ               ¥45,360(税込)


5.L50POFair Sample.JPG
そして、只今REGAL TOKYOでは、秋のパターンオーダー受注会の第2弾、「Last#50 Special
限定受注会」を18日(日)まで開催中です。 
連休中は、受注会の開催をお待ちいただいたお客様、Last#50シリーズをご愛用のお客様、
遠方よりご来店くださったお客様など等たくさんのお客様がご来店くださいました。 
この場をお借りして、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

足数限定の甲革素材の中で、ホーウィン社(米)のコードヴァンやスエード素材が、残りわずかと
なりました。 ご検討中の方は、お早目にご来店下さいませ。 よろしくお願い致します。

今週も皆様のご来店を楽しみに、お待ちしております。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
10月は、19日、26日がお休みです。
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


こんにちは、工房の田沼です。
リーガルトーキョービスポーク工房にも、オーダー会の秋がやってまいりました。

まず初めは、10月9日(金)~10月18日(日)まで「REGAL仙台」にて「工房職人の九分仕立て」のパターンオーダー会を開催させて頂きます。

昨年も多くの方にご来店いただきましたので、おかげさまで3回目を開催させていただく運びと
なりました。誠にありがとうございます。

今回のオーダー会では、コバの色をお選びいただけるようになりました。
トップの画像のように、コバ色を「生地仕上げ」にしていただくとよりカジュアル感が増し、ビジネス
カジュアルからカジュアルのスタイルへと合わせていただける範囲も広がります。

さらに、新たに国産の革を数種類ご用意させて頂きました。
丁寧に鞣され、染色、仕上げされたメイドインジャパンの革をご堪能いただければ、と思います。

また、昨年に引き続き「工房職人の九分仕立て」の婦人靴もご用意させて頂きますので、その
フィット感の良さをお試しにぜひご来店くださいませ。
期間中には、革見本やサンプルをご用意いたしますので、お手にとってご覧いただけます。
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。


RSendaiKubu.JPG
そして、10/10(土)~10/11(日)の2日間は、私が店頭にて靴作りの実演、「九分仕立て」などの
ご案内などをさせて頂きます。こちらもぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。
昨年お作りいただきましたお客様やお話をさせていただきましたお客様、我々が作らせて
頂きました靴の具合などお聞かせいただければ幸いです。

店舗スタッフ、職人共々皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。


こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

夏のセミの声が夜の鈴虫の声に変わって、朝晩は随分と涼しくなりました。 
涼しくなると秋の装いも気になるようになり、ショップのウインドウをよく見るようになりました。 
皆様は、いかがでしょうか?

さて、REGAL TOKYOでは、秋のイベント第1弾、恒例となりました「Built to Order System
限定受注会」が本日18日(金)~27(日)まで開催となります。

1.SaddleShoes.JPG
●サドルシューズ(甲革:ボックスカーフ×スエード  ¥60,480)

2.GOLFSHOES.JPG
●ゴルフシューズ(甲革:型押し革・撥水  ¥60,480)

限定受注会では、通常選択出来る17種類のデザインに加えて、サドルシューズとゴルフシューズの受注会限定デザインをお選びいただけます。  (*ゴルフシューズの木型調整やウィズ変更は
できません)

3.Punched Captoe.JPG
●ストレートチップ:キャップ 穴飾り追加(オプション¥2,160)

4.QuarterBrogue.JPG
●セミブローグ:メダリオン無し仕様

そして、甲革コンビネーションや一部デザイン変更、メダリオン変更など限定受注会ならではの
仕様変更が可能です。
(*コンビネーションなど、甲革やデザインによっては、ご希望に添えかねるものがございます)


先週は、今回の受注会で初めてご用意した国産の甲革素材をご紹介いたしました。
その他にも、限定受注会ならではの厳選した甲革素材をご用意しております。 

5.Limited LeatherSamples.JPG
●クロムエクセル(上段)、手もみ革(下段左)、スコッチグレインカーフ(下段右)

6.Limited SuedeSamples.JPG
●スエード:グレー、ダークグリーン、ベージュ、バーガンディ、ダークレッド、ベージュ、
ダークブラウン、ブラウン
スエードのダークグリーン、グレー、バーガンディ、ダークレッド、ベージュについては、
足数限定となります。

ご紹介してきましたように、限定受注会では、通常ではご用意していない甲革素材、デザイン、
コンビネーションやつま先デザイン変更などを選んでオリジナルの1足をご注文いただけます。 

REGAL TOKYOの限定受注会は、春と秋の年2回のみ開催しております。 
今月は、シルバーウィークで5連休の方も多いのではないかと思いますが、お休みの方、
お仕事の方、東京へお出かけの方は、ぜひ銀座へお立ち寄りになって、当店へ遊びにいらして
ください。

皆様のお越しをお待ちしております。

●「Built to Order System 限定受注会」 仕様
・甲革素材(受注会限定):
真黒(国産)、グレージング革(国産)、手もみ革(国産)、タンドカーフ(仏):ダークブラウン、
スエード(伊)、アニリンカーフ(仏):ネイビー、クロムエクセル(米)、スコッチグレインカーフ(独)  他
・底材: レザーソール、ダイナイトソール、ラバーコンポジットソール、ノン-スリップソール
・製法: グッドイヤーウエルト製法
・ライニング色: ブラック、ベージュ、ダークブラウン、ボルド-、レッド、パープル、オレンジ(受注会限定色)
・サイズ:23.0 ~ 28.0cm 、ウィズが3種類からお選びいただけます。
・価格   \47,520(税込)~ / ゴルフシューズ ¥60,480(税込)~
・お渡し予定 2015年12月下旬~
  (*受注状況により延びる事がございます。予めご了承下さい)

*限定素材の中に、足数限定の素材がございます。革がなくなり次第、受付終了とさせて
いただきます。
*コンビネーションなど、甲革やデザインによっては、ご希望に添えかねるものがございます。
*ゴルフシューズの木型調整やウィズ変更はできません。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 9月は、28日がお休みです。
(9月21日(祝・月)は、Built to Order System限定受注会期間中につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


最近は、日本の文化、食やお酒、漫画やアニメなどなど・・・日本製の商品が海外に進出していると聞きます。
2020年のオリンピック開催が決まってからでしょうか。海外から観光で日本に来られる方がとても増えました。 日本の食や商品、文化が注目を集めてきています。

REGALの商品も日本製に拘り続けて、日本の物作りに拘ってきました。
さて本日は、靴の大きな構成要素となる「革」、中でも特に「国産の革」についてお話したいと思います。

昨今、良質の吟付き革を、未だに国内で生産していて、地道に良い仕事を続けているタンナーは、国内各地にまだまだ存在します。  REGALブランドでも、その中でピックアップして、少量ではありますが、靴で皆さんに紹介させていただいているものもあります。
特に国産の吟付き素材、特にキップは、インポートレザーと同等か、それ以上のものと自負しています。知名度が低いだけで良いモノは色々あるという事です。

REGALでは、ウェルト製法の靴作りがメインとなっていますので、素材の良し悪しだけでなく、永く履いて頂ける様、革の厚みなども重視しています。
一例を挙げると、REGALのトップグレードに位置づけられる靴に使っている革タンナー製造の国産の革は、オランダ原産の良質の厚みの揃った上級のキップ素材のみを使用し、オランダから日本へ原皮を輸送する際にも、品質が変化しない様に、保冷コンテナを使用するなど、細心の注意を払っています。
1.Japan Made Leather.jpg
また黒革についてもこだわりがあり、通常では、1回で染色が終了しますが、昔ながらの深みのある黒を再現するために、ドラムでの水染めはもちろん、複数の染料を使用し、革の状態を見ながら、職人が何層にも分けて染色、深みのある黒を実現しています。

グレージング仕上げ(※グレージング仕上げとは、革の表面を高い圧力で摩擦する事で、自然な磨き艶や濃淡を出す方法です)においても、革の良し悪しがはっきり出るため、その良さを生かすため、専門の職人が、手間暇を惜しまず染料のみで仕上げています。
またこの仕上げは、靴にした後も、手入れにより、独特の磨きヅヤやナチュラル感が出るなど、風合いの良いエイジング加減が特徴です。

そういったこだわりを持って作り上げた国産素材を、今秋、是非、皆さんにご紹介させていただきたいと考えています。

それでは、また「靴にまつわる、ちょっといいお話」をしたいと思います。
お楽しみに!


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。
9月は、7日、14日、28日がお休みです。
(9月21日は、Built to Order System限定受注会期間中につき、通常営業いたします。)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。

こんにちは、「REGAL TOKYO」の門脇です。

このところ朝、晩の気温も落ち着いてきましたが、ムシムシと蒸し暑い日々が続いております。
そして、時折、突然の雨に見舞われて雨宿りなんて事があり、折りたたみの傘が手放せないですね。 先日、予期せぬ雨に降られて、その日は傘を持っていなかったので、駅で雨宿りをするはめになってしまいました。履き下ろしたばかりの靴だったので、濡れるのが惜しかったんです。

さて、REGAL TOKYOでは、恒例となりました3種類の「パターンオーダーシューズ限定受注会」を9月中旬から11月上旬にかけて開催いたします。 それぞれに異なる企画・内容で、お客様の嗜好にあった受注会ならではの靴がお選び、お楽しみ頂けます。
本日は、『'15年秋の限定受注会』の日程が決まりましたので、お知らせいたします。

1.BOS SaddleShoes.JPG
●第一弾  『Built to Order System限定受注会』
・日程: 9月18日(金) ~ 9月27日(日)  10日間
・価格:47,520円(税込)~  (ゴルフシューズは、60,480円(税込)~)
・お渡し予定:12月下旬~
(写真  甲革:手もみ(DBR) × アニリンカーフ(DBR) ¥60,480(税込)
   トップ画像は甲革:アニリンカーフ(NAVY)×スエード(NAVY) ¥64,800(税込))

2.L50 UTip.JPG
●第二弾  『Last#50 Special限定受注会』
・日程:10月9日(金) ~ 10月18(日)  10日間
・価格:47,520円(税込)~
・お渡し予定:2016年1月下旬~
(写真  クロムエクセル(BEIG) × バイソン(BEIG) ¥58,320(税込))

3.Kubu Mens.JPG
(写真 メンズ カーフ・仏(WINE) ¥120,960(税込)) 
4.Kubu Ladies.JPG
(写真 レディース カーフ・伊(LTBR) ¥98,280(税込))
●第三弾 『工房職人による九分仕立て限定受注会』 
・日程:10月30日(金) ~ 11月8日(日)  10日間
・価格:メンズ 113,400円(税込)~  /  レディース 97,200円(税込)~
・ お渡し予定:2016年2月下旬~

革靴好き、革好きの方の中には、上質の甲革が減っているあるいは高騰している事は、お気づきの方も多いと思います。 私も革素材ごとの質感や革の味となる経年変化が好きで、永く使っていくと愛着がわいてきます。 オーダーで作った靴は、自分の嗜好が加わりこの上ない想いがあります。 そして、ご来店のお客様とお話していると、革について会話が弾む事がよくあるんです。

今回の受注会では、お客様に楽しんでいただけるように新しい甲革素材を、いくつかご用意いたしました。どんな甲革素材なのかは、追ってご紹介いたします。  気になる方は、お電話や店舗にお立ち寄りの際に、お気軽にスタッフへご質問ください。


5.Kubu Cordovan Derby.JPG
次に、「REGAL TOKYO」で常時承っている「Built to Order System」と「工房職人の九分仕立て」の2つのパターンオーダーについてのお知らせです。
(写真はコードヴァン素材使いの「九分仕立て」です)

先日このブログでもご案内いたしましたが、9月1日よりコードヴァン革のパターンオーダーが価格改定となります(詳細は、2015年6月2日のブログをご参照下さい)。 
革好き、コードヴァン好きの方、そして私としても、とても残念なお話ですが、市場でも、社内でも今後、ますますコードヴァン革は、希少素材となり、入手が難しくなりそうです。 コードヴァン革の靴をオーダーしようかと迷われている方は、ぜひこの機会にご検討ください。


※定休日のお知らせです。
月曜日が定休日となっております。 8月は、24日、31日がお休みです。
9月は、7日、14日、28日がお休みとなります。
(9月21日は、限定受注会期間中につき、通常営業いたします)
ご来店、ご連絡の際にはご注意頂きますようよろしくお願い致します。


  • REGAL SHOES
  • REGAL CORPORATION

backnumber

rss